コラムColumn

2017/01/23

婚活男性の告白のコツ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

告白は男性にとって一大決心です。特に婚活中は結婚を意識しているため、将来のことを見据えた上での告白となり、より重いものに感じます。

婚活中に限らず、告白では相手に気持ちを伝えることがとても重要ですが、大人になると相手の気持ちを考えてしまい、自分の気持ちを押し通すようなことが少なくなります。また、告白に失敗してしまった時のことを考え、告白する勇気が出ない男性も多くいます。
しかし、婚活中だからこそ、告白はしっかり行いましょう。告白相手が将来の奥さんになるかもしれません。その時の勇気が将来につながるのです。

では、婚活男性はどのように告白をしているのでしょうか。また、告白するときのタイミングやコツにはどのようなものがあるのでしょうか。

相手の気持ちに探りを入れよう

告白するためには、少なからず相手の気持ちを知ることが必要です。
また、相手にも告白されるという心構えを持ってもらうことが、告白を成功させる近道になります。
まず、相手の気持ちを行動や言葉で探りましょう。告白をする時に相手の気持ちが少しでも自分に向いていることが確認できると、告白しやすいものです。全く自分に興味を持っていない女性に告白する勇気を持てる人は、少ないのではないでしょうか。
共通の趣味や時間を共有し、相手が本当に自分との時間を楽しんでいるのか、しっかり確認しましょう。
また、告白する相手には自分が好意を抱いていることを察してもらいましょう。相手に告白を受ける心構えを持ってもらうことで、告白しやすい雰囲気をつくります。
もし女性に自分への恋愛感情がなければ、男性側の好意に気付いた時に、距離を置くなどの行動をしてくるはずです。まずは、2人の間に告白する雰囲気をつくっていきましょう。

告白を受ける心構えを持ってもらおう

告白を受ける側の女性が、告白を意識していない場合に告白をしてしまうと、フラれる確率が高くなると言われています。
そのため、告白する男性側の心構えも必要ですが、告白前に女性側に告白を意識してもらいましょう。
男性は女性に自分の気持ちを勘付いてもらえるように、積極的に行動してください。言葉で言うのではなく、好意を持ってもらえるような行動が必要です。積極的に連絡やお誘いをする男性がいたら、女性も自分に好意があると感じることができます。
そのため、意中の女性には積極的に連絡をしましょう。また、自分のことを考えてくれたデートや思いやりを見せてくれる男性に惹かれます。

女性の好みを抑えたデートや食事に連れて行くことで、積極的に好意を見せましょう。

告白するタイミングはデート3回目?

婚活に関する情報誌や婚活サイトの情報を見ていると、告白のタイミングは3回から5回目のデートの間に行うことが有効であるとされています。

デートを3回重ねると相手の性格や素が見えるようになると言われるからです。その頃になると、女性にとっても今後も関係を続けたい男性か、恋愛や結婚に発展しない男性か見極めがついています。
男性側も同様で、結婚を意識する女性なのか、恋愛関係に発展したい女性なのか、その気持ちによって告白の内容も変えていきましょう。
また、デートを重ねているのに告白をされないと、女性側も「この人は自分との関係をどうしたいのだろうか」と不安に思ってしまいます。
婚活での出会いは特に早い発展が必要になることが多いです。現状でもライバルがいたり、次々に新たな出会いもあります。自分の気持ちが決まったら、相手のことを配慮しながら告白につなげましょう。

告白は次のステップに進むためのもの

告白は関係を発展させるものです。告白に成功すれば2人の関係が発展し、そのまま上手くいけば結婚につながることもあります。反対に、フラれてしまった場合も次の出会いに向かって進むことができます。
どちらの場合においても、現状から発展することができるのが告白です。次のステップに進むために勇気を持って告白しましょう。

婚活は、結婚を意識している男女が集まるものです。その人の年齢や結婚に対する考え方にもよりますが、結婚相手を探している女性にとって出会いはいくつもあり、自分が積極的に行動しなかった間に他の男性にとられてしまうこともあり得ます。
そうした後悔をしないためにも意中の女性には、積極的にアプローチをし、デートを重ねて告白につなげましょう。
まずは、自分自身を恋愛対象・結婚相手として認識してもらうことが大切です。

告白するときの注意点は?

婚活において、告白は避けて通れないものです。積極的に気持ちを伝えることが関係を発展させるきっかけとなるからです。
しかし、告白は必ず成功するわけではありません。フラれてしまうことも想定しておきましょう。デートの途中で告白した場合に断られると、その後のデートが気まずくなってしまうものです。
そのような場合も想定して、どのように切り返せばいいのかを考えておきましょう。
今後も友達のような相談相手になるのか、一切関係を持たなくなるのかは自分次第です。しっかりと今後の関係も考えた行動をとりましょう。

また、婚活中の告白は結婚と結びつきやすいですが、告白が結婚というわけではありません。中には結婚を見据えた告白もありますが、いきなり「結婚」の文字を出すと告白の返事を出しにくい女性が多いことも事実です。
相手を配慮し、「すぐに結婚とは言わずお付き合いから……」と控えめな告白をすることも必要です。

婚活で告白を成功させよう!

勇気を持って告白を成功させましょう。とは言え、100%成功する告白はありません。
大人の告白には、相手を思いやる気持ちとストレートな告白が大切です。関係を急に発展させたり、「結婚」などのキーワードを入れるよりも、「これからのことを考えていきたい」という真剣な姿勢を見せましょう。
しかし、あまり遠回しすぎる告白は、女性に伝わりにくく、候補というキープの状態から発展しなくなってしまいます。女性との距離感や態度などから、どのような告白がいいのか考えることも必要です。

デートの回数を重ねることが、関係の発展ではありません。理想のタイミングと言われるデート3回目頃には、なにかしらのアクションを起こしましょう。
告白の保留を受けた場合や断られた場合もしっかりと想定し、シミュレーションもしておいてくださいね。

コラム一覧に戻る

10月29日(日)までの入会で、Amazonギフト券1万円分を対象者全員にプレゼント!

※2018年1月1日時点でエン婚活をご利用中の方が対象です。

コラムページTOPへ
こいとり|今を楽しく!毎日を、笑顔に!アラサー女子向け恋愛メディア

エン婚活の詳細資料を
メールでお送りいたします。

※ご入力頂いた情報は、弊社の「プライバシーポリシー」にご同意いただいたものといたします。

close
PAGE TO TOP