コラム

2017/05/15

婚活に疲れた方へ捧げたい!婚活を成功へと導く発想転換の方法

「婚活がうまくいかない……」とため息をついてはいませんか? ひょっとすると、婚活の内容自体でなく、その意識に問題があるかもしれません。結婚をあきらめ気味な方も、発想を変えてみるだけで驚くほどうまく進むことも。婚活を成功へと導く発想転換の方法をお伝えします。

婚活疲れの原因は、理想と現実のギャップ

婚活に疲れを感じる方は、まずその原因を考えてみましょう。開始当初に思い描いていた婚活と今の状態に差を感じることはありませんか? その差にストレスを感じるようであれば、理想と現実のギャップが原因かもしれません。

結婚相手に対する理想が高すぎると、それにかなう異性に出会うのは難しいもの。理想を追い求めてやみくもに出会いを重ねても、満足できる人にめぐり会える可能性は低いでしょう。たとえ、出会った人のなかにすばらしい人がいたとしても、自分の設けた基準を満たしていないという理由で、その魅力に気がつけないまま終わってしまうこともあります。

奇跡を追うよりも、人柄や心地よさを重視

そもそも、理想を満たした異性は、奇跡のような存在です。本来、パートナーとなる人は基準をクリアした人でなく、隣に居たいと思える人ではないでしょうか。

あまりに条件を重視して選ぶと、NGばかりになりがちです。相手と実際に会ったときは、人柄や話の内容も加味し、相性も含めて判断することをおすすめします。相性がよい人なら、理想と多少ずれていても気にならなくなるものです。

自分の性格に合っていない活動はやめる

人見知りだけど勇気を出して婚活パーティーに参加する、という方は少なくありません。積極的に動くのはステキなことですが、無理して参加しても自分らしさを発揮するのは難しいでしょう。自分らしさを表現できなければ、せっかくの努力がムダに終わってしまうことも。大人数が集まる場が苦手な方、不特定多数の人と関わるのがしんどい方は、11のお見合い形式のほうが向いている可能性があります。

婚活は、人生のパートナーを選ぶ大切な活動ですから、自分らしくふるまえるスタイルを選ぶことも大切です。

“いい人”に見せようとしすぎない

相手に少しでも良い印象を与えようと無理してはいませんか? 背伸びして飾りすぎた自分を好きになってもらっても、その状態を持続させるのは難しいでしょう。結婚生活は永遠に続くものです。苦手な料理を得意と言ったり、インドア派なのにアウトドア派と言ったりと、本来の自分を無視して相手に合わせる必要はありません。「料理はまだ未熟ですが母に教えてもらっているところです」、「たまには出かけたいけれど、休日は家でまったりと過ごすほうが好きです」など、表現の仕方を工夫して、自分らしさを理解してもらいましょう。

結果が出た後に反省タイムをつくる

婚活で失敗したときは、反省も必要です。縁や相性はありますが、自分に問題がある場合はそこを見直さなければ失敗を繰り返してしまいます。しかし、反省といっても、自分を責めればいいというわけではありません。問題点を明確にし、改善点を考えるために反省タイムを設けてみましょう。

自分の問題をみつけたいときは、紙に書き起こすのが効果的。その日の言動を紙に書き連ねてみると、客観的に判断しやすくなります。

たとえば、相手が楽しくなさそうと感じたときは、相手の表情ばかり気になってしまいがち。そのとき、あなたはどんな言動をとっていたでしょうか? 嫌われないようにおどおどしたり、無言になったりしてはいませんか? もしくは、場を盛り上げようとはしゃぎすぎてはいませんでしたか? 自分の言動を書き連ねていくと、そのときの行動が相手にどんな気分を与えるものだったか推測しやすくなります。 

反省結果は次の婚活に生かす工夫を

こうして自分の改善点がみつかったら、その反省を次回の婚活に生かしましょう。反省結果を登録している婚活サービスのスタッフに伝え、相談するのも効果的です。自分の行動や性格を具体的に伝えると、的確なアドバイスをもらいやすくなります。マッチングの参考にもなる可能性があるので、気づいたことは積極的に伝えるとよいでしょう。

登録サービスに原因があることも

婚活に疲れてしまうのは、登録しているサービスに問題があることも。自分の利用したいサービスが提供されていなかったり、価格相応のサービスでなかったりすると、婚活そのものにストレスを感じる原因になります。

何か不満を感じる場合は、利用しているサービスが自分に合っているかどうかを見直してみましょう。不満な点や満足している点、要望などを整理してみると、自分が求めているサービスを認識しやすくなります。快適かつ効果的に婚活を行うためにも、サービスの再検討をおすすめします。

サービスの見直しでランニングコストが安くなる可能性も

結婚相談所のような比較的高額なサービスを利用している場合、見直しをしてみることで毎月のランニングコストを下げられる可能性があります。

対面で手厚いサポートを受けられる結婚相談所を利用しているが、実際はオンライン上の相談や紹介で十分という方もいらっしゃるでしょう。

最近では「オンライン結婚相談所」も増えていますので、こちらに切り替えてみると、入会金や成婚料をカットできたり、毎月のランニングコストを下げたりできる場合があります。

結果的に、コストは安価に、効率性は高く、婚活をリスタートできることもあります。

オンライン結婚相談所「エン婚活」の料金

どこでも手軽に利用できるオンライン結婚相談所で自分のペースをつくる

忙しい現代人にとって、利用時間や場所を限定されるサービスは不便に感じるもの。そんなときに便利なのが、場所を問わず利用できるオンライン結婚相談所です。通勤中や昼休み、自宅でのリラックスタイムなど、都合のいいタイミングで利用できるので、時間を有効に使いながら快適に婚活を進めることができます。

特に、オンライン結婚相談所は、プロから直接アドバイスを受けて安心して活動したいけど、貴重な休日を相談のために使うのはストレスに感じる、という方にピッタリ。

自分のペースで気兼ねなく進めやすく、それでいて適切なアドバイスも得られるオンライン結婚相談所は、婚活疲れを感じにくいサービスだといえるでしょう。

オンライン結婚相談所「エン婚活」とは

オンライン結婚相談所と婚活パーティーの併用もおすすめ

できるだけ早く婚活を成功させたい方は、オンライン結婚相談所と婚活パーティーを併用してみてはいかがでしょうか。基本的にはオンライン結婚相談所で活動を行いながら、都合の合う日に開催されているパーティーに参加すれば、効率良く婚活を進めることができるでしょう。

一期一会の出会いを楽しむ

婚活疲れを感じていると、「また失敗するかも」とネガティブになりがちです。そうした気持ちのまま挑んでしまうと、相手に感情が伝わることが。婚活での出会いは、一つひとつが貴重です。たとえすばらしい相手であったとしても、相手と向き合う気持ちが欠けていると、ご縁が結ばれぬまま終わってしまいます。

婚活はプロフィールや条件を知ったうえで出会うため無機質に感じるかもしれませんが、それでもやはり一期一会の気持ちを大切にしたいものです。一つひとつの出会いを楽しむように心がけると、その気持ちが相手に伝わり、いい方向に向かいやすくなるでしょう。

前向きな気持ちで成功を目指そう

物事は考え方次第で良くも悪くも変わります。婚活疲れを感じたときは、自分が無理をしていないか、利用しているサービスに不満を感じていないかなど、客観的に考え直してみましょう。反省点を見つけ、改善点を見出してみると、婚活を上手に進めやすくなります。疲れたときこそ発想を変えて、前向きな気持ちで成功を目指しましょう!

 

 

 

参考サイト:

コラム一覧に戻る
コラムページTOPへ
こいとり|今を楽しく!毎日を、笑顔に!アラサー女子向け恋愛メディア

エン婚活の詳細資料を
メールでお送りいたします。

※ご入力頂いた情報は、弊社の「プライバシーポリシー」にご同意いただいたものといたします。

close
PAGE TO TOP