コラムColumn

2017/04/03

彼女は好意をもってくれている?女性の仕草でわかる心理をチェックしよう

気になる女性ができたとして、その彼女が自分に好意を持っていてくれそうかどうかについては、悩む人が多いでしょう。たしかに、ダイレクトに尋ねるわけにもいかないことが多いですよね。そこで、手がかりにしたいのが、その女性のしぐさです。「目は口ほどにものをいう」ということわざもあるくらいであり、ちょっとしたしぐさが感情を表している場合があります。以下に、いろいろなしぐさをご紹介しますので、「脈あり」かどうか判断する材料にしてみましょう。

髪をさわる、髪をかきあげる

女性が髪にふれるときは、緊張していて気持ちを落ち着かせたいためということが多いといいます。話をしているときに、相手の女性が髪の毛を頻繁にさわるようでしたら、あなたが気になる相手だからこそ、少し緊張しているのかもしれませんね。自分がどう思われているのか気になり、無意識のうちに髪を整えるようなしぐさをしているのかもしれません。したがって、このような場合には「脈あり」の可能性が高いといえるでしょう。髪を耳にかける行動も、あなたの話をよく聞きたいサインだといわれています。

しかし、同じ髪をさわる行動であっても、髪を見つめて枝毛を気にしているような場合には、会話が退屈であるというサインかもしれません。体がこちらを向いていない、視線をそらせている、顔の表情も硬いなんていうときには要注意。話題や場所を変えるようにしましょう。

目がよくあう、こちらを見ている時間が長い

人は誰しも、好きな物、好きな人を見ている時間は長いものです。したがって、よく目が合うことや、話をしているときにあなたを見つめている時間が長いときには、かなり「脈あり」といえるでしょう

まばたきの回数が変わる

女性は、相手に好意を持っている場合、まばたきの回数は増えることが多いようです。女性は通常ならば3秒に1回程度まばたきをするといわれています。その回数が変化するのは、緊張しているからかもしれません。緊張とはつまり、あなたにドキドキしているということ。回数が増えるのとは逆に、好意をもっているがゆえに、まばたきの回数がぐっと減ることも。いずれにしろ、まばたきの回数の変化は「脈あり」の可能性が高いサインなのです。

小首をかしげる

一般的に、女性が小首をかしげた姿は女性的な魅力を引き立てていると考えられています。実際、小首をかしげた姿をかわいらしく感じる人も多いでしょう。もちろん、「脈あり」である可能性が高いサインです。女性が小首をかしげたときに、特に上目遣いになっているときには、相手に信頼感と甘えがあることが多いようですので、小首をかしげられたときには包容力を感じてもらえるような対応をするとよいでしょう。

ただし、不快そうな、機嫌の悪そうな顔で小首をかしげられたときは別です。それは、疑問がある、不満があるというサインです。

声のトーンがあがる

あなたと話をするときに、相手の女性の声のトーンがあがったら、まず間違いなく「脈あり」のサインです。男性は高い声を聞くと本能的に「女性らしさ」を意識するものなのだとか。したがって、女性のほうは好意をもっている人に対して本能的に声のトーンがあがるということのようです。

リアクションが大きい

あなたと会話をしているときには、ほかの人に対するときと比べて、笑い声が大きい、身振り手振りが大きいなど、リアクションが大きい場合には、「脈あり」の可能性が高いでしょう。あなたへの関心の高さが、大きなリアクションを引き起こしていると考えられるからです。

口をすぼめる

口をすぼめる動作は、あなたの話の内容に懐疑的だったり反対だったりする表われです。相手の女性が口をすぼめたら、話をそのまま押しすすめるのではなく、意見を聞いてみましょう。そのときのあなたの意見に反対であったり、納得がいかなかったりしても、脈がないかどうかは別の話です。うまく会話のやりとり、意見の交換ができると、相手があなたのことを見直すきっかけになるかもしれませんよ。

頬を膨らませる

頬を膨らませる行為は、基本的には、相手に対して不服であったり怒っていたりすることを表しています。小さい子が頬をいっぱいに膨らませてむくれているのを想像するとわかりやすいですね。しかし、相手の女性が頬を膨らませて怒っていることを示したのであれば、これはあなたにかわいく思われたいという気持ちが入っていますので、相手の女性が怒っていても「脈あり」のサインといえるでしょう。相手の女性の気持ちを聞き、優しくなだめるようにしてみてください。

ボディタッチする

相手の女性があなたの肩や腕を軽くたたいたり、さわったりするようでしたら、「脈あり」の可能性があります。ただし、元からボディタッチの多いパーソナリティであり、ほかの人にも同じような態度である場合には「脈あり」とは言い切れないでしょう。逆に、ボディタッチしないからといって「脈なし」とはいえないことも覚えておきましょう。

声をかけたときに、体ごとこちらを向く

つま先は好意をもっている人のほうに向くといいます。軽く声をかけたときでも、相手の女性が振り向くだけではなく、体ごとこちらに向けるようでしたら、「脈あり」である可能性が高いでしょう。

2人の間にある物を動かす

テーブルで向かい合わせに座っているときなどに、相手の女性が2人の間にある調味料やコップなどを横に動かしたならば、「脈あり」と考えてもよいでしょう。無意識のうちに、好意をもっている人との間の障害物を減らしている可能性が高いからです。

体が近づく

人には「パーソナルスペース」というものがあり、気をゆるせる相手ではないと、自分のそばに近づくことを嫌がるものです。「社会距離」が1.23.5m、「個体距離」が45cm1.2mといわれていますが、もしも、相手の女性が「密接距離」である45cm以内に近づいてくるようでしたら、好意をもってくれている可能性がかなり高いといえるでしょう。

腕を組む

腕を組む行為には、自己防衛という心理が隠れていることが多いので、相手の女性が腕を組んでいる場合には、あまりよいサインとはいえません。警戒心がとれるような口調にしたり、話題に変えたりするとよいかもしれません。

足を組む

腕とは逆に、足を組む動作、特に足を組み替える動作は、相手に好意があるサインだといわれています。足を頻繁に組み替えるのは性的アピールの表れと解釈する人もいますが、逆に、予定が押しているなどの事情でイライラしているという場合もありますので、そのほかのボディーランゲージも参考にして判断しましょう。

まとめ

人の気持ちは「好意がある」「好意はない」の2つだけではありません。「嫌い」ではないとすると、「好意があるとはいえないが、嫌いではない」から、「好意をもってもいいかも」「少しは好意がある」「けっこう好意をもっている」……と、いくらでも細かく分かれるものです。

相手の女性のしぐさは、ひとつひとつだけでは何ともいえないことも多いですが、それらが組み合わさると、好意をもってくれているかどうか、どのくらい好意をもってくれているかが、もう少しはっきり見えてくる場合があるでしょう。

今はあまり好意をもってもらっていない状況でも、未来はわかりません。この先、好意をもってもらえるように、今から努力してみてください。

 

参考サイト:

コラム一覧に戻る

10月29日(日)までの入会で、Amazonギフト券1万円分を対象者全員にプレゼント!

※2018年1月1日時点でエン婚活をご利用中の方が対象です。

コラムページTOPへ
こいとり|今を楽しく!毎日を、笑顔に!アラサー女子向け恋愛メディア

エン婚活の詳細資料を
メールでお送りいたします。

※ご入力頂いた情報は、弊社の「プライバシーポリシー」にご同意いただいたものといたします。

close
PAGE TO TOP