コラムColumn

2017/01/22

告白を成功させよう!

53

婚活において告白は一大決心です。特に女性は、自分から積極的に告白することを躊躇してしまう人も少なくありません。
婚活は、結婚を望む男女が出会いを求めて行っています。そのため、婚活での告白は将来の約束を交わしているも同然と思われ、「告白」をとても重く感じてしまうことも。告白に踏み切れない人や、気軽に告白を受け入れることができない人もいます。ですが、実は婚活での告白も、恋愛の告白と大差はありません。
確かに結婚を意識している者同士のため、将来についての話をするタイミングは早く訪れます。しかし、告白時に結婚を押し付ける人はいません。
婚活でも、恋愛でも、相手をよく知りたいという思いからの告白です。婚活中に気になる人が現れたら、迷わず告白しましょう。

もちろん、告白のタイミングや告白のシチュエーションは大切です。では、どのように告白すればいいのか、見てみましょう。

婚活中の告白のタイミングとは

婚活をしていると多くの男性と知り合うことができます。それは、婚活中の男性も同じです。気になる相手を見つけても気持ちを伝えずにいると、他の女性に先を越されてしまいます。

では、婚活中に気になる相手を見つけたら、どのタイミングで告白をすればいいのでしょうか。

婚活は、機械によるマッチングや婚活パーティなど様々な場所に出会いを求めることができます。知り合ったその場で告白はできません。まずは、連絡先を交換し、次につなげられるようにします。
そして何度か連絡を取り合ううちに、2人で会う約束をします。2人きりでのデートは婚活イベントとは異なり、より相手と親密な時間を過ごすことができます。
婚活の情報サイトでは、婚活中の告白は早めに簡潔が鉄則とされていて、こうした2人きりのデートの3回目がベストタイミングと言われています。しかし、デートの回数を重ねればベストタイミングになるわけではありません。相手との距離感も大切にしましょう。

告白待ちをするためには

気になる相手を見つけても全員が積極的に告白できるわけではありません。自分から告白できない場合は、相手からの告白を待ちましょう。しかし、ただ待つだけが告白待ちではありません。告白をするほとんどの人は、「脈あり」だと感じた相手に告白をしています。そのため、相手に自分の気持ちをなんとなく知らせることが必要です。告白を待っていることを相手に気付かせ、告白させるのです。

それでは、男性は女性のどのような行動から、『脈あり』だと感じるのでしょうか。例えば、自分だけが特別だと感じた時です。女性が男性に「あなただけ」と内緒の話や相談話などを持ちかけてきた時に、男性は「自分は特別かも」と感じます。そのため、気になる相手には仕事や友人関係など、内容の濃い相談をしてみましょう。また、それを口実にデートに誘うなど、2人の時間を持つことで、より「脈あり」だと感じさせることができます。

女性からの告白はあり?

「告白は男性からするもの」という概念が昔から蔓延り、未だに女性からの告白は、「肉食系」、「ガツガツしている」と言われやすく消極的な女性が大勢います。
特に、婚活女性は結婚を意識しているため、傷つくことを恐れて告白を躊躇ってしまうことや告白につなげることができず、結果的に悩み続けています。しかし、告白をするのに性別は関係ありません。大切なのは、結婚相手を見つけ、お互いの気持ちが通じ合えばいいのです。
男性は、女性から気持ちを伝えられることを喜びます。一般男性を対象にしたアンケートでは、「自分から告白をしたい」と答えた人は全体の10%にも及びませんでした。逆を言うと、女性からの告白に対して90%近くの男性が「あり」と考えているということです。
告白をするタイミングは、男性に心構えを持たせてからにするのがおすすめです。相手を「意識している」ことを自然と感じさせて告白しましょう。

告白される女性になろう!

婚活では多くの異性と知り合う機会があるため、気持ちを伝えることがとても大切です。告白される女性の魅力は、見た目だけではありません。では、告白されやすい女性とは、どのような女性でしょうか。男性に告白される「告白されやすい女性」になりましょう。

①男性には隙を見せよう
隙を見せるという言葉だけではあまりいい印象を持てませんが、男性が誘いやすいような雰囲気を持つことが大切です。相談や悩みを打ち明けたり、連絡を気軽に取り合うような距離感を持つことで男性に対するガードを緩めましょう。男性は、自分が入り込む隙を見つけられなければ諦めてしまいます。相手の言うことを聞く都合のいい女ではなく、相手の行動に反応をする女性になりましょう。

②特別感を与えよう
男性のことを特別に思いましょう。自分のことを気にかけてくれる人に対して嫌な気持ちになる人はいません。また、そう思う相手を自然と気にし始めます。気持ちを行動で表すことで男性が告白しやすくなります。

③女性らしさを感じさせよう
男性が女性に対して抱く、「守ってあげたい」という感情を刺激しましょう。女性らしいか弱さや仕草で意中の男性に女性らしさをアピールしましょう。

告白を保留するときの注意点は?

婚活中に受けた告白を保留する場合は、いくつかのリスクがあります。婚活では結婚を意識しているため、長く返事を待ってくれる人は少ないです。
そのため、男性からの告白を保留するときは、いくつかのことに注意しましょう。

まず、告白を保留した理由を整理しましょう。保留の理由は様々ですが、結婚相手として認識できない場合は遠慮せずにしっかり断るようにしましょう。

その他、気持ちの整理がつかなかったり、男性に対して気になることがある場合は、告白の保留期限を決めた上で、返事をする意思があることをしっかりと伝えましょう。
保留は、相手によって断られたと感じる人もいます。結婚相手として見られる相手なら、離れないように繋ぎ止めましょう。
また、告白を保留した途端に態度を変えることはいけません。それまでと同じような距離感で接することを心がけてください。

コラム一覧に戻る

10月1日(日)までの入会で、Amazonギフト券1万円分を対象者全員にプレゼント!

※12月1日時点でエン婚活をご利用中の方が対象です。

コラムページTOPへ
こいとり|今を楽しく!毎日を、笑顔に!アラサー女子向け恋愛メディア

エン婚活の詳細資料を
メールでお送りいたします。

※ご入力頂いた情報は、弊社の「プライバシーポリシー」にご同意いただいたものといたします。

close
PAGE TO TOP