コラムColumn

2016/12/12

お見合いから交際に発展したときに気をつけること

12-2

お見合いで意気投合し、見事、交際に発展したものの、どのように交際を進めていけばいいのか・・・と不安で悩むものですね。

それは大抵、お互いに同じ不安を感じているもので、ずっと受け身でいても進んでいくようであれば楽な交際ですが、なかなかそううまく進展するものではないです。相手のアプローチを待ち過ぎずに、好印象を持ったなら、女性側からも積極的に行動しても良いのです。

ここでは、お見合い交際の進め方についてのコツや、悩んだ時に、どうすればいいか?など、具体的に挙げてまとめています。

お見合い後、交際の進め方はどのようにしたらいいのかな?

お見合いが好印象で交際に発展したら、お互いの連絡先を交換しましょう。その後「ファーストコール」は、連絡先交換から、なるべく間が空かないように速やかに電話をし、連絡を取るようにしましょう。

そして次に会う予定を決める展開になりますが、初デートの予定は、なるべく間隔が空かないように、近々に会えるように決めましょう。初デートの期間が開きすぎると、相手は「自分は軽く見られているのかな?」「もしかしたら複数の人と交際していて忙しいのでは?」などと、疑心暗鬼になりかねないものです。

交際期間ってどれくらいなの?

結婚相談所での交際期間は、大体3ヶ月と言われています。その短い期間で、お互いを知り、デートを重ね、結婚相手に相応しいかを判断力しなくてはなりません。漠然と一緒にいて同じ時間を過ごすのではなく、しっかりと相手の事を見極め、運命の人かを見極めましょう。

考え過ぎて、慎重になり過ぎているうちに、時間は刻一刻と過ぎていくものです。恥ずかしがったり、相手の出方を待ったりするばかりでなく、素の自分をさらけ出して相手に向き合うことで、初めて相手に「自分」という人間がどういう人間か伝わります。

その上で断られる展開になるのは仕方のないことですし、それが分かっただけでも、今回の交際は意義があったというものです。 

デートの場所って、どんなところかな?

付き合い始めて間もない頃というのは、1回1回のデートがこれからの交際を左右する、とても大事なものになるので、しっかりと計画を立てて、できるだけ毎回、刺激的な時間になるように心がけましょう。

毎回会って食事するばかりでなく、どちらかの趣味を一緒に楽しんでみたり、二人ともが、あまり体験したことのないレジャーにチャレンジし、日常と少し違った刺激的な体験を二人で共有したりするのも良いことです。自然と一体感が芽生え、これからの二人にプラスとなるはずです。

受け身になるのではなく、具体的にデートの内容や場所を提案してみると、自分に好意を持ってくれている・・・と相手の自信につながり、どんどん向き合ってくれるようになるでしょう。

交際中の悩み・・・進まない!どうしたらいいの?

交際していて、よくある悩みは「進展しない」ということです。例えば、仕事などでどうしても会う機会を持てなかった場合、相手からすると、どうでもいい存在なのかと軽く見られているような気持ちになるものなのです。

1回のデートに長い時間をとれなくてもいいので、どうにか仕事の終わりの時間などをやりくりして、できるだけ小まめに会うようにし、メールや電話などをして、誠意を持ってしっかりと対応するように心がけましょう。人は繰り返し接すると、好感度や印象が高まると言われています。

メールや電話は、朝の挨拶や1日の終わりのリラックスタイムなどに、ちょっとした連絡を取ると親近感が沸くものです。でも、何事もやり過ぎは禁物です。相手が負担に思うような長文メールや回数が限度を越えたものは避けましょう。

交際中の悩み・・・価値観が合わない!どうしたらいいの?

価値観が合う人同士の結婚は長続きすると言われることがあります。確かに価値観が似ている人というのは、一緒に行動していても違和感が少ないですから、長い時間を一緒に過ごしても負担に思わず、友人になりやすいものです。

でも、友人になりやすい人が結婚相手に向いているかどうかは、はっきりと分かっていないのが現状です。人間は性質上、自分と異なる人に魅力を感じ、惹かれていくという性質があります。違うことが新鮮、もっと知ってみたいと思ううちに理解が深まり、自分の人生の幅が広がることもあるのです。
価値観が違うな、なんだかずれてきたなと思ったとしても、話しをする中で、お互いの意見を尊重しあって乗り越えていけるかもしれません。

ですので、もし、交際中に、この人とは価値観が違うと思ったからといって、すぐにお別れしてしまうのは避けた方がいいでしょう。

とは言え、根本的に、人生観が合わないと感じたりする相手との関係は長く続きませんので、早めに決断するのも大事かと思われます。

結婚へ踏み切る「決め手」って、どういったこと?

「結婚」とは、人生これから先、長く共に過ごしていくことですから、相手に対し、自分が納得できるいくつかの決め手が必要になります。

例えば、容姿やセンスが好みであることは重要です。条件が良いからといって、生理的に受け入れられない人と、ずっと一緒にはいることができません。

性格面では、自分に厳しくても他人に寛容な姿勢を持った優しい人、誠実であること、家庭的であること、責任感があることなどが大事ですね。

また、本当の自分を見せて無理なく一緒に過ごし、そんな自分を大切に思ってくれる相手であり、自分もその相手のことを大切にしたいと思えることが重要です。

コラム一覧に戻る

10月1日(日)までの入会で、Amazonギフト券1万円分を対象者全員にプレゼント!

※12月1日時点でエン婚活をご利用中の方が対象です。

コラムページTOPへ
こいとり|今を楽しく!毎日を、笑顔に!アラサー女子向け恋愛メディア

エン婚活の詳細資料を
メールでお送りいたします。

※ご入力頂いた情報は、弊社の「プライバシーポリシー」にご同意いただいたものといたします。

close
PAGE TO TOP