2022/01/20

仲介型の結婚相談所の魅力とは!?手厚いサポートで成婚を!

仲介型の結婚相談所とそのメリット

仲介型の結婚相談所は具体的にはどういうサービスで、どういうメリットがあるのでしょうか?

仲介型結婚相談所とは

仲介型結婚相談所の特徴を、とっても簡単に簡潔にいうと、あなた専任のアドバイザーがきめ細かいサポートをしてくれ、費用はお高めだけどサービスは高レベル!といった感じでしょうか。恋愛の相手を探しているのであれば、あなたのフィーリングに合うひとを探せばよいでしょう。

しかし、今あなたが求めているのは結婚相手ですよね!であれば、結婚相手に求めるのはフィーリングだけでなく、収入、今後の家族計画、生活習慣、などなど生活を一緒に送っていくうえで必要な条件が合うかどうかが重要なはずです。この条件面や人間性などを客観的にみて、迷える婚活人をサポートするのがプロの婚活アドバイザーなのです。

仲介型結婚相談所を選ぶメリット

たくさんの婚活サイトや出会いの場があるなか、仲介型結婚相談所を選ぶメリットはなんでしょうか?

まず、専任のアドバイザーが入会から成婚までしっかりとサポートしてくれることです。婚活中って、自分がいいなと思える人に出会えるかな、という不安もありますが、相手に本当の自分の姿や考えが伝わっているかな、という不安も大きくありませんか?そんなとき、自分専任のアドバイザーがついてくれているというのはとても大きな助けになります。こちらの希望に合った人を紹介してくれるのはもちろん、相手にも自分の性格や趣味など細かく伝えてくれると思うと、過度な期待や誤解が生まれにくく安心です。

婚活をしている途中では、時に壁にぶつかることもあり、もう自分なんてダメだ!と落ち込むこともあるでしょう。しかしアドバイザーがいれば、心配や不安をすぐに相談することができます。

また、結婚相手に対する理想や希望がモヤモヤしていてはっきりしない、という方は、アドバイザーに客観的な意見をもらうことで、希望が明確になり、結婚相手の照準を定めることができるでしょう。

また、基本的にはアドバイザーを通してお相手とやり取りすることになるので、お断りする場合・された場合などの精神的負担も少し軽くなります。

目次へ

仲介型の結婚相談所を紹介!

ではここで人気の仲介型結婚相談所を実際にご紹介してみましょう。

パートナーエージェント

「想像を超える成婚アドバイザーサービス」を体験することができるパートナーエージェント。どこよりも高い成婚結果を出せているのは、徹底したサポートを行ってくれる「マルチサポートシステム」、効率的な「スマート婚活プログラム」、この2つのプログラムから構成されているからではないでしょうか。

費用は地域、年代によって様々です。
「アドバイザーライトコース」は、エリアⅠで初期費用20,000円 月会費13,000円、エリアⅡで初期費用20,000円 月会費11,000円。

「アドバイザーコース」は、エリアⅠで初期費用95,000円 月会費16,000円、エリアⅡ 初期費用95,000円 月会費13,000円。

「プレミアムプラン」は、エリアⅠで初期費用280,000円 月会費30,000円。

登録料は30,000円、成婚料は50,000円です。

<エリアの説明>
エリアⅠ
名古屋店・岡崎店・岐阜店・横浜店・大宮店・千葉店・船橋店・大阪店・なんば店・京都店・神戸店・姫路店・奈良店・新宿店・銀座店・銀座数寄屋橋店・池袋店・上野店・丸の内店・町田店・八重洲店・渋谷店

エリアⅡ
札幌店・静岡店・浜松店・高崎店・水戸店・広島店・福岡店・北九州店

IBJメンバーズ

IBJメンバーズには成婚を生み出すサービスがあります。
それは「上質な出会いの提供」「最先端のお相手検索システム」「手厚い成婚サポート」の3つです。

コースは4つあり、気軽にはじめることができる「エントリーコース」、男性から人気のある「アシストコース」、女性から人気のある「アシストプラスコース」、充実したフルサポートが受けられる「プライムコース」です。

初期費用、月会費、成婚料が必要となります。
「エントリーコース」初期費用165,000円 月会費 15,500円
「アシストコース」初期費用 220,000円 月会費 15,500円
「アシストプラスコース」初期費用 269,500円 月会費 15,500円
「プライムコース」初期費用 409,500円 月会費 15,500円
成婚料は200,000円です。

目次へ

結婚相談所は自分に合った型を

仲介型結婚相談所について解説しましたが、別のタイプの結婚相談所もあります。

データマッチング型

データマッチング型とは、コンピュータ上の会員の情報を自身のスマホやPCで検索してお相手を探すというシステムです。会員の登録には一定の条件があり、各社独自の審査を経ているため、身元の保証がされています。また安くない会費を支払うため、会員の真剣度も高めです。

・メリット

空いた時間などを使い自分のペースで婚活ができること。また、成婚料がかからない場合が多く、一般的には仲介型結婚相談所よりは安い金額で多くの会員にアプローチできる点も魅力です。

・デメリット

仲介型のように専任アドバイザーはつきません。よって恋愛経験が少なくてどうやってデートのお誘いをしたらいいのか、どんなところにデートに行けばいいのか、などの細かいアドバイスがほしいという方にはサービスが足りないと感じるかもしれません。また、お相手の検索はすべてデータが頼りですので、年齢や年収などの条件から少しでも外れると、対象には上がってこないことになります。ですから、年収は理想より少しだけ足りないけれどとってもいい人だった、というような人を逃してしまうことがあり得ます。また、PCを使い慣れていないという方には、ややハードルの高い方法かもしれません。

インターネット型

入会のハードルが比較的低く、気軽に始められる婚活サービスです。プロフィール登録をはじめ、お相手へのアプローチやデートの約束などすべてをインターネット上で行います。

・メリット

なんといっても利用者が多いため出会いの確率も多いということでしょう。入会金や月会費も手ごろで、手軽に始められます。登録もお見合いの申し込みもすべてネット上で完結するので、隙間時間を利用して婚活することが可能です。忙しい人にとっては便利でしょう。

・デメリット

入会のハードルが低いということは、会員のプロフィールの信ぴょう性が不確かな場合もあります。また、真剣に結婚を求めている人だけではなく、軽い気持ちで登録している人もいるため、すぐに結婚とはなりにくい場合もあります。
また、アプローチやデートの約束など自ら積極的に行動しないといけないため、消極的な人は進展しにくいかもしれません。

仲介型、データマッチング型、インターネット型、それぞれにメリット・デメリットがあることがわかりました。
更に、いくつかの要素を兼ね備えた結婚相談所も存在します。

弊社エン婚活エージェントは、仲介型であり、かつインターネット完結型の結婚相談所です。仲介型の良い部分(専任アドバイザー制)を取り入れつつ、利便性を高めるためにインターネット型も取り入れたハイブリット型です。専任のアドバイザーがひとりひとりにつき、丁寧なサポートをさせていただくので安心してご利用いただけます。
会員様には独身証明、年収証明などの提出をお願いしており、安全面への配慮もきちんと行っております。

すべてをオンラインで行うことができ、来店して対面での相談が不要です。地方在住の方やお仕事が多忙な方で、オフィスでの面談に通えない、という心配は不要!アドバイザーとの対面がないのが不安という方もいらっしゃるかもしれませんが、お電話やメールでしっかりと丁寧なご対応を心掛けておりますので、ご安心ください。

また、料金体系はわかりやすく、登録料9,800円(税込10,780円)、月会費13,000円(税込14,300円)のみで、成婚料、お見合いの調整費用などは発生しません。

目次へ

まとめ

婚活を始めようか迷っている方、いろいろやってきたけどもっと他の方法ってないのかなと思われている方。婚活にもいろんな形がありますから、広く情報を集めることが結婚への第一歩です!

仲介型は、どちらかというと自分からどんどんお相手にアプローチしていくのが苦手・・・誰かにサポートしてもらいたいという方に向いています。少しでも興味を持ったら勇気を出して一歩踏み出してみましょう!

コラム一覧に戻る
期間限定 初月月会費無料キャンペーン 実施期間 2022年2月1日(火)~2月14日(月)~1月30日(日) 月会費13,000円(税込14,300円)が0円 他キャンペーンとの併用は不可です。上記期間にご登録いただいた方は2月の月会費が無料となります。

サービス体験でできること

求婚者チェッカー

あなたと結婚したい人が何人いるかわかります。

お試し検索

自分の希望条件に合った人が何人いるかわかります。

パーソナル活動
プランニング

あなただけの婚活計画を作成します。

結婚価値観診断

あなたの行動価値観を診断します。

お客様に選ばれて、結婚相談所三冠達成!

※婚活サービス満足度No.1:日本トレンドリサーチの「婚活サービス満足度ランキング2020」より
※オンライン結婚相談所成婚実績No.1:TPCマーケティングリサーチが2020年12月7日~14日に実施した「累計成婚者数調査」より
※コスパ満足度No.1:ゼネラルリサーチが2019年8月7日~8日に実施した「結婚相談所10社を対象としたイメージ調査」より