成婚レポート・体験談ブログExperiences

2018/01/11

【体験談ブログ】お見合い後のやりとりで失敗しました

こんにちは。修一です。

引き続きエン婚活での体験記をお届けして参ります。

前回までの体験談

第一話:【体験談ブログ】はじめます!20代男性の僕が結婚したいと思ったきっかけ
第二話:20代の僕がエン婚活に登録・入会した理由
第三話:結婚相談所は活動するのに一苦労?必要書類とプロフィール
第四話:初めての紹介がついに!!ドキドキの水曜日
第五話:待ちに待った初回コンタクト(お見合い)
第六話:婚活アドバイザー(コンシェルジュ)は神ってる!?
第七話:コンタクト成功への鍵!カフェ選び編
第八話:お見合いした女性と交際に繋げたい

いざ交際スタート

ご紹介人数2人目にして「交際」スタートとなりました。「交際」とは1stコンタクトを経て、将来的に結婚も考えられるので、この先に進めたい。とお互いの希望が一致した場合に限り、初対面から次の関係に発展したステータスになります。

具体的には、管理画面上だけでなく、各自の連絡先が表示されるため、個別でも連絡を取り合うことが可能になります。この時点で私は完全に有頂天になっていました。

お相手の女性について。これまでの経緯から、私は完全にドハマリしていました。マジでぞっこんラブ。最上級に惚れていました。彼女の放つ雰囲気や話し方、そしてもう包み隠さずぶっちゃけ顔が好みでした。そして、もうこの人と結婚できると思い込んでいました。

盛り上がったのは僕だけでした

結論、2度目のコンタクトを迎えることなく「交際」は終了してしまいました。

そうです。私は彼女の見た目(主に顔)ばかりを見ていて、今思うと内面や彼女の周りの環境についてほとんど見ていなかったのです。

間違っても彼女に非がある訳ではなく、完全に私に問題がありました。彼女の気持ちを考えずに一方的に自分の気持ちを押し付けてしまったのです。

つまり、短期間の内に「ただ・・・逢いたくて」連絡を繰り返してしまいました。会いたくて会いたくて震えていたのです。君想うほど遠く感じていたのです。営業の悪いクセで返答に〆切まで設けて、やたらクロージングに力を注いでしまいました。

まさか自分が。と思うほど、不躾で稚拙な連絡ばかりしてしまいました。相手方の返事が遅くなればなるほど。恋は盲目状態。コンシェルジュ経由で彼女から「交際」終了希望と共に個人情報削除依頼の連絡がきてようやく我に返りました。

きっととても怖い思いをさせてしまったかと思います。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。めいいっぱい謝罪の気持ちをコンシュルジュに伝え、連絡先を削除しました。そして、せっかくの機会を台無しにしてしまったことへの自己嫌悪に陥りました。。

婚活の経験不足を痛感

相手の性格や立場や状況を考慮して接する。そんな人として当たり前のことができないから、これまで結婚に至ることができなかったのではないでしょうか。

「交際」はゴールではなく、あくまでようやくスタート地点に立てただけ。結婚はそんなに簡単なことじゃない。と身にしみて反省致しました。

これまでそれなりに恋愛をしてきました。はじめてできた彼女は高校生の時。大学で付き合った彼女は、同棲まで考えました。社会人になっても彼女ができました。好きになって、告白をしてと普通の恋愛をしてきました。

そんな僕でもいざタイプの人を目の前にすると上がってしまう、気合いが入りすぎて空回りしてしまう。

恋愛より婚活は難しいのかもしれません。そりゃ相手の方も今後の人生を共に歩んでいく人を探しているわけなので納得です。もっともっと経験を積まなければと思いました。

婚活は続く

失意のどん底でしばらくの間、何もする気がおきなくなってしまいました。婚活疲れってこういうことをいうのでしょう。

それでも私の婚活は続きます。

大学時代、入学当初からずっときになるような人がいました。ミスコンに選ばれるような高嶺の花。

学部が同じなので大抵は同じ空間にいましたし、たまに話す機会もありましたが、緊張とどうやっても断られるイメージしか浮かばず、卒業間近までちゃんとアタックできずにそのまま卒業を迎えてしまいました。

その時に比べれば前進できたのかもしれません。コンシェルジュの力を借りたとは言え、2人でお茶することができたわけですから。

 

前を見てがんばろうと思います。

応援の程宜しくお願い致します。

 

体験談ブログ一覧に戻る

全額返金保証キャンペーン中!3ヶ月以内に出会いが無ければ登録料・月会費もご返金

※1月28日までの限定プラン

成婚レポート・体験談ブログページTOPへ
こいとり|今を楽しく!毎日を、笑顔に!アラサー女子向け恋愛メディア
PAGE TO TOP