エン婚活エージェントは、来店不要の結婚相談所。
以下はサービス対象エリアのご案内です。

コラム

2018/02/02

結婚相談所の料金を安く活動する秘訣

最近では、婚活を行なっていることを包み隠さず周りに宣言している人も多くなり、「結婚相談所」というサービスも身近になってきました。「思い切って結婚相談所を使ってみようかな」と考える方も少なくないと思います。

しかし、大きなハードルとなっているのが料金。婚活パーティーや婚活アプリなどの他の婚活方法と比べて、結婚相談所はかなり料金が高め。ですが、料金を極力安く抑える秘訣があるのです。これから結婚相談所を使ってみようと考えている方へ、その秘訣をお教えします。

結婚相談所の流れ

まずは、結婚相談所の入会から成婚までの流れをおさらいしましょう。各結婚相談所で多少流れは違ってきますが、下記の流れが一般的なものになります。

  • 下準備

入会をする前に、いくつかの結婚相談所から資料を取り寄せや、無料相談会に参加します。料金やサービス内容、自分に合ったスタイルかどうかをしっかり見極めることが成婚への近道です。

  • 書類の準備

入会する結婚相談所を決めたら、提出する書類を用意します。必要となるのは「住民票」、「独身証明書」、「写真付き身分証明書」、「資格や学歴の証明書」「年収証明」など。面倒と感じる方もいらっしゃると思いますが、後々のトラブルを避けたり、結婚に対して真剣な人かを見極めたりするために必要な書類となります。

  • 入会手続き・プロフィール作成

書類が揃ったら、実際に結婚相談所へ入会します。ここで料金の支払いが発生するケースが多いです。事前にしっかり料金の確認をしておきましょう。入会に伴う手続きを済ませたら、担当アドバイザーやコンシェルジュと面談を行ない、プロフィールを作成。名前や住所の他に趣味、身長、体重、タバコ・アルコールの嗜好、年齢、年収など細かな情報まで書いていきます。担当アドバイザーやコンシェルジュがアドバイスをしながら作成していく結婚相談所もあります。プロフィールができたら、写真撮影へ。ファッションやメイク、ポーズなどのアドバイをしてくれるサービスもあります。

  • お相手選び

プロフィール掲載後、いよいよお相手紹介となります。アドバイザーやコンシェルジュから紹介してもらうパターン、自分でシステムを検索して行なうパターンなど、結婚相談所によって様々。ポイントは自分から積極的に会ってみること。特にモチベーションが高い1ヶ月目は勝負です。

  • お見合い

いいなと思う相手が見つかったら、お見合いへ。結婚相談所内で行なう場合、カフェやレストラン、ホテルのラウンジなどで行なう場合など、様々です。笑顔を忘れず、自分のペースでお話をしてOKです。心配であれば、結婚相談所からアドバイスを貰うこともできます。

  • 交際

お見合いの結果、お互いにもう一度会いたいと思えば、交際がスタート。結婚相談所ごとで最大交際期間が定められていますが、その間デートを重ねて仲を深めていきましょう。掛け持ちで交際ができる結婚相談所も多いので、いろんな人と交際してみるのもひとつの手です。

  • 成婚

交際を経て、「この人だ」という思い、お互い結婚の意志がかたまったら成婚となります。結婚相談所を成婚退会し、パートナーとの温かい結婚生活を楽しんでいきましょう。

結婚相談所の料金が高い理由

正直、結婚相談所の料金はとても高いです。例えば、初期費用だけでも10万円以上、1年間で40万円以上かかってしまうところも珍しくありません。それに月々の月会費、お見合いごとに発生するお見合い料、成婚退会する際にかかる成婚料など、次から次へと料金が発生する結婚相談所も多くあります。これだけ多くの料金がかかるのには理由があるのです。

まず挙げられるのは人件費。多くの結婚相談所では会員一人ひとりに担当アドバイザーやコンシェルジュ、仲人がつきます。彼ら・彼女らが成婚まで手厚いフォローをしてくれるのですが、あまりにも担当会員が多いと真摯なサービスが提供できなくなってしまいます。そこで、担当アドバイザーやコンシェルジュ、仲人の人数をある程度増やす必要があるのです。さらに、プロフェッショナルとして活躍してもらうために研修を受けてもらうとなると、さらにお金がかかってしまう、というわけです。

もう一つは店舗の維持費。多くの結婚相談所が実店舗を構え、そこで会員とのやり取りを行なっています。大手結婚相談所ともなれば、店舗は日本全国ということも珍しくありません。店舗を構えれば月々のテナント料や光熱費、施設維持費など様々なお金がかかってきます。会員の方全てに幸せな結婚をしていただくために、人件費や店舗維持費がかかってくる。結果結婚相談所の料金が高くなってしまう、というわけなのです。

結婚相談所ではどのような料金がかかるのか

では、結婚相談所で活動をすると具体的にどのような料金が発生するのでしょうか。各結婚相談所によって様々ですが、通常必要となる料金について解説していきます。

入会金・登録料

入会金・登録料を合わせて「初期費用」と呼ばれています。入会金は入会手続きに必要な料金。審査や会員書類の保管などの費用です。登録料は加盟している連盟・団体への登録手続き、その他必要な登録手続き、プロフィールの作成、システム利用の手続きなどにかかる料金のことを指します。

月会費

毎月かかる会費です。月会費を払うことでマッチングや問い合わせ対応、カウンセリングなどを行なうことが出来ます。早く成婚すれば安くて済みますし、長く活動すると自ずと料金は上がっていきます。

お見合い料

マッチングしたお相手と会う際に発生する料金。お見合い日時・場所の調整、緊急連絡対応、お見合い終了後の意向確認、連絡先の確認などに使われる料金です。

コンサル料(相談料)

婚活をスムーズに行なっていくために必要なサポートや情報提供、相談などにかかってくる料金。発生しない結婚相談所も最近では少しずつ増えてきています。

成婚料

交際後、成婚退会する際に発生する成功報酬です。データマッチング型の結婚相談所よりも、仲人型結婚相談所のほうが採用されている確率は高めです。料金の安い・高いも結婚相談所によってまちまちです。

違約金

結婚相談所の中には、最低活動期間が定められていることがあります。その期間を待たずに退会すると違約金が発生することも。また、交際中に同棲や宿泊を含む旅行、性的関係になってしまった場合なども違約金が発生する場合もあります。

結婚相談所の料金を安く抑えるコツ

ここまで結婚相談所の仕組みや料金についておさらいし、様々な料金がかかることが分かりました。ではどうすれば料金を安く抑えることができるのでしょうか。

それはズバリ「結婚相談所のタイプを変えること」です。例えば、店舗を持っている結婚相談所の場合、どうしても料金が高くなってしまいがち。そこで、店舗を持っていない結婚相談所「オンライン型結婚相談所」を検討してみてください。エキサイト結婚相談所、ichieYahoo!結婚コンシェルプランなどがオンライン型結婚相談所として挙げられます。そして、「エン婚活エージェント」もオンライン型結婚相談所。

通常、店舗型の結婚相談所だと1年間活動した場合25万〜60万円かかると言われています。例えば、初期費用だけでも10万円以上かかることも珍しくありません。一方、オンライン型結婚相談所のエン婚活エージェントなら入会員9,800円と月会費月会費12,000円のみ。お見合い料や成婚料など、その他の費用は一切かかりません。

しかも、オンライン型結婚相談所でもサービスの質は落ちません。店舗がないと質が良くないイメージがありますが、相談をする際に対面ではなく電話・メールでのやりとりになるだけ。紹介人数やお見合い日時・場所の調整、本人確認などは大手結婚相談所と比べても遜色が無いのです。

さらに、電話・メールでの相談スタイルですから、相談に乗って欲しい時にいつでも相談することができるのです。対面で相談する場合は予約を取らなければならず、しかも希望日時を取れるとは限りません。

少しでも料金を安くしたいのならば、ぜひオンライン型結婚相談所を選んでみてはいかがしょうか。まずはエン婚活エージェントの資料請求をしてみてください。満足のいく婚活ができるよう、全力でサポートをいたします。

結婚相談所を無料でサービス体験

新宿(東京本社)のエン婚活エージェントで無料相談を

コラム一覧に戻る

登録料・月会費を1円もいただかないことをお約束します
登録料・月会費を1円もいただかないことをお約束します

※当サービスでは、活動開始後2ヶ月以内に88%の人が出会えています。
※全額返金保証については条件があります。規約を必ずご確認ください。

エン婚活エージェントをはじめる
無料サービス体験はこちら

サービス体験でできること

エン婚活エージェントでは、安心して活動をはじめていただくために、
入会前の不安や悩みが解消できる様々な無料コンテンツをご用意しています。

求婚者チェッカー

あなたと結婚したい人が何人いるかわかります。

お試し検索

自分の希望条件に合った人が何人いるかわかります。

パーソナル活動プランニング

あなただけの婚活計画を作成します。

結婚価値観診断

あなたの行動価値観を診断します。

PAGE TO TOP