成婚レポート・体験談ブログExperiences

2018/01/15

【祝・成婚インタビュー】30代男性「バツイチなら、価値観を見極める婚活を」

「バツイチだから…」と萎縮することはありません。今回、結婚相談所エン婚活を利用して成婚に至った離婚歴のある30代・男性にインタビューしてきました。

『結婚相談所エン婚活』とはどんなサービスなのか、入会前後でギャップはあったのか、そして本当に価値観の合う人と出会うことができたのか。利用者の生の声を、ぜひ参考にしてみてください。

利用者のデータ

  • 名前   :S・Hさん
  • 性別   :男性
  • 年齢   :35
  • 身長/体重:175cm68kg
  • 居住地  :大阪府
  • 職業   :広告系の営業
  • 年収   :600万円
  • 学歴   :大卒

入会までの恋愛経験

学生時代から異性との付き合いはあり、長期間交際していた彼女もいた。就職後、しばらくは仕事一筋の日々を送る。社会人6年目を迎えたとき、友人の紹介で出会った女性との間に子どもを授かり、結婚。その後、離婚に至る。

「もう失敗したくない」そんな想いから、結婚相談所へ

Q.結婚したい理由を教えてください。

A.「家族がほしい」というのが理由です。

以前の結婚生活は、初めの頃は順調で家事も育児も協力し合い、楽しく生活していました。ただ、生活を続ける中で、お金の使い方や仕事に対する考え方に合わないところが出てきてしまって…。お互いのスタンスの差は簡単に縮まらず、次第に会話もなくなりました。結局離婚に至ったのですが、やっぱり家族がいる生活は良いものでしたね。だからもう一度、家庭を築きたいと思っています。 

Q.なぜ婚活を始めたのでしょうか?

A.きちんと出会える場がほしかったからです。

離婚したことについては、ごく一部の仲の良い友人にしか伝えていません。これまでは、友人からの紹介や合コンで出会いがありましたが、今はサッパリ。前回の反省もあったため、きちんと結婚生活を見据えてお付き合いしたいと思ったことがキッカケです。

決め手は、独自の「価値観によるマッチング」

Q.結婚相談所に登録したのはなぜですか?

A.「もう失敗したくない」という想いからです。

一度結婚生活を経験して学んだのは、価値観の大切さ。価値観が合う、もしくは似ている人でなければ、長い間一緒に暮らし続けることは難しいと実感しています。だからこそ、結婚を前提に出会える=価値観の相違を見極められる結婚相談所への登録を決めました。

Q.どんな基準で結婚相談所を選びましたか?

A.「価値観が合う人を紹介してくれるか」「紹介人数が担保されているか」この2点です。

過去の失敗があったため、価値観が合う人と出会えるかどうかを重視していました。また、紹介人数が少なければその分選択肢も狭まりますから、紹介人数が担保されているかどうかもチェックしていました。バツイチ、子持ちとなると、見られ方がよくないのではと思いましたし、紹介されるのかという不安も正直ありました。

Q.『結婚相談所エン婚活』を選んだのはなぜですか?

A.「価値観でのマッチング機能」「紹介人数にコミットしてくれるところ」に惹かれました。

まさに、私が重視していた点をクリアする結婚相談所でした。結婚相談所エン婚活には『価値観ヒアリングアンケート』というものがあり、人生の指針や金銭感覚などを測ることができます。この結果をもとに、近い価値観を持つ女性を毎月6人以上紹介してもらえます。こうしたサービスは、結婚に対して慎重になっているバツイチの私にとって、大きな決め手となりました。

Q.入会する前、不安はありましたか?

A.「どんな人がコンシェルジュについてくれるんだろう」という不安はありました。

登録すると専任コンシェルジュがつき、デートのフィードバックをくれたり、告白のタイミングをアドバイスしてくれたりと、手厚いサポートがあることは知っていました。一方で「実際にどんな人がつくのか」という点には不安がありましたね。

出会えたのは「仕事観が合う30代前半の女性」。

Q.どんな風に紹介されるのですか?

A.毎週水曜日に、紹介状が届きます。

年齢や職業タイプなどの登録条件に合致することに加え、価値観がマッチする女性を、メールで紹介してもらえます。

Q.実際に紹介された女性は、どんな方でしたか?

A.年齢が近い女性が中心でした。

30代前半と比較的年齢が近く、住んでいる場所も同じ大阪の方ばかりで、会いやすかったですね。事務系の仕事をしている女性が多かった印象です。

Q.紹介された女性以外に、アプローチはしましたか?

A.しました。

プロフィールで女性を検索して、アプローチできる機能を活用していました。特に「共働きについてどう思うか」という質問項目は欠かさずチェックしていましたね。

Q.実際にお会いした女性は、どんな方でしたか?

A.30代の女性で、仕事観が会う方たちでした。

1人目は、30歳の事務職の方。メーカーに勤務していて、明るくハキハキとお話してくれる女性でした。自分自身についてもユーモアを交えて話してくれて、楽しかったですね。

2人目は、32歳の営業職の方。Web系の会社に勤務していて、明るく笑顔が素敵な女性でした。「結婚しても仕事を頑張りたい」と話していて、価値観が近いと感じましたね。

3人目は、31歳のデザイナーの方。あまり自分から話すタイプではありませんでしたが、私の話をじっくりと聞いてくれる姿が印象的でした。少し不規則な働き方をしているようでしたが、自分のペースを守りながら頑張っている様子が感じ取れましたね。

想定費用よりも低価格で、50名の紹介を受ける

これまでの活動状況

  • 紹介人数     :50
  • アプローチした人数:10
  • アプローチされた数:5
  • 初回コンタクト  :18
  • 交際数      :5
  • 真剣交際人数   :1

これまでにかかった費用

  • 登録料      :9800
  • 月会費9ヶ月分  :10万8000
  • 合計       :11万7800

50名も紹介してもらえ、結婚を考えられる女性に複数名会えたことに満足しています。費用に対して、サービスが手厚い印象です。

婚活のパートナーが、バツイチのハードルを一緒に越えてくれた

Q.専任コンシェルジュはどんな人物でしたか?

A.「自分でも大丈夫」と勇気を与えてくれる人でした。

私についてくれたのは、30代の女性コンシェルジュでした。事務処理やスケジュール管理などが苦手な私にとって、こまめな連絡でサポートしてもらえたのはありがたかったですね。活動しやすい環境を整えてくれたことに感謝しています。

また、バツイチにコンプレックスを感じていた私ですが「大丈夫です!一緒に頑張りましょう」と言ってもらえたことが励みになりました。

Q.どんな相談をしましたか?

A.初回コンタクトで話す内容について、相談していました。

初めて会う女性にどこまで踏み込んだ話をするべきか、ですね。私は離婚歴があるので、女性の方も経緯や原因が気になるでしょう。自分から話したほうが良いのか、それとも相手から聞かれてからで良いのか、相手のタイプも考えて回答をくれました。

バツイチであることを、気負わず婚活できた

Q.入会前と入会後に、ギャップはありましたか?

A.出会いの機会が予想以上に多い、これは良い意味でのギャップでした。

入会前は、紹介された人とだけ会えるサービスだと思っていました。入会後に、気になる人を探せてアプローチできる機能があることを知り、出会いの機会が大幅に広がりましたね。

それから、婚姻歴の有無がプロフィールの時点でわかるようになっているところもポイントでした。バツイチがコンプレックスだったのですが、皆私に離婚歴があることを把握してくれているので気負わずに婚活できましたね。

Q.婚活を始める方に『結婚相談所エン婚活』をお勧めするポイントは?

A.「価値観によるマッチング機能」と「費用対効果が良いところ」です。

年齢や職業など、希望条件を出せる点はどの結婚相談所も同じでしょう。でも、結婚相談所エン婚活は仕事観や金銭感覚など、よりこまかな部分までマッチする相手を紹介してくれます。実際に出会った女性も、皆自分と近い価値観を持つ人たちでした。それから、サービス内容の割に低価格なところも良いですね。私のように、結婚に対して慎重になっている方には、特にお勧めできます。

 

ーS・Hさん、ありがとうございました。

体験談ブログ一覧に戻る

2月27日(火)までの入会で、Amazonギフト券1,000円分を対象者全員にプレゼント!

※期間内に入会申し込み後、契約が締結した方が対象です。

成婚レポート・体験談ブログページTOPへ
こいとり|今を楽しく!毎日を、笑顔に!アラサー女子向け恋愛メディア
PAGE TO TOP