占い

【アラサー女子に聞いてみた】昔の占い結果と、ワタシの現在

占いって、実際どうなの? 行ってみたいけど、ちょっと怖いしな……ほんとに当たるのかな……そんなアラサー女子の悩みにお応えするため、占いに行ったことのある女性5名にインタビューをしてみました!

「大切な出会いに、気づかせてもらえました」(29歳/フロントスタッフ)

22歳の夏、当時勤めていた会社の同期と、興味本位で手相占いに行ったんです。そこでは、「今年、あなたは自分の人生に大きな影響を与える人に出会うわ。そして、27歳で、ふたりの関係に変化が起こる」と言われました。

 

私は正直、今までまともに男性と付き合ったことがなかったのであまりピンとこなかったのですが、9月に入り、会社にある男性が中途入社で入ってきたとき。なぜか、すぐに占いのことを思い出しました。そして彼とはある日の飲み会で意気投合し、結局、付き合うことに。

 

それから3年後、「27歳で、ふたりの関係に変化が起こる」という言葉の意味がずっと気になっていた私は、同期を「あの占いもう一回行こう」と誘いました。そこで言われたのが、「27歳で結婚するわ」という言葉。翌年彼にプロポーズされ、本当に、27歳で結婚しました。占いに行ったことで意識しちゃったのかもしれませんが、こんなに当たるなんて、びっくりしましたよ。22歳のときにあの言葉を言われていなかったら、彼との出会いも見過ごしていたかもしれませんね。

「あの言葉が、私の背中を押した」(30歳/営業)

 

社会人4年目の冬。年末に実家で姉とテレビを見ていたときに占いの番組がやっていて、「試しに行ってみようか」と、年明けすぐにふたりで占いに行くことになったのです。そこで言われたのが、「あなた年末には今の仕事辞めてるよ」「来年にかけて運気が上がる」という言葉。会社を辞めるつもりなんてまったくなかったので、内心「ハズレだなぁ」と思ってその日は帰りました。

 

その後もそんなことすっかり忘れて普通に過ごしていたのですが、秋頃、知人に「うちの会社に来ない?」と突然誘われました。正直、今の仕事に不満があるわけではなかったし、変化は苦手なタイプなのですぐに断るつもりでいたのですが、ふと占いのことを思い出したのです。今までずっと安定志向だったけど、たまにはチャレンジしてみるのもありかもしれない。そう思い、転職を決めました。次の会社で今の夫にも出会ったので、あのとき占いに行って本当に良かったなって思いましたよ。

「占いに行ったら、彼が焦ったようです」(32歳/歯科助手)

29歳のときの話。当時付き合って4年になる彼がいたのですが、今まで一度も“結婚”の話をしたことがありませんでした。そんな時、大学時代の友達に誘われて、四柱推命の占いに行ったのです。そこで言われたのが、「あなたには、近いうちに素敵な出会いがあるわ。その人との関係によっては、この先の人生が大きく変わるかもしれない」という言葉。

 

私はあまり占いを信じるほうじゃないので、「ほうほう」と、特に動揺することもなく聞いていました。数日後、彼に会った時に会話の流れで占いに行った話をしました。彼はとくに「へぇ~」としか言っていなかったのですが、1ヶ月後。急に「そろそろ結婚しようか」と、彼からまさかのプロポーズ。後から聞くと、「お前が新しい出会いが~とか言うから、なんか不安になっちゃって(笑)ちゃんとつかまえておかなきゃって思ったんだよ」とか。占いは当たらなかったけど、彼が結婚を考えてくれるきっかけになったみたいで良かったです。

《番外編》思わず笑っちゃったひと言

「あんた、30後半で出戻ってくるらしいよ(母)」(25歳/コピーライター)

私の母は占いが大好き。そんな母が、ある日デパートで買い物のついでに、たまたまやっていた占いに立ち寄ったときのこと。「生年月日だけでも占えますよ」と言われ、自分を占ってもらうことに少し飽きていた母は、「じゃあ、娘のことも占ってもらおうかしら」と、私と姉の恋愛運を占ってもらったそうです。

 

そこで占い師が放った衝撃のひと言が、これでした。「下の娘さんは、40手前くらいで離婚するかもしれない」。下の娘とは、私のこと。まだ結婚さえしていないのに離婚を予言され、さらにそれを実の母がニヤニヤしながら伝えてきたのです。なにこれ、私傷ついただけ。お母さん、人の人生勝手に占うのはヤメテ……。

「あなた、頑固ね」(24歳/事務)

友達数人と手相占いに行ったときのこと。みんな良いことも悪いことも言われ、「あ~確かに」「えー怖い!」なんてお互いに茶々を入れながら一人ずつ占ってもらい、いよいよ私の番に。占い師さんの第一声は、「あなた、頑固でしょ」でした。頑固であることは自分でも分かっていたので「当たってる!」と思い、「どうして分かったんですか?」と聞くと、「手の平がカタイから」とひと言。いや、それってもはや手相の問題か……?私がもし学生時代にソフトボールをしていなかったら、こんなに頑固じゃなかったってことか……?

「ねぇ、もうちょっと早く言ってほしかった」(26歳/アパレル販売員)

つい最近、友達と2人でタロット占いに行ったのです。お互い結婚はしておらず、私は彼氏なし。友達には、2年付き合っている彼氏がいます。まず友達が占ってもらったら、「あなたには28歳で結婚のチャンスがあるわ」と。「今の彼氏と結婚するなら、ちょうど良い年齢だ」と友達は喜んでいました。

 

次は、私の番。そこで言われたのがこのひと言でした。「あなたの結婚のチャンスは、18歳と23歳と……27歳。それを逃したら、かなり晩婚よ」。もう一度言いますが、私には彼氏もいなければ、出会いもありません。そしてあと2ヶ月後には、27歳になります。占い師さん、もう少し早くあなたに出会いたかったよ……。

当たっても当たらなくても、行く価値アリ?

いかがでしたか? 占いは当たることも当たらないこともあると思いますが、「行かなきゃよかった」という人は一人もいませんでした。たとえ「おや?」と思うことを言われても、それはきっと話のネタになるはず(笑)友人や会社の同僚と一緒に、試しに行ってみても良いかもしれませんね。

(Visited 497 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こいとりライター

たけし
その恋、可笑しくて、いとおしい。 セクシー不足の25歳。身長149cmの未発達ライター。「迷っている人の背中を押したい!」と、突然販売スタッフを卒業。現在は求人広告のコピーライターとして、第二の故郷・大阪の地で奮闘中。好きなタイプは、うす顔と適度なひねくれ者。クスッと笑えて、でもなぜだか心が温かくなる。そんなアラサー女子の恋を、キレイすぎない言葉でそっと応援します。

PAGE TO TOP