コラム

2017/04/19

結婚したいなら登録すべき?婚活サイトのメリットとデメリットとは?

婚活サイトはネットで異性と知り合える便利なサービス。しかし、まだまだ知られていない部分が多く、婚活をすすめたい人にうまく活用されていない場合もあります。

「婚活サイトで本当に出会いがあるの?」「ネットの出会いは怖くない?」と登録に不安を感じている人へ、婚活サイトのメリットやデメリットを紹介します。

婚活サイトってどんなもの? 

婚活サイトとは、結婚相手を探すための情報サイトのこと。本気で結婚したいと思っている異性を年齢や年収などで検索して調べて、自らアプローチすることが出来るサービスのことです。

大人になると、自然な出会いを見つけるのは難しいもの。人づてのお見合いや合コンでの相手を探すことはもちろん可能ですが、一度に出会える人数は限られており、参加に時間もお金もかかってしまいます。しかし、婚活サイトなら、登録すれば好きな時間にサイトで相手を検索できる手軽さが人気で、婚活サイトのサービスや登録人数は年々増加しています。

「ネットの出会いは怖い」という意見もありますが、それはリアルの出会いでも変わりません。変な人や危ない人はネットでもリアルでも同じくらい存在します。「婚活サイトが怖い」という偏見は捨てましょう。

婚活サイトのメリット、デメリットは?

婚活サイトのサービスにはメリットやデメリットがあります。登録する前に一度確認しておきましょう。

メリット

婚活サイトの最大の魅力は手軽にはじめられること。忙しくても好きな時間にスマホやパソコンで婚活をすすめることができます。そして、会費を払えば払うほど本気で結婚したい人がたくさん集まるサイトに登録でき、検索で条件を絞るなどの追加のサービスを受けられるため、合コンや知り合いの紹介などよりも効率よく自分に合った人が見つけられます。

さらに、ネット婚活で実際に100人以上の相手と会った『はじめての「ネット婚活」 幸せになるための最短ルート』(幻冬舎)によると、ネットの方がいい相手に出会える確率も高くなるそうです。

 

“こんな統計も出ています。

婚活アプリを使っている男性は、いってみれば「時代の最先端」にいるわけですから、主体的で積極的な人がほとんどです。新しいものに抵抗感がないので、柔軟性を備えている方も多いと思います。”

(『はじめての「ネット婚活」 幸せになるための最短ルート』(幻冬舎)P31より抜粋)

 

著者の方は男性の登録者について述べていますが、ここに書かれている「婚活アプリを使う人は積極的で柔軟性を備えている」という内容は女性にも当てはまります。お互いに気が合えばスピーディーに結婚までこぎつける可能性も高いでしょう。

また、先ほど「変な人や危ない人に合う確率はネットもリアルも同じくらい」と述べましたが、しっかりした運営企業の婚活サイトであれば本人証明者の提出が義務づけられているので、簡単には自分を偽って登録することができません。そのため中途半端に遊びが目的の男性や既婚者の登録が減り、現実よりもいい出会いにめぐり合う確率が高くなります。

デメリット

ごくまれにですが、中には登録料だけとって、アクティブに活動していないユーザーばかりのサイトがあったります。また、本人証明書などが義務付けされていないサイトもあり、婚活詐欺などの悪質な出会いの場にもなったりしているため注意が必要です。あまり怖がりすぎるのもよくありませんが、相手やサイトに変な部分はないか常識の範囲で判断するようにしましょう。

そのほか、サイトに登録した直後は一気に数人からメールが来て、さばききれずに疲れてしまうケースもあります。気になる相手にだけ返事をするなど、自分のペースですすめるようにしましょう。

登録のコツや登録後のすすめかたは?

婚活サイトはただアンケートのように名前や趣味を入力してはいけません。プロフィールの登録や登録後のすすめかたには少しコツが必要です。

ここでは、異性に声をかけられる確率を高めるためのポイントを紹介します。

プロフィール写真のありなしで閲覧数が変わる。ポイントは笑顔

プロフィール写真の登録が必要なサイトなら、必ず登録すること。写真がないだけで検索されない場合もあるからです。また、写真の加工は明るさや肌色の調整など多少ならはOKですが、10年以上前の写真を登録するなどの行為はNGです。実際に会ったときにすぐにバレてしまうので意味がありません。

また、プロフィール写真には履歴書のような硬い表情や、お見合い写真のような真面目な写真を登録する必要はありません。むしろバッチリとしたキメ顔よりも、あなたが自然に笑っている写真の方が「飾らない気さくな人」という印象を与えるので声をかけられやすくなります。

たとえば知り合いのfacebookのプロフィール写真でも、くしゃくしゃな笑顔の写真の人の方が話しかけやすいのではないでしょうか。顔に自信があってもなくても、笑顔の写真で登録することをオススメします。

こまめにログインすることがポイント

婚活サイトは登録してからが本番です。男性や事務局から連絡がきた場合はすばやく返事をし、自分からも登録している異性に目当ての人がいないか、すすんで情報収集しましょう。

先程も紹介した書籍によると、婚活サイトにはこまめにログインすることが異性の目にとまるポイントだそうです。

 

“こまめにログインしていると、検索されたときに検索結果で上位に表示されやすくなります。その結果、多くの男性の目にとまり、お申し込みの数が増えるというわけです。

とくに、たくさんの男性がサイトにログインする土日は、意識してこまめにログインするようにしましょう!”

(「はじめての「ネット婚活」 幸せになるための最短ルート」(幻冬舎)P81より抜粋)

 

いくら条件のいい人でも、最後のログインが2週間前などしばらくアクセスしていない場合はあまり良くない印象を与えてしまいます。「この人はあまり婚活に熱意が無い」「連絡をしても気づかれにくい」と思われがちなので、候補から外される可能性が高くなります。

自分から相手を探すときも、なるべく“積極的に結婚相手を探している”というイメージが強い、ログインが新しい人を中心に検索するようにしましょう。

まずは登録。信頼性の高いサイトを選ぶことが重要

婚活は行動しなければ始まりません。まずは婚活サイトを探して登録しましょう。

婚活サイトのサービスは世の中にたくさんありますが、月のアプローチ数が決まっているサイトから、登録者数が多くてもアクティブに動いているユーザーが少ないサイトまで玉石混交です。選ぶ基準としては、登録に本人証明書などの提出が必要なサイトがオススメ。なぜなら手間がかかるぶんサクラも少なく、それだけ本気で結婚したい人が集まるからです。

また、サイト自体も大手の会社が運営しているサービスであれば信頼できるでしょう。

 

より”効率”かつ”安全性”を求めるならオンライン結婚相談所という選択も

これまでご紹介してきた婚活サイトは、「自らアプローチ」が必須です。そのため、メールスキルなどアタック力や、肩書、見た目などプロフィール面の充実も少なからず影響してきます。

そこでオススメしたいのがオンライン結婚相談所。婚活サイトと違って、専門スタッフが付き、ご希望条件や価値観に合った方のご紹介や、アドバイザーに相談ができたり、婚活には直接結びつかなくても自分磨きなどの学びが体験できたりと人間的に成長もできるサービスが用意されていることが魅力です。

さらに結婚相談所ということもあり、本人証明書に加えて、独身証明書や年収証明書の提出も必須となり、「出会った人が既婚者だった」「年収を偽っていた」ということもありません。

結婚相談所に登録している男性と、婚活アプリに登録している男性の年収を比較すると、ネット婚活をしている男性のほうが圧倒的に好条件だというのです。”

(『はじめての「ネット婚活」 幸せになるための最短ルート』(幻冬舎)P31より抜粋)

というように、入会審査が厳しい分、本気な人が多いと言えそうです。

エン婚活とは

 

 

参考:

はじめての「ネット婚活」 幸せになるための最短ルート(幻冬舎)

私、ネットお見合いで結婚しました。(自由国民社)

コラム一覧に戻る

8月27日(日)までの入会で、Amazonギフト券1万円分を対象者全員にプレゼント!

※11月1日時点でエン婚活をご利用中の方が対象です。

コラムページTOPへ
こいとり|今を楽しく!毎日を、笑顔に!アラサー女子向け恋愛メディア

エン婚活の詳細資料を
メールでお送りいたします。

※ご入力頂いた情報は、弊社の「プライバシーポリシー」にご同意いただいたものといたします。

close
PAGE TO TOP