コラム

2016/12/27

アラフィフ(50代)からの婚活で求められるもの

30-1

懸命に駆け抜けてきた足を緩め、自分の人生をもう一度見つめてみる。アラフィフとはそんな年代ではないでしょうか。

遥か未来のことだと思っていた「老後」も、気が付けばそう遠くないところまで近づき、パートナーのいない人にとっては、残る人生このまま一人で生きていくのかと改めて考える機会も多くなります。心の底ではパートナーを求める気持ちがあっても、「いまさら…」と二の足を踏んでいる人も多いはず。

けれど、人生80年。まだまだ続く未来の為に、あと一歩踏み出してみませんか?

ここでは、アラフィフの婚活事情とアラフィフが婚活を成功させ、思いやりに満ちた素敵な結婚生活を送る為のポイントをご紹介します。

人生いろいろ~アラフィフ婚活の特徴~

アラフィフになると20代、30代のように日常生活の中で出会い、自然な流れで結婚に至るケースはほとんどなくなってしまいます。

つまり、結婚したいと望むなら「自分から動く」=「婚活」が必然となってくるのです。

また、それまで仕事一筋で来た初婚の人もいれば、離婚経験者、配偶者と死別した人、子どものいる人、いない人、高齢の両親を抱える人など様々な人生を歩んでいる人がいるのもアラフィフの特徴です。

そんな中で様々な条件を付けていては、時が過ぎていくばかり。自分の中のハードルを下げることで結婚のチャンスを広げることができます。

プライドの鎧を脱いで素敵な女性に

これまで仕事一筋だったアラフィフ女性の中には、プライドを持ってお仕事をされている方も多くいらっしゃると思います。ですが、そのプライドを婚活に持ち込み、職種や地位や年収など相手に求める条件を多く出せば出す程、相手探しに苦労することになります。

また、結婚後も同様に仕事を続けたいと望むことは婚活にとってはマイナス要素となる場合があります。多くのアラフィフ男性は妻になる女性に仕事のキャリアを求めてはいません。「二兎を追うものは一兎も得ず」。結婚を本気で望むなら、これまでのキャリアを手放す覚悟も必要です。

アラフィフ女性が幸せな結婚生活を手に入れるために

アラフィフ女性が婚活で押さえておくべきポイントは、男性側の婚活の目的を見極めることです。

婚活をする男性の中には、老後の家政婦や介護士の代わりとしてパートナーを探している人もいます。夫婦は支えあって生きていくべきですが、婚活の段階から自分の世話をしてもらうことを目的にしているような人と一緒になっても苦労することは目に見えています。

アラフィフ女性が婚活で探すべきは、自分と価値観が似ていて、どれだけ長く一緒にいても安らげる男性。アラフィフ世代になると若い頃よりも更に相手の価値観に合わせることに疲れてしまうので、最初から価値観の似ている人を探しましょう。

自分が変わればチャンスは広がる

これまで結婚の機会が無かったアラフィフ男性の中には、結婚相手の条件を30代の頃と全く変わらないまま「子どもも欲しいし、20代の可愛らしい女性」などとしている人もいると思います。

けれど、20代の女性にしてみればアラフィフは父親世代なのです。自分がアラフィフであることを踏まえ、結婚に何を求めるかを再確認し、今の年代に合った相手を探すことで出会いの確率は上がるでしょう。

また、男は仕事、女は家庭といった固定観念を捨て、相手の気持ちを尊重できる寛容さを持つことも今の時代には必要不可欠です。

アラフィフ男性が幸せな結婚生活を手に入れる為に

一人暮らしが長く、家事もこなしてきたアラフィフ男性の中には炊事・洗濯・掃除に独自のセオリーを持っている人がいます。また、お金や時間も自分の都合に合わせて使うのが当たり前。

けれど、自分のルールにすべて従ってくれる相手などいるわけがありませんから、一度すべてをリセットする位の気持ちを持ちましょう。

結婚するということは、一方的に自分の要求を相手に付きつけるのではなく、お互い、話し合い、譲り合うことが大切です。

そういった意識を持つことが婚活を成功させ、その後も幸せな結婚生活を持続させる力となるでしょう。

自分にあった婚活方法を活用して

アラフィフの婚活方法は、アラフィフならではの広い人脈で知人に紹介してもらうという場合を除くと、インターネットを使ったネット婚活や婚活パーティー、結婚相談所などが主となります。

ただし、20代や30代に交じって参加しても相手にされず肩身の狭い思いをするだけなので、同世代が多く利用しているものを探すと良いでしょう。

プロフィールから知りたい人はネット婚活、実際に多くの人に会いたい時は婚活パーティー、婚活のプロの意見を聞きながら相手を選ぶなら結婚相談所がオススメです。

子どもがいる相手との再婚での注意点

アラフィフの婚活では男性、女性、双方に離婚歴があり、子どもがいるということも多くなります。幼い子ども・成人した子ども、同居・別居いろいろなケースがありますが、子どもがいる場合、結婚は二人だけの問題ではありません。子どもに対する配慮が欠けることの無いよう、しっかりと話し合うことが必要です。

別居していても養育費を払っている場合もあり、それは家計に直結する問題です。また、将来的に相続が発生した場合のことを考え、遺言等のトラブルを防ぐための準備も必要となってくることは覚悟しましょう。

コラム一覧に戻る
コラムページTOPへ
こいとり|今を楽しく!毎日を、笑顔に!アラサー女子向け恋愛メディア

エン婚活の詳細資料を
メールでお送りいたします。

※ご入力頂いた情報は、弊社の「プライバシーポリシー」にご同意いただいたものといたします。

close
PAGE TO TOP