コラム

2017/01/15

婚活に結婚相談所を利用するメリットとデメリット

60

婚活の頼もしい味方として「婚活サイト」、「婚活パーティ」、「結婚相談所」が挙げられます。それぞれにメリット・デメリットはありますが、本気で早く結婚までたどり着きたいのなら「結婚相談所」に頼ることがおすすめです。結婚相談所はアドバイザーやカウンセラーなどと呼ばれる婚活のプロが、出会いから交際、成婚に至るまで、アドバイスやサポートをしてくれます。

恋愛経験があまりなく、異性とどう接していいのかわからないという人にはとても心強いことでしょう。また、ある程度高額な会費が発生することから、登録しているのは真剣に結婚を望んでいる人と思っていいでしょう。あなたも、結婚相談所のメリット・デメリットを良く知って婚活に役立てて下さい。

結婚相談所のメリット①出会いのチャンスを得られる

「いい出会いがない…」。それは、結婚を望みながらも独身でいる多くの人が男女問わず抱えている共通の悩みです。婚活の最終目的は結婚ですが、そこに至る手段として重要なのは、出会いの機会を増やすこと。

大規模なお見合いパーティに参加すれば、それだけで多くの人と出会うことができますし、結婚相談所に登録すれば、膨大なデータの中から自分の条件に合っている人をピンポイントで紹介してもらうことができます。しかも、そこで出会う人たちは皆、結婚を意識して参加しているのです。つまり、婚活を始めると早い段階で、結婚への第一関門「出会いの機会」を得られるというメリットがあります。

結婚相談所のメリット②出会いから結婚までをしっかりサポート

これまでの人生であまり異性と接する機会が無かった人の中には、異性と二人きりになっても何を話せばいいのか分からない、自分の何をアピールすれば相手に魅力的に映るのか分からない、という人も多いのではないでしょうか。
日常生活の中ではそういったことを学ぶ機会がほとんどありませんが、結婚相談所はあなた担当の専門スタッフが、異性との出会いから、交際・結婚に至るまでのすべての過程であなたをサポートしてくれます。

具体的には……

①「あなたの魅力を相手に伝えるためサポート」
第三者の視点であなたの魅力を見つけてくれるので自信を持つことができます。

②「理想の相手に会うためのサポート」
あなたの理想をしっかり聞き取って柔軟に相手を探してくれます。

③「結婚に至るまでのサポート」
交際期間中も困ったことがあればよき相談相手となってくれます。

結婚相談所のメリット③自分に合った出会い方ができる

結婚相談所には「仲人型」と「マッチング型」大きく分けて二つの相手探しの方法があり、それぞれの相談所によって得意とする方式が違います。仲人型は婚活者の希望に基づいてコーディネーターが相手を探し、お見合い形式で会うことになります。全てはコーディネーターの手腕にかかっているといっても過言ではないので、まずは信頼できるコーディネーターに出会えるかが成功への第一歩です。

また、自分で細かく条件を設定し相手を絞り込みたい場合には「マッチング型」がいいでしょう。ただし、あまり条件を高く設定しすぎると出会えなくなるので注意が必要です。一方、社交的な人なら結婚相談所主催のパーティなどに参加すれば、一挙に出会いの機会が増えるでしょう。会員限定のパーティなら真剣に結婚相手を探している人ばかりなので安心です。

デメリットはお金がかかること

最大のデメリットは費用がかかること。婚活サイトは登録時に数千円、パーティも一回数千円なのに対し、結婚相談所は登録時に数万~十数万、月会費としても数千円~一万数千円などの会費が発生することが一般的で、更に結婚に至ることができた場合、成婚料を支払う場合もあります。

そして、それだけのお金を払っても、結婚できる確立は100%ではありません。婚活期間が長期に及ぶと、経済的な負担が増えるのはもちろん、精神的にも焦りや不安が大きくなり、時には自信をなくしてしまうことがあるかもしれません。適度にリフレッシュしながら、無理のないように結婚相談所を活用してください。

費用に困ったらオンライン結婚相談所を

コーディネーターのアドバイスや、希望条件のマッチングに魅力を感じていても、負担費用が多すぎると結婚相談所を諦めてしまう方もいらっしゃいます。そこでオススメなのがオンライン完結型の結婚相談所です。

サービスは一般的な結婚相談所と同等ですが、コーディネーターへの相談などが全てオンライン完結のため、費用がグッと手を付けやすい価格帯になっていることが特徴です。オンライン完結なため、店舗への訪問が必要なく、忙しい方にもオススメです。

エン婚活とは

 

スタートダッシュが肝心!

金銭的にも精神的にもあまり負担をかけずに婚活を成功させるためには、スタートダッシュが肝心です。まずは、自分にあった結婚相談所を探すこと。サポート体制や出会えるチャンスがどれくらいあるのか、また、登録者の年代や成婚率などを比較しながら、実際に話を聞いて全幅の信頼がおける結婚相談所に登録しましょう。

そして、いざ活動を始めたら、アドバイザーのアドバイスには真剣に耳を傾け主体的に行動します。結婚相談所に登録して失敗する人には、誰かが結婚させてくれるのを待っている受け身の姿勢の人や、自分が全て正しいと信じ、せっかくのアドバイスを受け入れる余地のない人などが多く見られます。

ゴールや区切りは最初に決めておきましょう

婚活のゴールは結婚ですが、結婚は人生のゴールではありません。むしろ、人生の新たなるステージのスタートです。婚活中、「この人しかいない!」と運命を感じる出会いがあればそれに越したことはありませんが、現実的に、ドラマチックな出会いがそう必ずあるとは限りません。

理想に近い相手に出会えた場合、何を決め手に結婚に向けて動き出すのか、また、残念ながら結婚相談所の力を持ってしても理想の相手に出会えない場合、どこで区切りをつけるか、あらかじめ自分の中でルールを決めておくと、判断をせまられた時も感情に流されることなく、最良の決断が下せるかもしれません。

コラム一覧に戻る

8月27日(日)までの入会で、Amazonギフト券1万円分を対象者全員にプレゼント!

※11月1日時点でエン婚活をご利用中の方が対象です。

コラムページTOPへ
こいとり|今を楽しく!毎日を、笑顔に!アラサー女子向け恋愛メディア

エン婚活の詳細資料を
メールでお送りいたします。

※ご入力頂いた情報は、弊社の「プライバシーポリシー」にご同意いただいたものといたします。

close
PAGE TO TOP