コラムColumn

2017/01/21

婚活中の失恋を乗り越えるために

52

「失恋」を経験したことがありますか?

好きになった相手と両想いになれないことや付き合った後で別れを切り出されることなど、誰でも恋愛において苦い経験をしたことはあると思います。それは、婚活中でも同じです。
婚活では、結婚を前提とした出会いから発展が早いように思えますが、実は結婚相手を見つけるのはとても大変です。一度に多くの異性と知り合うことができますが、それは相手も同様です。
そのため、自分より先に相手を見つけてしまうと、失恋してしまうことがあります。大人になってからの失恋は、自分に自信を無くしてしまうくらい落ち込むものです。
しかし、婚活には失恋がつきものなのです。

では、婚活中はどのように失恋をしてしまうのでしょうか?また失恋しないためにできることや、失恋後の気持ちを癒すためにできることを紹介します。

婚活失恋とは?

婚活失恋とは、婚活中に失恋することですが、普段の失恋よりも精神的なダメージが大きい場合があります。
婚活は、「結婚する」という明確なゴールをつくっていることがほとんどです。そのため、自分の理想に近い相手を見つけると必要以上に執着してしまい、「この人以外ありえない」という強い感情を持ってしまうことがあります。
また婚活では、連絡先を交換した相手と頻繁に連絡を取り合うことがほとんどであることから、関係の発展を期待する気持ちが大きくなります。そのため、上手くいかなかった場合のダメージが、普通の恋愛より大きくなってしまうのです。
大勢の中から見つけた相手だからこそ、失恋しないようにしたいものです。

では、婚活中の相手とはどのように接すればいいのでしょうか。「この人と結婚したい」という一方的な思いだけでは上手くいきません。
婚活は、結婚をサポートするものですが、必ずしも理想の相手と結ばれるわけではないのです。自分の理想だと思っていても上手くいかないことはあります。
婚活に対しては、気楽な心構えを持つことも必要なのです。

婚活で失恋しやすい理由って?

婚活では失恋は当たり前のように起きています。その理由としては、出会いの場が豊富なことがあげられます。
現在の婚活では、婚活方法や婚活サイトも様々です。婚活イベントは毎日のように繰り返されています。そのため、参加すればするほどたくさんの異性と知り合うことになります。
婚活では、自分の理想の結婚相手を見つけることが目標です。多くの異性の中から自分の条件に合う人を絞っていきます。そうした中で、条件から外れてしまうことや他の人に取られてしまうことは珍しくないのです。
また、婚活中は連絡を頻繁にしていますが、関係が親密でなくても相手を知るために連絡を取り合います。そのため、連絡が密であればあるほど、期待度が膨らんでいきます。しかし、相手を知った上で、関係が発展しない場合もあるため、早めに行動することがポイントです。

婚活失恋から学べること

婚活失恋の経験から多くのことを学ぶことができます。まずは、結婚相手の絞り方です。婚活では相手に求める条件をより詳しく求められます。そのため、婚活イベントでもその条件で相手を探すため視野が狭くなりがちです。『こんな人がいいなぁ』、『こんな趣味があればいいなぁ』など視野が狭くならないような曖昧なイメージを持って相手を見つけることで、1人に執着しにくくなります。

そのため、失恋に対する恐れを持つことや余裕がなくなる心配が減ります。また、婚活では失恋で落ち込んでいる時間はありません。大切なのは失恋した回数ではなく、結婚相手を探すことです。誰にでも結婚相手はいます。その人を探し出せるかは自分の感性次第です。人を好きになる経験を積むことで、本当の結婚相手を見つけることができます。

婚活失恋しないために

婚活失恋をしないために必要なことは……

①執着心をなくしましょう。理想の相手を決めつけずに広い目で相手を探すようにするといいですね。

②結婚という枠に捉われないようにしましょう。婚活イベントでの出会いはとても貴重なものです。結婚にとらわれ過ぎてしまうと、いい出会いも見逃してしまいがちになります。

③関係の発展が見込めない場合や相手が自分を好きな素ぶりを見せない場合は、早めに距離を置きましょう。婚活では、気になる人を何人も見ることができます。その中でさらに相手を絞ることになりますが、早めに見切りをつけることが失恋しないポイントです。連絡を取り続けるからうまくいくわけではありません。
相手を求めすぎた結果、失恋してしまうと立ち直るのに時間がかかります。一つの経験として捉える余裕を持ちましょう。

失恋から立ち直ろう

婚活失恋をしてしまったら、どのように立ち直ればいいのでしょうか。

①『失恋の傷は次の恋で癒す』という言葉があるように次の出会いを見つけましょう。

②婚活イベントは、数多くあります。そのため、気持ちの切り替えを早くして、次に進めるようにしましょう。

婚活失恋で深く傷つくことがあるのは、誰でも同じです。しかし、どんな人も新しい恋を見つけるため、婚活を続けています。中には、その失恋から婚活をやめてしまう人もいます。
無理に続けても仕方ないという考え方もありますが、結婚のリミットはありません。自分自身が「結婚したい」と思う時が結婚適齢期なのです。
ゆっくりと相手を探しながら、気軽に婚活できるような心構えを持ってくださいね。

コラム一覧に戻る

全額返金保証キャンペーン中!3ヶ月以内に出会いが無ければ登録料・月会費もご返金

 

コラムページTOPへ
こいとり|今を楽しく!毎日を、笑顔に!アラサー女子向け恋愛メディア

結婚相談所エン婚活の詳細資料を
メールでお送りいたします。

※ご入力頂いた情報は、弊社の「プライバシーポリシー」にご同意いただいたものといたします。

close
PAGE TO TOP