コラム

2017/05/02

婚活とは一体なんだ!?幸せになるために覚えておきたい基礎知識まとめ

テレビやインターネットでよく見かける「婚活」という言葉。結婚相手を探している方にとって、人生を左右する大切な活動といえます。しかし、いざ婚活を始めるといっても、実際にはどんなことをすればよいのか分からないという人も。幸せな結婚生活へと導くためにも、「婚活」とは何か、そして、その基礎知識について学んでおきましょう。

 

「婚活」とは

婚活とは、「結婚活動」を略したもの。結婚相談所や結婚情報サービス会社などに登録し、結婚相手を積極的に探す活動のことを指します。

 

この言葉は、就職活動を「就活」と略することから生まれた造語で、家族社会学者の山田昌弘教授と少子化ジャーナリスト・白河桃子さんが提唱しました。20083月に刊行された両者の著書『「婚活」時代』をきっかけに知れ渡るようになり、2008年、2009年と2年連続で流行語大賞にノミネートされるほど大きなブームを巻き起こしました。

「アラフォー」を中心に始まった婚活の動き

2008年の流行語大賞は、40歳前後の女性のことを表す「アラフォー」で、当時、多くのマスコミがこの世代を婚活の対象者として取り扱いました。そのきっかけは、同年に放送されたドラマ『Around 40~注文の多いオンナたち~』。主役の天海祐希扮する聡子が結婚相談所に入会し、お見合いをしたり婚活パーティーに参加したりしたことから、アラフォー世代を中心に婚活への意識が高まりました。

婚活が生まれたのはなぜ?婚活が増えてきているのはなぜか?

 

恋愛結婚が主流の現代において、時流に反するように生まれた婚活。なぜ人々は婚活を求めるようになったのでしょうか? その答えは未婚率の上昇に潜んでいます。

日本では、未婚率の上昇が深刻な問題となっており、3034歳の男性の未婚率は1990年には33%でしたが、2010年には47%にも増加。約半数の男性が未婚という事態に陥りました。同年代の女性も1990年には14%だった未婚率が、2010年には33%にまで昇る結果に。男女ともに未婚率の上昇が続いたことから、世間の関心が集まるようになりました。

未婚率の上昇には、時代の流れによる社会の変化が関わっているようです。かつての日本はお見合い結婚や職場結婚が主流でしたが、女性の社会進出やライフスタイルの多様化、不況などの影響から結婚への意識が変化したと考えられます。こうした社会背景が「結婚しない」という選択肢を選ぶ人が増えた理由といえるでしょう。

婚活なら結婚のメリットが感じられる

仕事や環境を理由に、結婚へと踏み切れない人にとって、婚活はとても理想的な活動。理想の条件と合致した異性に出会い、ライフスタイルに合わせた結婚を実現しやすいためです。恋愛結婚の場合、収入や職業、家庭環境など条件面で満足した相手と結ばれるのは簡単ではありません。しかし、婚活なら条件面で納得できる相手と合理的に出会えるため、結婚を渋っていた多くの人たちから支持されるようになりました。

混同すると失敗しやすい!?「婚活」と「恋活」の違い

 

婚活中に陥りやすいのが、「恋活」と混同して失敗するケースです。恋活とは、婚活の浸透がきっかけで生まれた言葉で、恋愛活動のこと。結婚を前提としておらず、あくまで恋人を探すことを目的とした活動です。

婚活と恋活の決定的な違いは、そのゴール。婚活は結婚、恋活は恋愛をそれぞれのゴールとしており、両者は主旨が異なります。婚活をする人のなかには、恋活と混同してしまう人が少なくありませんが、恋愛を主軸に置いてしまうと当初の目的がかすんでしまいがちに。婚活の動機であったはずの条件をおろそかにしてしまったり、ずるずると情に引きずられてしまったりして、理想の結婚を叶えにくくなる可能性があります。

違いをわきまえてスマートな活動を

婚活は結婚を第一目的とするため、スマートな活動が可能です。結婚を前提にした人同士が出会うので、互いに合わないと感じた場合は情や未練に振り回されることなく次の相手探しに進むことができます。婚活と比べて恋活は成就しやすく、ついそちらに気持ちが向いてしまうことがあるかもしれません。「結婚」がゴールであることをしっかりと意識し、混同しないように注意しましょう。

婚活で利用したい主なサービス

 

婚活をするのであれば、最適な出会いを探すためにも、婚活専門のサービスを利用しましょう。婚活のサービスには、主に、婚活サイト、結婚相談所、婚活パーティーの3つがあります。それぞれの特徴をみてみましょう。

婚活サイト

パソコンやスマートフォン、タブレットなどを用い、FacebookTwitterのようなSNS感覚で利用できるサービス。アプリを使ったサービスもあり、インターネットを通じて理想的な異性を探し、コミュニケーションを図ることができます。

本気で結婚したいなら登録すべき?婚活サイトのメリットとデメリットとは?

 

結婚相談所

アドバイザーに相談しながら理想的な相手をマッチングしてもらえるサービス。ヒアリング、活動計画の作成、会員の紹介、お見合いなどの流れを通じて、結婚までの道のりを直接的にサポートしてもらえます。

婚活に結婚相談所を利用するメリットとデメリット

 

婚活パーティー

婚活中の男女を集めてパーティーを開催するサービス。一度に複数の異性と出会えるだけでなく、結婚相談所よりもリーズナブルに利用できます。いわゆる街コンや趣味コンなども婚活パーティーに含まれます。

それぞれの違いを覚えておくと、自分にあったサービスを選ぶことができます。しかし、いずれのサービスにもメリットとデメリットがあります。納得できるものを選ぶためにも、より詳しい違いを覚えておきましょう。

生活や予算、性格に合わせて最適なサービスを

婚活サービスを選ぶうえで基準にしたいのが、生活や予算、性格に合うかどうか。これらを踏まえて無理なく続けられそうなものを選びましょう。

手軽にできる婚活サイト

婚活に役立つサービスは主に3つあり、その中でも忙しい方でも無理なく続けやすいのが婚活サイト。移動中や就寝前などすき間時間にSNS感覚で利用できるため、自分のペースでストレスなく続けられます。他のサービスよりライトな料金体系も魅力的です。お見合い前にコミュニケーションをとることができるので、フィーリングの良さそうな人に絞って会うこともできます。

 

手厚いサポートの結婚相談所

短期集中で婚活を進めたいなら、結婚相談所を選ぶのも一つの手。入会金や登録料、月会費、成婚料などが必要となり、年間費用は3040万円程度が相場とされています。3つのサービスのなかで最も高額ですが、そのぶん手厚いサポートを受けることができます。結婚相談所に通うための時間も確保しなければならないので、本格的な婚活を検討している方におすすめです。

 

また、忙しく結婚相談所に通うのが大変という方には、オンライン結婚相談所がオススメ。オンライン上でプロに相談したり、マッチングシステムを利用したり、動画講座を受けたりすることも可能です。自宅にいながら結婚相談所さながらのサービスを受けられるので、婚活を合理的に進めることができます。

オンライン結婚相談所「エン婚活」とは

 

効率的に出会いを得られる婚活パーティー

職種や年齢、地域、趣味などを限定したパーティーが各種開催されるので、理想にあった複数の異性と一度に出会うことができます。多くの参加者とコミュニケーションをとることができるので、プロフィールだけでは分からないフィーリングも判断しやすいでしょう。社交的な方、グループでの交流が好きな方にも適したサービスです。

後悔のない結婚のために理想的な婚活を

結婚は人生最大の決断です。後悔のない結婚をするためにも、納得できる婚活サービスを選びましょう。予算や生活、性格などによって満足度は変わりますので、無理なく快適に続けられるものを選ぶことが大切です。理想的な婚活で、幸せな未来をつかみましょう!

 

 

参考サイト:

コラム一覧に戻る
コラムページTOPへ
こいとり|今を楽しく!毎日を、笑顔に!アラサー女子向け恋愛メディア

エン婚活の詳細資料を
メールでお送りいたします。

※ご入力頂いた情報は、弊社の「プライバシーポリシー」にご同意いただいたものといたします。

close
PAGE TO TOP