コラムColumn

2017/09/07

独身で寂しいと思う瞬間はいつ?悩みの解消方法まとめ

独身生活は結婚生活よりも自由度が高く、楽に過ごせるメリットがあります。しかし、実際は独身者の多くが「寂しい」と感じているのです。年齢や男女によって寂しいと思う瞬間が異なります。世間一般の意見を参考にすれば自分の気持ちを照らし合わせ、異性の感情を知るきっかけと成り得ます。今回は男女別に「独身で寂しい瞬間」を調査した結果を紹介すると同時に、解決方法について説明するので是非参考にしてください。

 

独身に悩む男女は多い!人は皆出会いを求めている?

実は非常に多くの男女が独身であることや、出会いがないことに悩みを抱えています。特に3050代の男女が強く寂しいと感じる傾向にあります。

仕事で忙しい20

20代は大学生活・社会進出など非常に多忙なので恋愛をしていなくても、寂しいと感じる暇がないでしょう。最近は晩婚化によって20代で結婚していない人も多く、寂しさを感じる人が少ないです。

周囲に既婚者が増える30~40

3040代になると仕事に余裕ができてプライベートの充実を望む人が急激に増加します。周囲には結婚している人も多くなっているため、焦りを感じる時期です。婚活をした時に若い頃よりも厳しい状況に陥ることが多いことも、焦りを感じやすい原因の1つと言えます。

お金と時間に余裕が出る50

50代は3040代とは違った感情で、寂しさを感じるケースが多いです。男女共に50代になれば退職を考え始めます。これまで日常生活の主軸になっていた仕事がなくなるので、プライベートのことを気にする人が多く見られます。高収入の仕事に就いている人は金銭的な余裕があるため、早期退職を選択する人が多いです。1日の大半を家庭で過ごすようになると、これまで以上に寂しさを感じている人が数多く存在します。

独身生活に慣れる60

しかし、60代になれば独身生活に慣れてきて寂しいと感じることが少なくなります。逆に築き上げてきた自分のライフスタイルに干渉されることを、嫌う人もいるほどです。このように年齢によって寂しさの感じ方は大きく異なります。独身で寂しいと感じているのは、決してあなただけではありません。

独身で寂しい… 女性が孤独を感じてしまう瞬間って?

一般的に現代の日本では女性の方が未婚率が低く、男性は女性の2倍未婚率が高いという調査結果が出たこともあります。結婚に憧れを抱く女性が非常に多いので、独身で寂しいと感じるシーンも男性より多いかもしれません。

一人暮らしの女性は部屋に1人でいる時、度々孤独に感じる瞬間があります。特にクリスマス・大晦日・正月など大勢で集まるイベントが盛沢山の年末年始を1人で過ごすと、寂しくなりやすいです。夏祭り・初詣などのイベントに1人で参加する時も、独身女性が悩みを抱えるタイミングと言えるでしょう。時期を問わず「暗い部屋に帰宅すると1人だと感じる」と悩んでいる人もいるようです。

家族連れやカップルの多いスポットを訪れた時に劣等感を抱くケースもあります。周囲の人々は同行者と賑やかに話をしているにも関わらず、自分は1人なので他人と自分を比較してしまうのです。そのため独身女性の中には家族層やカップルに人気のスポットは、行かないようにしている人もいます。

女性は自分自身に結婚願望がなくても、周囲から結婚を促されることがあります。年齢を重ねるにつれて周囲から結婚の話題を振られることが多く、「3040代になって改めて孤独感を感じる」という人も少なくありません。30代や40代といった節目の年の誕生日は、結婚を考えるきっかけに成り得ます。

これまで両親と暮らしていた独身女性は両親が他界した時に寂しさを強く感じて、婚活を始めることがあります。これまで何気なく交わしていた親との会話がなくなるのは、予想以上に寂しいものです。体調を崩した時に看病してくれる人がいない瞬間も、孤独を感じやすい代表的な例として挙げられます。 

独身男性が寂しくなる瞬間は?

男性は女性に比べれば未婚率が高いものの、寂しさを感じる瞬間は少なからず存在します。女性と同じように体調を崩した時は独身男性が心細くなる代表的な例です。普段料理をしていない人は体調が悪い時に栄養価の低いコンビニ弁当や外食をしなければならず、「結婚した方が良いかもしれない」と感じる人が続出しています。

旅行へ一緒に行く相手がいない時や、1人で食事をしている時など男性も女性と同じようなシーンで孤独を感じることが多いです。外食をする時は周囲にカップルや家族で食事をしている人がいれば比較してしまうので、1人でも入りやすい店舗を求めています。寂しさを紛らわすために独身の男友達と食事をするケースも多く見られます。

孤独死のニュースを見た時にリアルな独身者の結末を目の当たりにして、焦りを感じ始める人も多いです。特に4050代は孤独死で亡くなっている人の年齢が近いため、焦りを感じやすいでしょう。若い頃は仕事に熱中して結婚を考えたことがなかった人もニュースをきっかけに、婚活を始める人もいるほどです。

人生の最期を一緒に過ごしてくれるパートナーを探すため、4050代で婚活をしている独身男性も少なくありません。男性は若い女性を好む傾向にありますが、女性は好みによっては年上の男性を求めている人も多いです。そのため男性は年齢を問わずパートナーを見つけられる可能性が高く、婚活を行っている人が急激に増加しています。 

寂しい気持ちを解消する効果的な方法とは?

男女共に寂しいという感情を解消するために効果的な3つの方法があります。

ペットを飼うこと

既に取り入れている独身者も数多く存在します。犬・猫などのペットは餌を与える時にあなたを求めてくれるので、「必要とされている」と感じることができます。日常生活を共にする存在がいるため、独身者でも結婚生活のような雰囲気を味わうことが可能です。可愛いペットに癒されてストレスを軽減することにも繋がります。

趣味や習い事をすること

仕事以外に熱中できるものがあれば、結婚しなくてもプライベートを充実させることができます。さらに、エクササイズや料理教室など大勢の人が集まる習い事なら出会いの場として活用する方法もあります。同じ習い事をしている人は価値観の似ているケースが多いので、意外と運命の出会いがあるかもしれません。実際に結婚相手を探すために習い事を始める人も増加しています。男性は女性利用者の多いヨガ・料理教室などを選ぶと、多くの出会いを求めることができます。

人の温もりに触れること

職場の人・友人・家族など人と接するだけでも温もりを感じるでしょう。1人でいる時よりも気持ちを紛らわし、仕事や結婚について相談することもできます。特にあなたと同じ独身者は気持ちを理解してくれるので、悩みを打ち明けやすいです。

2つ目に挙げた対策である習い事は、5060代で実施している人も多くなっています。交際や結婚を求めているわけではなく、友人が欲しいというケースもあります。孤独になりやすい高齢者は人の温もりを感じる機会を増やすために、習い事を活用している人もいるのです。

独身の悩みを解消するなら結婚!役立つ3つの婚活方法は?

独身者の寂しさを解決するために婚活を行うのも、有効な手段です。婚活を行う方法は主に3種類あります。

結婚相談所に入会

仲人と呼ばれる、成婚に導くプロから希望に合った人を紹介して貰う方法です。婚活が初めてという人でも利用しやすく、結婚に対して真剣に考えている異性と出会うことができます。仲人は数多くのカップルを成婚に導いてきたプロなので、あなたの婚活を客観視して改善策を教えてくれます。例えば結婚相手に求める条件が多過ぎる場合、スタッフはしっかりと指摘するケースが多いです。「愛の鞭」という言葉があるように独身者の甘い考えを正すことで、確実に成婚へ導いてくれるのが結婚相談所の強みと言えるでしょう。

また入会には独身証明書などの書類が必須になり、婚活サービスの中では1番信頼性が高いといわれています。

婚活サイトに入会

「結婚相談所に行く暇がない」「高額な費用をかけたくない」と考えている人に向いています。異性を探す・アプローチする・デートの約束をする、婚活に必要なことを全てインターネットで行うことが特徴です。パソコンがあれば誰でも簡単に行える方法なので、利用者が急激に増加しています。婚活サイトによって登録者が違うため、好みのタイプがいそうな所を選ぶことがポイントです。その際、登録者の年齢層を判断材料にすると良いかもしれません。

ただプロフィールの裏づけはないので、しばしばトラブルが発生することも。

婚活パーティーへ参加する

複数の男女が集まって結婚相手を探すパーティーで、直接会って異性を探すことができます。インターネットやプロフィールだけで分かる情報は少なく、実際に会って分かることが多いのも事実です。直接会ってお話しが出来れば、信憑性の高い情報が得られるので、積極的に参加してみてください。ただ誰でも参加ができるので、必ずしも婚活をしている人だけがいるわけではないので注意が必要です。

なかでもオススメな婚活手法は「エン婚活」

真剣に婚活をしたい人に最適な結婚相談所として『エン婚活』が挙げられます。エン婚活は業界では珍しい「オンライン結婚相談所」として注目を集めています。4つの優れたサービスを展開していることが、独身者から高く評価されている秘密です。

毎月6人以上の異性を紹介する

エン婚活独自の価値観診断と相互の希望条件(年齢や年収など)から毎月6名以上のご紹介をお約束。

選任のコンシェルジュが活動サポート

専任コンシェルジュが最初から最後まで婚活をサポートしてくれるので、1人で悩まずに済みます。結婚相談所に登録してもどのような流れで婚活を行うのか分からず、時間や費用を無駄にしてしまう人が実は非常に多いです。会員のことを考えたサービスが豊富なので、婚活が初めてでも問題ありません。

非常にリーズナブルな料金体制

一般的な結婚相談所は入会費・月会費・成婚料など年間の総額で3050万円程度を支払う所が多くなっています。しかし、オンライン結婚相談所であるエン婚活は登録料が約9800円、月会費が約12000円のみです。追加料金は一切なく、お手頃な価格で婚活を始めることができます。

安心・安全な管理体制が整っていること

本人証明書・独身証明書・年収証明書など公的な書類を提出した人しか登録していないので、嘘の情報に騙される心配がありません。無料相談や自分にぴったりな婚活方法が分かる診断も行っているので、是非利用してみてください。

 

 

 

コラム一覧に戻る

10月1日(日)までの入会で、Amazonギフト券1万円分を対象者全員にプレゼント!

※12月1日時点でエン婚活をご利用中の方が対象です。

コラムページTOPへ
こいとり|今を楽しく!毎日を、笑顔に!アラサー女子向け恋愛メディア

エン婚活の詳細資料を
メールでお送りいたします。

※ご入力頂いた情報は、弊社の「プライバシーポリシー」にご同意いただいたものといたします。

close
PAGE TO TOP