コラムColumn

2017/08/14

結婚相談所とは?今更聞けないギモンを解決!

「結婚相談所」と聞いて、皆さんはどんなイメージを持つでしょうか。これまで全く接点のなかったお相手と出会って結婚するという点で、お見合いのようなものと捉えている方も多いのではないでしょうか? でも実は、昔ながらのお見合いとは大きく違う点もたくさん。ここではサービス内容からメリット・デメリットまで、結婚相談所についての基本情報を詳しくお伝えします。

結婚相談所のサービスとは

結婚相手を探すサービスを受けられる場所

結婚相談所とは読んで字のごとく、結婚したい人が結婚に向けた活動についての相談をする場所です。真剣に結婚を望む人たちが集い会員になっているため、効率的に結婚相手を探すためには大変便利なシステムとなっています。

法律的に、結婚相談所は「特定商取引法」が適用される「結婚相手紹介サービス業」となります。「婚活」が一般的になるにつれ、結婚相談所のサービスも再注目されつつあります。Yahoo!Yahoo!婚活コンシェル)、リクルート(ゼクシィ縁結びカウンター)、エン・ジャパン(エン婚活)などの有名企業も相次いで参入。2016年の段階で全国の結婚相談所の総数が約4,000社、登録会員数は60万人にのぼっていて、急成長を遂げ続ける注目の業種です。

結婚相談所に登録すると、結婚相手探しをメインに、「出会いの段取り」や「カウンセリング」などの婚活に関する様々なサービスを受けることができます。結婚相談所とは、簡単に言えば「結婚相手を探すサービスを受けられる場所」なのです。

実は、恋愛結婚ができる場所

結婚を考える方同士の出会いを提供するのが結婚相談所の役割。ですが、単に「いい人がいるから会ってみて」とオススメして終わりではありません。成婚、または結婚を前提とした交際までをフォローしてくれるのが一般的な結婚相談所のサービス。お相手探しはもちろん、会う日時の調整、交際中のカウンセリングも行ないます。

いわゆるお見合いと異なるのは、会ってすぐに結婚ではなく、交際期間を経た上で成婚に至るということ。出会い自体は相談所を介したものであっても、その後のプロセスは普通の恋愛結婚と変わらないのです。「恋愛結婚を諦めたら結婚相談所」というわけではなく、出会いの形のひとつとして捉えたほうが良いかもしれません。

コンシェルジュの支援が受けられる

マッチングアプリなどが流行していますが、結婚相談所の特徴はやはり専任のコンシェルジュ(仲人・カウンセラー)がいること。自分の魅力を見つけるところからお相手探し、交際やプロポーズ、婚約までを全面的にサポートしてくれます。第三者の視点からアドバイスをもらえる点が大きなポイントと言えるでしょう。

結婚相談所が注目される理由

「結婚しにくい時代」

日本の生涯未婚率は近年、増加の一途をたどっています。2010年の総務省調査では男性20.1%、女性10.6%。このままいくと、2030年には男性27.6%、女性18.8%まで上昇すると予測されています。

ひとつの要因は、労働環境の変化。終身雇用の崩壊、年収の減少、非正規雇用の増加などにより「生活面の不安から結婚に踏み切れない」といった人が増えているのです。また、経済的に自立している女性が増えたこと、結婚観が多様化していることなども影響していると見られています。いずれにせよ「結婚しにくい時代」であることは間違いないでしょう。

日本の婚活事情

少子化によって結婚適齢期の人口そのものが減っていることもあり、今や「自然な出会い」が難しい時代になっています。合コンや友人の紹介といったツテに頼るのも限界がありますし、しかも自分に合った人と首尾よく出会えるかどうかもわかりません。そうした中で結婚のための活動を行なう男女が急増し、「婚活」という言葉も広く認知されるようになりました。

結婚相談所の市場規模も過去5年間で14%増。「結婚しにくい時代」にあって、改めて注目を浴びているサービスといえます。コンシェルジュによる充実した支援はもちろん、会員の身元証明がしっかりしている安心感なども選ばれている理由です。現在、結婚相談所に登録している人数は約60万人。また、サービスに興味がある潜在層は600万人いると見られています。

結婚相談所の種類

結婚相談所の区分は大きく4種類。「紹介タイプ」×「店舗形態」で分類されます。

紹介タイプ

  • 仲人紹介型

仲人が会員同士を取り持つ形式の結婚相談所です。一人ひとりの希望をヒアリングし、合いそうな相手同士を人為的にマッチング。婚活中の不安を聞いてもらえたり、交際に関するサポートまでしてもらえたりと、きめ細かいサービスが受けられます。紹介の精度は仲人の経験や相性などに依存しますが、フォロー体制に関しては非常に充実していると言えるでしょう。

  • データマッチング型

自分のプロフィールや相手への希望条件を登録し、それをもとに紹介を受けるタイプの結婚相談所です。条件で絞り込み、マッチ度が高い人の中から相手を自ら選ぶというスタイルもあります。マッチする相手がいたらメッセージを送り、その後、電話や対面で交流を深めていくというのが一般的な流れ。希望条件にマッチしたお相手とだけ出会えるため、紹介の精度は高めです。

店舗形態

  • 店舗型

店舗や事務所に足を運んでカウンセリングを受けるタイプの結婚相談所。仲人(カウンセラー、コンシェルジュ)と直接会い、希望条件の相談や相手の紹介といったサービスを受けられます。顔を合わせて話せるため、不安や悩みなども言いやすいのが特徴。紹介されたお相手と初めて会うとき、仲介人が同席してくれる結婚相談所もあります。

  • オンライン完結型

実店舗を持たず、ネット上で全ての活動を完結できる結婚相談所です。オンラインといっても多くの場合はコンシェルジュやアドバイザーが相談役として付き、TEL・メールでフォローしてくれます。

タイプ別で選ぶ結婚相談所

仲人紹介型:自分で相手探しをするのが難しい方向け

仲人がお相手を選んでくれる仲人紹介型は、「どんなタイプが自分に合うのか分からない」「データだけでは分からない、人柄などの面も重視して相手を選びたい」「自分から積極的に動くのが苦手」といった方にオススメです。専任の担当者が手厚いフォローをしてくれるので、結婚相談所の利用や婚活そのものが初めての方でも安心感を持って利用できるでしょう。

代表的なサービス:ツヴァイ、パートナーエージェント、サンマリエなど

データマッチング型:希望条件が明確な方向け

「相手に求める条件を入力し、データベース上でマッチングを図る」というシステムなので、希望に合う人だけを最初から抽出できます。趣味や価値観、容姿、年収など、結婚相手を選ぶにあたっての基準がある程度明確になっている方は、データマッチング型のほうが理想の相手と早く出会えるでしょう。

代表的なサービス:楽天オーネット、オトコンメンバーズ、ソエルテなど

店舗型:時間をかけてじっくり相談したい方向け

仲人型・データマッチング型を問わず、対面で相談できるのが店舗型の特徴。アドバイザーと顔を合わせて話せるため、婚活の悩みなども打ち明けやすくなっています。店舗に行くための時間を確保する必要はありますが、より安心・安全にこだわる方や、じっくり相談したい方に向いているサービスです。

代表的なサービス:楽天オーネット、ツヴァイ、パートナーエージェント、サンマリエ、ゼクシィ縁結びカウンターなど

オンライン完結型:なるべく効率的に婚活をしたい方向け

オンライン完結型は、店舗へ足を運ばなくても活動できるのが大きな特徴。条件設定や相手探しもインターネット上ですべて完結でき、アドバイザーからのフォローもTELやメールで行なわれるため「忙しくて店舗に行く時間が取れない」「なるべく効率的に活動をしたい」という方にオススメです。

代表的なサービス:Yahoo!婚活コンシェル、エン婚活など

結婚相談所のメリット

結婚への意欲が高い人と出会える

合コンやパーティーだと「すでに彼氏・彼女がいる」「恋人は欲しいが結婚願望はない」「遊び目的」といった人も参加している可能性があります。気軽な出会いのチャンスを与えてくれる場所ではありますが、自分が希望する相手に会えないことが多いもの。たとえ、気に入った相手がいて意気投合しても、相手が結婚を目的としているかどうかは分かりません。

一方、相談所の場合は「結婚したい」という意欲が明確な人ばかりです。互いの意思が一致しやすいため、成婚までの期間は短い傾向。早く結婚したい方にとっては大きなメリットがあります。

出会いの可能性が広がる

結婚相談所に登録すると、それまでより各段に出会いの数が多くなります。それも、自分が希望する相手の条件を提示して、それに見合った人を紹介してくれたり、自分で検索したりできるため、「理想の相手との出会いが多い」と言っても良いでしょう。

色々な事情で、異性と出会うチャンスが少なかった人にとっては、とても大きなメリットと言えるでしょう。

専門家のアドバイスが受けられる

多くの結婚相談所には専任のアドバイザーがいるため、プロに相談しながら結婚に至るまでのプロセスを踏むことができます。自分の長所・短所を見つけてもらったり、お相手との接し方に助言をしてもらえたりと、結婚へのステップを進めるために有効なフォローが受けられるのです。自分ひとりでは気づけない、第三者の客観的な意見が得られます。

安心感がある

結婚相談所によって細かい基準は異なりますが、それぞれの結婚相談所に入会する際には「資格基準」があり、「証明書の提出」が必要になります。この点が、結婚相談所が出会い系サイトと一線を画す所以です。
この資格基準と証明書の提出により、年収や年齢などを偽ることが不可能となるため、「詐称をする」ような問題がある相手に出会う可能性が低くなります。万が一何かしらのトラブルが起こった場合でも相談員のサポートを受けられるため、安心して利用できるというメリットがあります。

また、年収など直接聞きにくいプロフィールをあらかじめ知ることができるのも利点のひとつと言えます。

結婚相談所のデメリット

活動費用がかかる

内訳はさまざまですが、結婚相談所の利用には入会金・月会費などがかかります。結婚できた場合の成婚料や、婚活パーティーなどのイベント参加費が必要になるケースも。成婚までに数十万円かかることもあるため、貯金にある程度の余裕がないと利用は難しいでしょう。活動が長引くほど費用がかさんでしまうため、どちらかというと短期決戦向きのサービスかもしれません。

結婚相談所は安い?高い?料金・費用を大解剖

自分に合う相談所を見つけるのが難しい

この記事でもお伝えしている通り、結婚相談所のスタイルは今や多種多様です。婚活ブームにより次々と新しいサービスが登場している中、自分に合う結婚相談所を見つけるのが難しくなっているのも事実。せっかく入会しても「希望する相手とマッチングしてもらえない」「アドバイザーとフィーリングが合わない」「なかなか結婚まで至らない」といったことがあれば、時間と費用を無駄にしてしまいます。

事前に各社の資料を比較したり、見学に行ったりして情報収集をしておきましょう。

条件でシビアに見られてしまう側面も

条件面で絞り込んでからの出会いだと、実際の人柄などを知る前に候補から外れてしまうことも多々あります。「会ってみないとわからない魅力」が伝わりにくいため、知らないうちに機会損失をしている可能性も。この点はサービスの特性上、避けられないデメリットかもしれません。 

サービスの特徴をしっかり知った上で選びましょう

結婚相談所の特徴についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。結婚相談所と一言でいってもサービスの内容はさまざま。自分自身に合った婚活を実現するためにも、各社の特徴をしっかりと比較してから選びたいですね。

 

 

リンク:

  • 結婚相談所とは|結婚相談所ってどんなとこなんだろう
コラム一覧に戻る

10月29日(日)までの入会で、Amazonギフト券1万円分を対象者全員にプレゼント!

※2018年1月1日時点でエン婚活をご利用中の方が対象です。

コラムページTOPへ
こいとり|今を楽しく!毎日を、笑顔に!アラサー女子向け恋愛メディア

エン婚活の詳細資料を
メールでお送りいたします。

※ご入力頂いた情報は、弊社の「プライバシーポリシー」にご同意いただいたものといたします。

close
PAGE TO TOP