エン婚活エージェントは、来店不要の結婚相談所。
以下はサービス対象エリアのご案内です。

コラム

2018/03/08

【40代からの婚活】諦めるのはまだ早い!結婚相談所の活用法

40代からの婚活は、決して簡単ではありません。男女ともに晩婚化が進んでいる時代とはいえ、年齢を重ねるほどに独身の異性との出会いは減るばかり。「理想の相手を追い求めるうちに40代」「仕事や趣味に没頭し、恋愛経験が少ないまま40代」という人も、「40代でバツイチだけど再婚したい」という人も、20代・30代の頃とは婚活の難易度が全く違います。

それはわかっているけれど結婚したい! 一生独身ではいたくない! とお思いなら、ご自身の状況にピッタリ合った婚活サービス、中でも「結婚相談所」をフル活用することが結婚への近道です。

とはいえ、ただ利用するだけで結婚ができるわけではないことには注意を。婚活市場における40代の立ち位置をふまえて “40代だからこそ”の婚活必勝法を紹介します。

「50歳まで1度も結婚しない人」は急増中

「生涯未婚率」という数字をご存知ですか? これは、生まれてから50歳までの間に“1度も結婚したことがない”という人の割合です。2015年の国勢調査の結果では、生涯未婚率が男女ともに急上昇。過去最高となりました。詳しい割合とその背景を、男女別に見てみましょう。

女性の生涯未婚率は14.06%

女性の生涯未婚率は、2015年の調査時点で14.06%。つまり、約7人に1人は50歳まで1度も結婚していないということです。さらに「40代」だけの未婚率にフォーカスすると、40歳~44歳の女性の19.1%、45歳~49歳までの女性の15.3 %が未婚。40代女性の未婚率は、この5年間で3~4ポイントも上昇しています。

それでは、「40代の未婚女性」のうち、その後結婚できる人はどれくらいいるのでしょうか? その割合は決して高くなく、一般的には数パーセント~十数パーセントといわれています。

大きな理由は、40代の女性は現実的に「妊娠・出産」が難しくなるためです。同世代の40代の男性は「子どもをつくること」を考え、若い世代を結婚相手に選びがち。40代以上の女性は、同世代やそれより若い世代の男性の射程圏内には入りにくく、どうしても結婚が難しくなっていくのです。

「未婚の40代女性」の特徴

ひとくちに「未婚の40代女性」といっても、タイプは様々。それによって婚活サービスの活用法は変わってきます。本気で結婚したいなら、まずは結婚しなかった理由・結婚できなかった理由を見つめましょう。

  •  「理想の人を探して迷走」タイプ

容姿は、職業は、年収は、と様々な条件にこだわっているうちに、結婚適齢期を過ぎてしまうタイプ。歴代彼氏とはなかなか結婚に至らず、妥協しはじめた頃には周りは既婚者ばかり、という状況になりがちです。

  •  「結婚よりも自己実現!」タイプ

女性の社会進出が進み、増えてきているのがこのタイプ。20代・30代のうちは「今は仕事に集中しよう」「叶えたい夢がある」と忙しく過ごしていたら、男性と縁遠いままに40代になっていた……という人たちです。

  •  「勘違い系・元モテ女」タイプ

20代の頃には様々な男性から声がかかったため、“私はモテる” と自信を持っているタイプ。その頃の感覚が忘れられず、40代になっても相手から声がかかることを待っていると、なかなか結婚相手に巡り会えません。

  •  「ダメ恋愛をズルズル」タイプ

20代・30代の頃に、「結婚する気がない彼氏」や「家族のいる男性」との交際にハマってしまったタイプ。長い年月を費やして、気づけば“結婚相手候補”がいないままに歳を重ねてしまうパターンです。

いかがでしたか?
少しでも「コレは自分」と感じることがあれば、その根っこを絶つことを考えて婚活を進めていきましょう。

男性の生涯未婚率は23.37%

対する男性の生涯未婚率は、2015年の調査で23.37%という結果に。実に、約4人に1人が未婚です。40代に絞ると未婚率はさらに上昇。40歳~44歳の29.3%、45歳~49歳の25.2%が未婚という結果が出ています。

こうした40代の独身男性のうち、その後結婚できる人の割合はというと、同世代の女性に比べれば高めです。その理由は、男性は年齢が上がることで収入や社会的地位も上がる傾向にあるためでしょう。20代・30代の女性でも、40代以上の男性と結婚するケースは少なくありません。

しかし、結婚相手になる女性と自然に出会うのが難しい年代であることは確か。出会いの機会を作り、結婚につなげる努力は必要です。

「未婚の40代男性」の特徴

男性についても、結婚しない・結婚できない方に特徴をピックアップ。まずは、ご自身の現状をしっかり把握しましょう。

  •  「日常に出会いが少ない」タイプ

技術職や研究職などをはじめ、男性が多い職場で働いてきた人に多いタイプです。日々仕事に打ち込み、女性との出会いがほとんどないまま20代を終え、30代を終え……未婚のまま40代となりがちです。

  •  「少年の心を失わない自由人」タイプ

自分のことが一番で、「趣味にお金を使いたい」「拘束されるのがイヤ」と考えがちな自由人タイプ。恋愛は楽しんでも、結婚を視野に入れずに過ごすうちに、女性から“結婚相手” として見られなくなるパターンです。

  •  「あれもこれも譲れない」タイプ

結婚相手や結婚後の生活に関して「ああしたい、こうしたい」と理想を掲げてばかりで、なかなか結婚に踏み切れないタイプです。年齢を重ねるうちに、さらに理想が高くなっていくこともあります。

  •  「無意識のうちに上から目線」タイプ

仕事で成功したり、人をまとめるようなポジションに立ったりすると、無意識のうちに「上から目線」になりがち。自慢話や説教めいた話は、生涯のパートナーを探している女性からはけむたく思われてしまいます。

……思い当たることはありましたか?
「まさに自分だ」と感じたら、原因を解消することを念頭において、この先をお読みください。

40代に最適な婚活サービスは結婚相談所

ただ出会いを待っているだけで結婚できない、ということは多くの人が感じていらっしゃると思います。
そんな中、真剣に結婚したいと考える40代の人の多くが、婚活サービスを利用しています。今は、上司や親戚の紹介による「お見合い」より「婚活サービス」のほうが一般的と言えるでしょう。街コンや婚活パーティー、婚活サイト、結婚相談所など種類も豊富です。

中でも、40代の人にオススメしたいのは結婚相談所。代表的な婚活サービスの特徴を比較すると、ご納得いただけるはずです。

合コン・街コンは非効率

結論から言うと、合コン・街コンは結婚につながりにくいもの。一度でも参加したことのある方なら想像がつくかと思いますが、合コン・街コンの参加者が探しているのは「飲み仲間」「恋人」で、結婚相手を探しにくる人は少数派です。「1対1」の関係にもなりにくく、関係を深めるのは難しいでしょう。

なお、人数合わせや遊び感覚で参加している既婚者の男性もいますので、女性は特に注意が必要。男性の場合は、女性よりも多めに会費を払ったのに、結局はワイワイ楽しく飲んだだけでおしまい……ということにもなりがちです。いずれにしても、効率の良い婚活とは言いにくいですね。

そもそも、40代になると合コンのセッティング自体が難しいものです。街コンならセッティングは主催者任せですが、参加者は20代~30代前半が中心のため、少数派の40代は話が合わない可能性が高いでしょう。

「せっかく参加したのに次につながる出会いがゼロだった」「まず相手にしてもらえなかった」という合コン・街コンばかりにエネルギーを使うのは、非効率です。

婚活パーティーは向き・不向きあり

婚活パーティーは、合コン・街コンよりは「結婚」に近づきやすいサービスです。参加者は、多かれ少なかれ結婚を意識しています。「40代以上限定パーティー」や、仕事や趣味などの共通点を持つ人だけが集まるパーティーなら、結婚相手の圏内に入りやすい人も多いかもしれません。

ただ、人によって「向き・不向き」があります。婚活パーティーは、限られた時間で自分をアピールし、相手についても知らなくてはならないためです。

男性の場合、場を盛り上げるトークが得意な人や、女性に人気が高い職業の人には向いています。女性の場合も、自分をアピールしたり次の約束を取り付けたりすることが苦でない、積極的なタイプの人には向いているでしょう。ただ、人見知りしやすい人や、異性へのアプローチが苦手な人には、あまり向いていないのです。

婚活サイト・アプリは期待薄

婚活サイト・アプリは、オンラインで完結するマッチングサービス。合コン・街コンや婚活パーティーのように、すぐに異性と顔を合わせる必要はありません。

気楽にはじめられることはメリットですが、その反面、ユーザーの真剣度が低いというデメリットもあります。本人確認の証明書提出が必須ではない婚活サイト・アプリの場合は、サービスの信頼性も高くはないでしょう。本気で結婚相手を探す人にとっては、あまり期待がもてないサービスです。

また、婚活サイト・アプリを利用者は大半が20代・30代前半が中心。自分で検索してアプローチするタイプのマッチングがメインですから、年齢や顔写真で選びがちです。若い頃はモテていた人でも、40代になればやはり20代・30代の頃とは違います。若い人が多いサイト・アプリ内では、年齢や顔写真を見ただけでスルーされてしまうこともあるのでしょう。

加えて、もし誰かと上手くマッチングができても、その後もこまめにメッセージのやりとりを続けなくては、なかなか関係は深まりません「話の合う人と出会えるか」「連絡する時間帯が合う人か」といった条件が揃わないと、交際や結婚だけでなく、会うまでも進みにくいでしょう。

結婚相談所なら効果的

いくつかのサービスを検証してきましたが、「結婚」にこだわるなら、やはり結婚相談所が効果的。登録しているのは「結婚したい」と考える人のみで、身元も保証されています。そして、サービスの内容自体が「結婚相手と出会うための支援」に特化している点が大きなメリットでしょう。

自分自身で相手を探すだけではなく、求める条件にあった人を紹介してもらう仕組みなら「忙しくて出会いの場に行く暇もない」「出会いの機会はあっても空振りばかり」という心配はなし。もちろん「年齢だけを理由に相手にされない」ということも、ありません。

さらに、コンシェルジュのサポートが多岐にわたる点もメリットです。

「理想が高すぎて良い相手が見つからない」という人も、「相手に求める条件の整理」を手伝ってもらえば、現実的な婚活をスタートできるでしょう。「異性とのコミュニケーションに苦手意識がある」という人も、「アプローチの仕方」についてアドバイスをもらえば、自信をもって交際に進めるはずです。

20代・30代の頃とは違って、相手が見つかりにくく、上手く交際が進まない……。そんな40代の方こそ、結婚相談所のサービスが効果的だと言えます。

悩める40代のための結婚相談所の選び方

結婚したい、でも上手くいかない。そんな状況を抜け出すために必要なのは、「自分を変えること」と「自分に合った結婚相談所を活用すること」です。状況や悩みに合わせて、作戦を立てていきましょう。

結婚できない理由は「自分」にあると考える

婚活が上手くいかない理由を、心のどこかで「自分以外のこと」に押し付けていませんか? たとえば「周りの見る目がないから」「まだ良い人に出会えていないだけだから」と。しかし、自分自身は意外と完璧ではないものです。たとえ20代・30代の頃にモテたとしても、それは“若さ”が理由だったのかもしれません。

いま一度、40代になった等身大の自分を見つめ直してください。もし、若い頃と同じ理想を掲げたままだったり、若い頃と同じやり方で出会いを求めていたりするのなら、まずはそこから変えてみましょう。

結婚相手に求める条件を考え直す

結婚相手の候補となるターゲットを、不用意に狭めてはいませんか?

男性ならば、「20代の女性がいい」「婚姻歴のある女性はイヤだ」といった考えはオススメしません。

20代の女性は婚活市場で最も人気がある層。彼女たちは、同世代の男性はもちろん、40代以上の男性からも数多くアプローチを受けています。つまり、男性を選び放題なのです。そんな中で、40代以上の男性を選ぶ女性は決して多くはないでしょう。若い女性だけに狙いを定めていては、相手にされない可能性が高いのです。

反対に女性ならば、「職業」「年収」などの “スペック” だけにこだわっている人は要注意。

さらにその上で、「同世代がいい」「自分より若いほうがいい」「50歳以上の男性は絶対にイヤ!」と年齢まで絞ったりしているのなら、対象者は非常に少なくなります。ただでさえ、男性は年下の女性を求める傾向が強いのですから、“片思い状態” ばかりになってしまうでしょう。

40代の婚活は、20代・30代の頃とはまったく違うのです。

その認識をもち、今まで「圏外」だと思っていた人も結婚相手候補の「圏内」として考えてみましょう。結婚相談所なら、コンシェルジュから客観的なアドバイスを受けつつ「相手に求める条件」の整理もできます。

「どうせ結婚できない」と諦めない

結婚相手に対して高い理想を掲げすぎるのも禁物ですが、逆に「どうせ結婚できない」と諦めてしまうのも良くありません。巷では「40代以降で結婚できる人の割合は1%台」と騒がれることもあります。しかし、真剣に婚活に取り組んだ人であれば、40代以降に結婚できる割合はその20倍以上とも言われているのです。

婚活に対して弱腰になっているとしたら、その理由と向き合ってみましょう。

  •  40代を超えると、男女ともに誰からも相手にされないのでは?
  • バツイチ・子持ちの40代では、再婚相手は見つからないだろう。
  • 長いこと恋愛をしていないから、異性との関係の深め方が分からない……。
  • 仕事もあるし、婚活のためだけに時間をつかえるわけではない。

婚活中の40代の人が抱きがちなのは、上記のような不安や悩みです。もし、同じような思いを抱えているとしたら、決して少数派ではありませんのでご安心を。こうした不安や悩みの解決もできるのが、結婚相談所なのです。

不安や悩みを解決しやすい結婚相談所を選ぶ

結婚相談所は全国に1000社以上あります。有名な大手だけに絞っても複数社。婚活を成功させるためには、これらの中から「自分の不安や悩みを解決しやすい結婚相談所」を選ぶことが重要です。下記に、注目すべきポイントをご紹介します。

  • 紹介してもらえる会員の人数は安定しているか

必ず「会員の絶対数」だけで選ばないでください。

大手結婚相談所は会員総数が5万~6万人に上りますが、その中に活動休止をしている人を含む場合もあります。また「月の紹介人数」を約束していない結婚相談所では、安定した紹介を受けられない可能性も。40代になると、20代・30代と比較してマッチングは難しいですから、紹介数が不安定な結婚相談所では婚活がストップしてしまいかねません。比べるなら「安定して紹介してもらえる人数」です。

  • コンシェルジュ(仲人)のサポートは手厚いか

結婚相談所の特徴は、コンシェルジュ(仲人)がいること。とはいえ、そのサポートの範囲は様々です。

・一緒に、成婚までのプラン(婚活プラン)を考えてくれる
・プロフィール作成や希望条件の設定など「婚活準備」の段階から親身になってくれる
・お見合い(コンタクト)の日程調整や、お相手との連絡を代行してくれる
・ファッションやヘアスタイルなどのアドバイスをもらえる
・希望のお相手と交際が不成立だったときにサポートしてくれる

など、何にどれだけ力を入れているかは結婚相談所によって異なります。中には、一部のサポートが有料になる結婚相談所も。ご自身の不安や悩みにあわせて、最も頼りたい分野のサポートが充実している結婚相談所を選びましょう。

なお、サポートのタイミングや頻度にもバラつきがありますので、ご注意ください。

・予約の上で店舗に来店して相談する
・電話やメールでの相談、来店しての相談、どちらもOK
・電話やメールでの相談のみだが、対応時間が長い

といった種類があります。

「対面でじっくり相談したい」という方は、来店型がオススメ。「仕事が忙しい」「困ったときにすぐ頼りたい」という方は、電話やメールでの相談ができるスタイルのほうが良いでしょう。

  • 自分と同じような会員の数・成婚実績は多いか

40代の人の場合、特に見逃してはならないポイントです。

40代以上の会員数と活動数、また、40代以上の人が成婚した実績がどれだけあるのかは、必ず確認しましょう。また、「婚姻歴がある」「子どもがいる」という点が不利にならないか気になる方は、そういった方の成婚実績があるかどうかを確認することもお忘れなく。

大手結婚相談所であれば、ネット上でも「会員情報」や「成婚実績」として詳細データを公開しているところが多いので、じっくりチェックしてみてください。

40代の成婚実績が豊富な「エン婚活エージェント」

40代以上の人にも「毎月6名以上の紹介」をお約束している、エン婚活エージェント。「40歳を過ぎたら結婚相談所でも結婚できないと思っていた」という人も、成婚退会を叶えています。これまでの成婚実績の一部と、成婚退会された会員様の声をご紹介します。

40代以上の成婚実績

【男性】49歳・個人事業主【女性】36歳・家事手伝い
【男性】47歳・研究職  【女性】35歳・大学講師
【男性】53歳・会社役員 【女性】47歳・事務職
【男性】41歳・営業職  【女性】40歳・販売職
【男性】44歳・技術職  【女性】43歳・看護師
【男性】52歳・研究職  【女性】43歳・事務職

「コンシェルジュがいたから成婚できた」(43歳・女性)

上手くいかずに挫けそうになることもありましたが、良い方に出会えたときは怖がらずに積極的に行動したことと、不安なときには担当コンシェルジェに相談してアドバイスをいただいたことで、成婚退会できました。結果が出ずに焦りや不安を感じても途中で逃げ出さなかったのは、コンシェルジュの存在のおかげです。

「他社でダメでも、エン婚活エージェントなら……」(41歳・男性)

活動レポートのページで課題と具体的な打ち手などが明確になり、続ける意味があると感じました。婚活サイトも他社サービスを色々使いましたが、エン婚活エージェントはコストと紹介精度の面で、一番良かったと感じています。

「相手にされないかと思いきや、10ヶ月で成婚」(48歳・男性)

正直、相手にされないと思っていました。でも、50名以上の方をご紹介いただいて、その中から3名もの方と交際まで進めました。48歳でも、入会から10ヶ月で成婚退会できたのには驚いています。

「エン婚活エージェント」で40代の成婚実績が豊富な理由

①会員に占める40歳前後の人の割合が多い

エン婚活エージェントでは、他の結婚相談所とも連携してお相手をご紹介。紹介可能人数は2万人近くに上ります。中でも40歳前後の会員様が多く在籍しており、男性会員様は35歳~49歳が7割弱、女性会員様は35歳~49歳が5割弱。アラフォー世代は、エン婚活エージェントにおいては決して少数派ではないのです。

また、婚姻歴がある方も一定数活動されています。「初婚ではないから相手が見つからない」といった心配もありません。

②毎月6名以上の紹介を保証している

エン婚活エージェントでは、独自のマッチングシステムで「毎月6人以上のご紹介」をお約束。これは業界内でも最高水準です。また、この「毎月6人」にプラスして、最大10人までは自分からアプローチもできます。もちろん、お約束する人数が年齢によって減ることはありません。

③専任コンシェルジュのサポートが充実

コンシェルジュのサポートは、無料・無制限です。活動スタート時には一緒に婚活プランを作成し、成婚まで伴奏。「紹介してもらった人に会うかどうか」「コンタクト(お見合い)でどんな話をしたらいいか」など、ちょっとした相談にも親身なアドバイスをもらえます。「恋愛から遠ざかっていた」という人も、安心して活動していただけるでしょう。

また、電話やメールで都合の良い時間に相談できるのも、オンライン完結の結婚相談所であるエン婚活エージェントの特徴。仕事などの事情でまとまった時間がとれない人でも、婚活を続けていけるようにサポートしています。

「エン婚活エージェント」で成婚を叶える40代の人の特徴

最後に、エン婚活エージェントで成婚退会された方々のデータから「婚活が上手くいく40代の人の特徴」をご紹介します。

  • 困ったときには自分から相談ができる
  • 素直にアドバイスを聞くことができる
  • 柔軟に自分を変えていくことができる

ポイントになるのは、この3点。

まず、婚活の中で悩んだり困ったりしたら、すぐにコンシェルジュに助けを求めることが、成婚に近づく第一歩です。そこで「プロフィールの内容を変えてみては?」「お見合いのときの服装をこうしては?」といったアドバイスを受けたら、まずは素直に参考にしましょう。そして、考え方や行動を柔軟に変えてみるのです。

……些細なことでも、相手からの反応は予想以上に変わるもの。自分の考えだけに固執せず、結婚相談所のコンシェルジュと二人三脚で婚活を進めていくことが、「40代からの結婚」への最短ルートなのです。

結婚相談所を無料でサービス体験

新宿(東京本社)のエン婚活エージェントで無料相談を

コラム一覧に戻る

登録料・月会費を1円もいただかないことをお約束します
登録料・月会費を1円もいただかないことをお約束します

※当サービスでは、活動開始後2ヶ月以内に88%の人が出会えています。
※全額返金保証については条件があります。規約を必ずご確認ください。

エン婚活エージェントをはじめる
無料サービス体験はこちら

サービス体験でできること

エン婚活エージェントでは、安心して活動をはじめていただくために、
入会前の不安や悩みが解消できる様々な無料コンテンツをご用意しています。

求婚者チェッカー

あなたと結婚したい人が何人いるかわかります。

お試し検索

自分の希望条件に合った人が何人いるかわかります。

パーソナル活動プランニング

あなただけの婚活計画を作成します。

結婚価値観診断

あなたの行動価値観を診断します。

PAGE TO TOP