コラム

2017/05/01

30代から始める婚活。スタートの遅れたあなたが今すぐやるべきこと

「自分はいつか結婚する」と思っていたものの、いつのまにか30代……。20代前半から婚活をはじめる女子が存在する今、若さというリードをあけられた30代は結婚に向けて真剣に取り組む必要があります。

彼氏や好きな人がいない場合、あなたが探すべき男性は彼氏候補ではなく結婚相手です。スタートが遅れてしまった30代の女性に、結婚を視野に入れない男性とつきあうようなムダなことをしている時間はありません。効率よく婚活をすすめるために知っておきたい、すぐにやるべき&やめるべきことを紹介します。

①独身の仲間を探して安心しない

独身女性が結婚を焦らない一因として、自分の周囲の友人に独身が多いことがあげられます。しかし、そこで仲間がいるからと安心してしまったり、「女子会できれば楽しいし、まだ結婚なんてしないよね?」などと同調圧力をかけたりしていては全滅するだけです。

独身を謳歌するのは、自分は一生結婚しないと決めた人がやること。“独身アラサー”が“独身アラフォー”になれば、より結婚の可能性が低くなってしまいます。いつかは結婚したいと思っているのであれば、アラサー独身女子が出てくるマンガやドラマを安心・共感する材料として見ることはないようにしましょう。

たとえば女子会をするにしても独身だけに限らず、既婚者を交えて話を聞くだけでも自分の意識は自然と変わります。普段から結婚に目をそむけず、意識して環境から変えていくことが必要です。

②相手の条件にケチをつけない

年収、学歴、性格……。結婚相手を探すときに希望の条件がたくさんあっても、自分にとってパーフェクトな男性はみつからないのが当たり前です。さらに30代の女性は残念ながら、20代前半の女性のように男性からすぐに声をかけてもらえる状況ではありません。なかなか婚活がうまくいかないときは、たとえば「年収がよければ50代でもいい」「イケメンなら年収が低くてもいい」など、自分がどうしても譲れない条件を1つだけに絞ること。それ以外の部分は目をつぶるぐらいの寛容さを持てば相手の候補の数は一気に増えます。自分の年齢が高くなるにつれ、相手につける条件のハードルを下げていくことも視野に入れましょう。

男性から「30代以上の女性は年齢でNG」と言われてしまうと気分はよくないものですよね。男性も同じです。条件だけでその人の魅力はすぐに判断できるわけではありません。婚活サービスなどで紹介された男性の年齢や年収が自分の条件に合わないからといって、写真一枚ですぐにNG判定を出すことは避けたほうが懸命でしょう。条件検索で見合う人が見つからない場合は、第一印象や偏見で判断しないことで、婚活のハードルはさらに低くなるのです。

③ゴールインの時期を決めて、今やるべきことを明確にする

婚活をスタートするとき、まず考えるべきことはゴールインの時期です。ここを明確にしておかないと、いつまでたっても「いい人がいないから」とダラダラと婚活をし続けるはめになります。

30代の女性には、のんびりと結婚相手を選んでいる余裕などありません。たとえば31歳の誕生日を迎えた人が次の誕生日までに結婚すると決めたとしましょう。最低でも相手の男性と知り合ってから結婚を決めるまでに3ヶ月、両親の顔合わせや入籍まで3カ月付き合うとして、その運命の相手と会うまでに残されているのはわずか半年です。

すると「1カ月で出会う人数は1人や2人じゃ少ないから、5人以上は知り合っておきたい。」という具体的な目標がたてられるので、積極的に婚活サービスに取り組むようになります。

④「恋する相手」ではなく「結婚相手」を選ぶ

結婚はしたいけど、好きな人はすぐには見つからないもの。お見合いや結婚パーティーでせっかく条件の合う非人が見つかっても「いい人だと思うけれどときめかないからダメ」とNGの判断をしていませんか? 

恋のようなドキドキがないからといって、その人との結婚をあきらめる必要はありません。婚活女子が探すのは、恋愛相手ではなく結婚相手です。「この人と一生暮らせそう」と思える相手ならば胸がドキドキするような恋が生まれなくても問題ありません。“恋愛結婚よりもお見合い結婚の方が長続きする”という説もあります。恋愛はどんなにドキドキしても、お互いに冷めてしまったらそこで終わり。しかし、熱におぼれることなく選んだ相手はお互いに気を使いあうので、別れることなく一生を添い遂げる可能性が高いのです。

⑤少なくとも1つ。できれば複数のサービスで婚活を始める

婚活をはじめたからといって、すぐに理想の相手が見つかるわけではありません。出産が可能な年齢も考慮すると、年を重ねるごとに結婚の可能性が低くなってしまう(男性からの申し込み率が低くなる)女性にとって、30代で何も婚活を始めていない状態は本当に危険です。今すぐ婚活サイトや結婚相談所の情報をかき集めてサービスに登録し、婚活をスタートしましょう。

30代ならば「今月はお見合いパーティーが1回、来月は2回」などと、1つの婚活サービスで満足してはいけません。できればネットの出会いプラス婚活パーティー、保険として友達に合コンをお願いするというように、異性とめぐり合うためには複数のサービスで相手を探しましょう。

婚活サービスの特徴

  • ネット(婚活サイト)

誰にも知られず、気軽に始められることが特徴。他のサービスに比べて料金も安く始められる。条件を選んで検索やマッチングなど、自分の空いている時間にいつでも婚活を始められるのがメリット。男女の登録者数や1カ月あたりの紹介人数などはサイトによって異なるため、登録に独身証明書の提出が必須なサイトや比較的実績のある大手のサービスが安心。

  • 婚活パーティー

一度に複数の人数と出会えるため、マンツーマンのお見合いよりも効率がいい。心細い場合は友人と一緒に参加することも可能。ただし一度の参加人数が多い分一人ひとりとゆっくり話ができないデメリットがあるほか、ライバルも多いので自分から積極的に行動することが求められる。人数集めの関係でサクラが参加している場合もあるので、短時間で相手を見極めることも必要。

  • お見合い

基本的には1人の相手につき最低でも12時間かかるため効率はあまりよくないが、仲人さんを通して相手を紹介されるので、異性の条件も良く信頼性が高い。お見合いに必要なマナーや暗黙のルールが存在するため、出席する前は事前に知識を入れておくことが必要。

30代の婚活は「時間との戦い」と心得ること

30代の婚活は、とにかく時間との戦いです。女性は1つ歳を重ねるごとに結婚できる可能性が下がるといっても過言ではありません。

結婚は人生のゴールではありませんが、婚活のゴールは間違いなく結婚することです。幸せな結婚を望むのであれば、まずは自分の状況を客観的にみるようにしましょう。早く結婚するコツは、目標とするゴールインの時期をしっかりと定め、複数の婚活サービスを活用すること。運や縁にまかせてダラダラせず、効率的に相手を見つけるようにしましょう。

婚活サイトやパーティーでも男性から声をかけられるのを待つのではなく、積極的に自分から行動できる魅力的な女性こそがいい相手に巡り合えるのです。

コラム一覧に戻る
コラムページTOPへ
こいとり|今を楽しく!毎日を、笑顔に!アラサー女子向け恋愛メディア

エン婚活の詳細資料を
メールでお送りいたします。

※ご入力頂いた情報は、弊社の「プライバシーポリシー」にご同意いただいたものといたします。

close
PAGE TO TOP