コラム

2017/01/10

婚活女性の片思いは自分の気持ち次第

55

片思いを経験したことがありますか?相手が自分に興味がない場合や相手に好きな人がいる場合など、片思いでも様々な状況があります。
「恋愛は片思い期間が楽しい」なんて言葉もよく聞きますが、大人になるにつれて片思いに余裕がなくなってしまうことがほとんどです。大人になってからの片思いは、自分の気持ちを素直に伝えることの難しさや相手の気持ちを考えた遠慮などが先に立ち、片思いが苦痛になってしまうことがあります。
特に、婚活をしている女性にとっての片思いは、結婚を意識していることから、より一層悩みが尽きません。両想いになれるように積極的に行動するべきか、別の人を探して身を引くべきなのか、またそのタイミングも難しいものになります。

大人になってからの片思いは。どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

婚活で出会った男性に片思いをしたら

婚活では片思いすることは珍しくありません。婚活イベントでは、様々な異性と知り合うことができるからです。
では、もし婚活で出会った男性に片思いをしてしまったらどうすればいいのでしょうか。
まずは、男性の恋愛対象・結婚相手の候補に入ることです。婚活イベントでは限られた時間の中でしか話すことができないため、共通点や共通の趣味などを探し、連絡先を交換しましょう。

婚活の片思いには種類があります。相手に他に気になる女性がいる場合、自分が候補に入っていない場合、関係が発展しない場合などが考えられます。
片思いの相手にどのように接すればいいのか、見ていきましょう。

行動で彼に意識させよう

まずは、男性に自分を恋愛対象・結婚相手として意識させることが必要です。そのためには、彼に自分の気持ちを勘付いてもらうために行動で示しましょう。男性は、女性に好意を持たれて嫌がることはありません。積極的に彼に近づきましょう。

例えば、連絡や誘いを頻繁にしてみるのも手です。2人きりの時間をしっかりとることで関係を築きます。その中で、彼だけにする相談や悩みを話し、積極的に彼を頼ります。男性は女性に頼られると「守りたい」という気持ちが働くので、その心理を活用します。
また、ボディタッチなど体を近づけることで彼のパーソナルスペースに入り込みましょう。

メールを使って彼に意識させよう

婚活で出会い連絡先を交換したら、デートまではメールや電話が主なツールになります。そのため、メールの中にも気持ちを勘付かせるような内容を織り込みましょう。また、連絡を途絶えさせないように工夫することもポイント。ここでの注意点は、彼に対する質問攻めや返信を催促するような内容はNGということです。また、自分の気持ちばかり押し付けるような内容では、相手の気持ちが冷めてしまいやすいので、相手のことを考えた内容にしましょう。メールはあくまでコミュニケーションの一環です。その先のデートにつなげることを考えましょう。

人にもよりますが、メールが得意でない男性は、返信が遅くなったり、返信をしない場合もあります。返しやすいようなフランクなメールを送り、関係を忘れないように継続させることが大切です。

相手との距離感を大切にしよう

婚活で知り合う男性が全員近くに住んでいるとは限りません。遠距離も珍しいことではないのです。

では、遠距離の婚活は、どのように相手と接すればいいのでしょうか。
遠距離の問題は、会いたい時にすぐに会えないことです。特に片思いをしていると、相手の生活や行動が気になるものです。しかし、距離が遠いからと言って頻繁すぎる連絡はよくありません。メールや電話だけで関係を深めようとするのではなく、会った時のことを考えた距離感を維持しましょう。
相手に忘れられないような、でも気になるような絶妙な距離感が、遠距離婚活の理想です。適度な連絡と会える時間を優先的につくり、定期的に会いに行けるようにしましょう。
どうしても会えない場合は、適度な連絡で気持ちを表し、彼に存在を気にかけてもらえるようにしましょう。

将来のことを意識しよう

婚活では、最終的に結婚を目標としている人がほとんどです。それは、遠距離でも同じことですが、遠距離ではどちらかの住んでいる地域で一緒に住むのか、また別居婚になるのかは2人次第です。
以前は、女性が男性側に嫁ぐことがメジャーでしたが、今では結婚にも様々な種類があり、結婚の形も変わってきています。そうした中で、結婚後の生活が一致することは大きなポイントになります。
例えば、男性側が女性に「引っ越してきてほしい」と言った場合、見知らぬ土地に越していくことができるのでしょうか。そうした覚悟も遠距離では必要です。

将来のことを一緒に考えられることが、遠距離恋愛では欠かせないのです。

片思いは自分の気持ちを大切に

片思いは相手のことを考え、相手を思う時間が多くなりますが、そんな自分の気持ちを大切にしましょう。
婚活において片思いは珍しいことではありません。自分にとって必要な相手であれば、駆け引きをしながら、相手に自分のことを考えさせましょう。

婚活では、自分の結婚という目標に近づくために、自分が損をしないように行動することも必要です。もちろん、好きになる相手と結婚することがゴールですが、結婚はタイミングも重要です。
時間を費やしたからといって、タイミングを逃してしまい、チャンスを遠ざけてしまった場合もあるでしょう。
片思いの相手を振り向かせることが重要なのか、他の相手を探すことが必要なのか、決めるのは自分自身です。
後悔しないように、自分の気持ちに正直な片思いをしましょう。

コラム一覧に戻る
コラムページTOPへ
こいとり|今を楽しく!毎日を、笑顔に!アラサー女子向け恋愛メディア

エン婚活の詳細資料を
メールでお送りいたします。

※ご入力頂いた情報は、弊社の「プライバシーポリシー」にご同意いただいたものといたします。

close
PAGE TO TOP