コラムColumn

2017/02/20

出会いがないけど、結婚したい!30代女性が結婚する方法

7アイキャッチ

まだ結婚はしなくてもと仕事に打ち込んでいるうちに30代になり、そろそろ結婚をと考えはじめる人が昨今では少なくありません。ところが、30代の婚活はなかなか順風満帆とはいかないことが多いようです。今回は、「出会いがない」と「いい人がいない」という婚活の悩みに焦点をあわせてご紹介します。

悩み1:出会いがない!

7B

真剣に結婚相手を探そうとなったとき、多くの人が持つ悩みに「出会いがない」があります。「職場に適齢期の人がいない」「仕事が忙しくて、家と会社の往復で1日が過ぎてしまう」など。

では、どうしたらよいのでしょうか? それは、自ら「出会い」を探すことです。「運命的な出会い」を望んでいる人も、待っているだけでは出会えないのです。

「出会いがない」と嘆く前にすべきこととは?

まず、趣味や好きなことがある人は、それらをきっかけに自分の世界を広げることができます。「趣味なんてないし」と言いたい人がいるかもしれませんね。しかし、例えばワインが好きならば、ワイン愛好会のような集まりに参加するといった簡単なことでよいのです。自分の日常生活に変化をおこしましょう。

普段ならば行かないような場所を訪れるのもよい方法です。クラシック音楽のコンサート、美術館、博物館などはどうでしょうか。思ってもみなかったものに興味がひかれるかもしれません。新たな趣味を持つと、新しい世界が広がり、それにつれて、今までとは異なった人たちに出会うことができるでしょう。

紹介を頼もう!

親戚や友だち、大学時代の教授、上司など、誰か紹介してもらえる人がいるのであれば、きちんと頼みましょう。「いずれ結婚したいとは思っているけれど、今はまだいい」と思っているうちに、時が過ぎて30代になった人は少なくないでしょう。そういう人は特にきちんと頼まなければ、結婚相手を探していることがわからない場合があるのです。

悩み2:いい人がいない!

7C

結婚相手を探すときの悩みに「いい人がいない」があります。いい人がいれば、とっくの昔にアタックして、今ごろはちゃんと奥さんになっている、あるいはちゃんと奥さんがいるよという人も少なくないでしょう。

「いい人がいない!」と言う前に考えるべきこととは?

女性には、いくつになっても白馬の王子様を期待するところがあるようです。理想の王子様が現れるのを待っていたら、今の今になってしまったという人はいませんか? しかし、今まで理想の王子様が現れなかったということは、これからも、ある日理想の王子様がドアをノックする可能性は低いのです。

ところで、「いい人」とは、どのような人でしょうか? いい人なら誰でもといいつつ、できればイケメンで、30代前半までで、大卒以上で、年収は600万円以上で、初婚で、太っている人は嫌で……と、条件がオンパレードになっていませんか?

これについては、男性も同様です。親との同居はないけれど、20代前半の美人で、性格がよくて、仕事を続けてほしいが、家事もきちんとやってもらいたくて、自分の趣味に理解を示してくれて……、あるいは「若くてかわいい子がいいな」と漠然と考えているだけで、今日まで至るという人もいるでしょう。

結婚は、とても長い時間をともに過ごすことになります。2015年の厚生労働省の平均余命を見ると、30歳の男性で51.46年、女性で57.51年。35歳の男性で46.62年、女性で52.61年。40歳の男性で41.8年、女性で47.73年。つまり、結婚生活は4050年、幸運であれば金婚式を迎えたあとも続いていくのです。

この先の50年もの人生をともに過ごしたい人はどのような人なのか、もう一度、考えてみましょう。

どうしても譲れない点を23点あげ、それ以外の「条件」は歩みよりましょう。そういう観点から、自分の周囲の人を見直してみてください。「いい人」は意外と身近にいる場合があります。

「いい人」に「出会う」チャンスを増やすためには?

なかには、「いや、本当に忙しくて」という人や「周りに結婚の対象になるような人がほとんど存在しない」という人もいるでしょう。「あちこち出かけてみているけれど、やっぱりいい人がいない」という人もいるでしょう。出会わなければ、結婚できませんよね。

ところで、異性との出会いといえば、合コンを思い浮かべる人が多いでしょう。20代なら恋人を探すのに手軽であった合コンも、一般的には30代で結婚相手を探すのに適切とは言い難くなります。

そこで、出会いを増やすべく活用したいのが、婚活サイトやオンライン結婚相談所です。

婚活サイトは無料のもの、有料のものとさまざまありますが、コストが低いものは、結婚への真剣度が薄い人が混ざってくる可能性が高くなるようですので、注意が必要でしょう。

忙しいので効率的に相手を探したい人や主体的に相手を探すのが苦手な人は、カウンセラー、アドバイザー、コンシェルジュなどの名称のサポートがつく結婚相談所を利用するのがおすすめです。結婚相談所では、登録の際に身分証明書、独身証明書、年収証明書、卒業証明書などの提出が必要なところもあります。紹介されてくる相手の身元や結婚への真剣度が心配な場合には、そのような結婚相談所を選ぶとよいですね。各社の特徴と費用を比較して自分にぴったりなものを選んでください。

自分が「いい人」である努力もしよう

7D

いい人に巡り合ったとして、その出会いが結婚に結びつくためには、自分が相手にとっての「いい人」である必要があります。そのためには、自分を整えることも必要になります。

女性は特に、婚活のための投資ということで、エステサロンやネイルサロンに通い、ブランド物で身を固めて……となることがありますが、ファッションに金銭を使いすぎると経済観念のない人と判断され、結婚相手として見てもらえないことがあるので要注意です。

男女ともに必要なのは、ファッショナブルであることよりは、清潔感です。姿勢やマナーにも気をつける必要があります。また、コミュニケーション力も大切です。口下手であっても、気遣いなどでカバーしていきましょう。

30代の婚活は、積極性が大切

7E

男性であれ、女性であれ、黙っていてももてはやされた20代ではありませんので、30代の婚活には積極的に動くことが重要です。身近に結婚対象となる人がいない場合には、自分から出会いを求めなければなりません。

それには、「まわりがうるさいから」や「結婚していないと肩身が狭いから」ではなく、自分自身が結婚したいという強い希望を持つことも必要です。そして、自分が相手から見て魅力的に見えるよう努力する必要もあります。

また、「これは、ないな」「気持ちがのらない」と、知り合った相手をすぐ切ってしまうのは避けましょう。一見、相性がよくなさそうな相手であっても、本当に相性がよくないのかどうかは、真摯に向き合ってみなければなりません。若さと勢いだけではない30代なのですから、少し時間をかけて相手を見るということも、積極的な婚活方法のひとつです。

婚活サイトや結婚相談所を利用すると、出会いの数は飛躍的に増えます。日常生活では知り合うことのないタイプの人にも出会えますので、積極的に活用していきましょう。

 

参考サイト:

コラム一覧に戻る

10月1日(日)までの入会で、Amazonギフト券1万円分を対象者全員にプレゼント!

※12月1日時点でエン婚活をご利用中の方が対象です。

コラムページTOPへ
こいとり|今を楽しく!毎日を、笑顔に!アラサー女子向け恋愛メディア

エン婚活の詳細資料を
メールでお送りいたします。

※ご入力頂いた情報は、弊社の「プライバシーポリシー」にご同意いただいたものといたします。

close
PAGE TO TOP