コラムColumn

2017/02/06

新たな出会いが待つ場所は?いま注目したい婚活トレンド6選

3H (2)

婚活パーティーや街コンなどの定番イベントはもちろん、2017年は出会いの場がますます拡大中! 出会いのスタイルはさまざまで、共通の趣味から始まる趣味コンや、シングル同志が集まるバーやシェアハウスなど自分に合った企画が選びやすくなっています。2016年から話題となっている相席居酒屋をはじめ、2017年に注目したい婚活のトレンドを紹介しましょう。

まだまだ注目の「相席」イベント

1B

2017年もまだまだ盛り上がりを見せる「相席居酒屋」。テレビや雑誌でも多く紹介され、地方にも同様の店舗が増えていきました。

企画された婚活パーティーとは違い、ランダムな相手と気軽に出会えるのが魅力のひとつ。合コンのように人数集めをする必要もなく、少人数で気楽に集まれるのも手軽です。スケジュールに縛られず、自分たちだけで盛り上がれる相席居酒屋での婚活は、2017年も盛り上がりが予想されます。

とはいえ、お酒を飲む場所でもある居酒屋では、アルコールが苦手な人や飲まない相手を探している人にとっては利用しづらいところ。そうした人たちに向けて、新たに企画され注目されるのが、「相席カフェ」です。

「相席カフェ」では、ソフトドリンクやスイーツの食べ放題を楽しめるため、お酒を飲めない人にぴったり。さらにカフェ内では、求める条件をリストバンドで提示し、目的を明確にできます。「婚活中」「恋人募集」「友達探し」など、色分けされたリストバンドから、より希望に合った相手と出会える仕組みになっています。

相席居酒屋のようにお酒に酔ってしまう姿を見せることもなく、気軽にティータイムを楽しめる「相席カフェ」は、これからより拡大しそうですね。

居酒屋?カフェ?休みが合う相手と出会うために

相席居酒屋はお酒を飲むということもあり、主に夜の時間帯で人が集まります。一方、相席カフェの場合、日中から夕方にかけての利用が多い傾向にあるようです。こうした利用する時間帯の違いも、婚活ではチェックしたいポイント。

お酒やスイーツといった食べ物の好みだけでなく、自分のライフスタイルに合った相手を探せることで、デートの時間も想定しやすくなります。居酒屋もカフェも、本来は日常の延長にある飲食店のはず。無理なく参加できる場所や時間帯で選びたいですね。

じっくり大人の出会いを求める人に「婚活バー」

1C

一般的に、婚活イベントではグループ同士での出会いがほとんどです。もし、一対一のお見合いスタイルを求めているのであれば、「婚活バー(シングルスバー)」がおすすめです。

女性は基本的に無料で利用できるうえ、にぎやかな居酒屋とは異なり、落ち着いた空間でじっくり話せるのがうれしいところ。大人が集まる場所として提供された場なので、マナーが悪い人は退出させるといった配慮もあるようです。

また、バーの基本スタイルとして、時間ごとにスタッフが空いている異性につないでくれるところもポイント。騒がしい場所が苦手な人や、パーティーに参加しても異性に声をかけるのが苦手という人でも、ストレスなく出会いを楽しめますね。

多くの場合、婚活バーは会員制になっているため男女ともに登録が必要です。手間はかかりますが、無職の男性は登録できないなどの条件を設けているところもあり、相手の身元がはっきりしていることも大きなメリットといえるでしょう。

ますます広がる「趣味コン」イベント

1D

同じ趣味を持つ相手を探す趣味コンも定着しつつありますが、より細分化されたイベントが増えています。2017年のトレンドとして、これまで隠してきたようなニッチな趣味も取り上げられ、オープンな婚活イベントとして広がるかもしれません。

コスプレもあり!オタク限定婚活

すでに多くのイベントが開催されている、アニメや漫画、ゲームといった趣味に没頭する人のためのオタク限定婚活。好きな作品、ジャンル限定のコスプレ婚活や、さらにディープなところではドルオタ(アイドルオタク)や同人作品のファンなど、オタク層を分けたイベントも増えています。趣味の話題に集中するために、マスク着用でのパーティーも企画されているのだとか。

好きな作品や傾向をオープンにすることで、よりニッチな相手と出会える機会が広がりますね。オタク限定のマッチングサイトも増え、今後はオタク婚活もますます広がりそうです。

静かな雰囲気で自然な出会いが期待できる「寺社コン」

お寺や神社、仏像などに興味を持ち、寺社巡りが好きな人のための婚活「寺社コン」。シングルの男女が集まって特定の寺社が行う特別公開を観に行ったり、神話や講話を聴いたりするというイベントです。

一緒に写経を行うといった企画もあり、会話以上に相手が見えてくるかもしれません。落ち着いた雰囲気のなか、ツアーに参加している気分で自然な出会いが期待できそうです。

少人数でのマッチングも。定番の料理合コン

料理好き、食べるのが好きな人のための婚活として、もはや定番ともいえるのが「料理婚活」です。一緒に料理をすることで、相手の性格も見えやすくなります。

これまでは大規模なグループイベントが多かったものの、近年は少人数で開催される傾向があります。料理の内容もランチメニューから、パン作り、お菓子作りに加え、アウトドアで燻製やBBQを楽しむところもあります。同じ料理合コンでも、方向性が違えば出会える人も変わりそうです。

猫好きにはたまらない「ねこんかつ」

猫好きが集まる「ねこんかつ」も注目のトレンド。猫カフェを利用した婚活パーティーで、目の前で遊ぶ猫を話題にすれば、会話も尽きないはず。犬派の人には、犬好きのための婚活イベントも企画されています。

自然は必見の「婚活ウォーキング」

飲んだり食べたりするのではなく、自分の身体を動かしながら、アクティブな婚活を求める人には「婚活ウォーキング」はいかが? 参加費もかからず、健康にも役立って一石三鳥! 自然のなかで、散歩気分で話せば、すぐに相手と打ち解けられるかもしれませんね。

「婚活シェアハウス」ってどうなの?

1E

テレビでも紹介され話題となった「婚活シェアハウス」をご存知でしょうか?

独身の男女が、出会いを前提に住まいをシェアするという企画です。普段の生活そのものが婚活になるというメリットがある反面、相手を選べない、すぐには出ていけないといった不安点もあり、慎重に選択したいところ。

こうしたシェアハウスは地方には少ないものの、これから広がっていく可能性もあります。生活そのものをさらけ出すシェアハウスは、メリットとデメリットを理解したうえで、利用したいですね。

定番の「婚活パーティー」も変わらぬ人気

1F

真剣な出会いの場として定番中の定番ともいえる「婚活パーティー」ですが、まだまだ出会いの場としては根強い人気があります。大手の結婚相談所などが、新たに婚活パーティーを企画し始め、参加者層も増えているのだとか。

その他の婚活企画も活用しつつ、定番のパーティーもチェックしておきましょう!

これからの「マッチングアプリ」は選べるスタイルに

1G

地方や、同じ地域での出会いに強いのが「マッチングアプリ」です。スマートフォン利用者が拡大するなかで、マッチングアプリ登録者は増加傾向にあるようです。

さまざまなアプリがある中で、2017年に注目したいのが、女子完全主導として、女性側が積極的にアプローチできるアプリでしょう。2016年にスタートした「ポイボーイ」や、海外で注目される「Bumble」など、攻めたい女子と、待ちたい男子をマッチングするとして話題を集めています。

なかなか連絡が取れない場合や、出会いの機会が少ないように感じたら、女性から積極的に動けるアプリを活用してみてはいかがでしょうか?

自然な自分でいられるイベントに参加しよう

1H

婚活イベントは次々にジャンルが広がり、趣向を凝らした内容が増えています。自分が自然体で過ごせるような場所や企画内容をチェックしながら、新しい出会いを求めていきましょう。2017年のトレンドも試しつつ、定番のアプリやパーティーも同時進行でチェックしてくださいね。

 

参考サイト:

コラム一覧に戻る

10月1日(日)までの入会で、Amazonギフト券1万円分を対象者全員にプレゼント!

※12月1日時点でエン婚活をご利用中の方が対象です。

コラムページTOPへ
こいとり|今を楽しく!毎日を、笑顔に!アラサー女子向け恋愛メディア

エン婚活の詳細資料を
メールでお送りいたします。

※ご入力頂いた情報は、弊社の「プライバシーポリシー」にご同意いただいたものといたします。

close
PAGE TO TOP