恋の悩み相談

あなたは大丈夫?5個以上当てはまったら要注意のお局さま度チェックテスト

キャリアを積んだ大人の女性は、異性・同性のどちらから見ても素敵なもの。後輩にテキパキ指導をする姿や、頼りにされる存在感など、経験を重ねているからこその魅力がありますよね。しかし、アラサー以上の方は要注意! 後輩との接し方を一歩間違うと、職場で煙たがられる「お局さま」になってしまいます。「ヤバイかも……」と思ったあなたのために、今回はお局さま度チェックテストをご用意しました。YESが5個以上の方は、お局さま化している可能性大!?

【チェック1】人の欠点が目についてしまう

人のパーソナリティを否定する言動は慎みましょう

「人のアラ探しが得意」「何かといちゃもん」「他人の悪口・陰口が好き」など、他人に対してすぐ批判をする人は、職場の空気を悪くします。特に若手社員や権限の弱い人をターゲットにするのは、単なるイビリ・イジメにしかならないことがほとんどです。

【チェック2】感情の波が激しい

職場ではあくまで冷静に

人間誰しも、感情の起伏はあるものです。でも、それをストレートに出しすぎるのはNG! 「以前は怒らなかったことなのに、同じことをしていたら急に怒る」「日によって機嫌が違いすぎる」といった印象を周りに与えてしまうと、ただの扱いづらい人になってしまいます。

【チェック3】自分の意見を曲げない

まずは、相手の意見をじっくり聞きましょう

ひとつの職場に長くいるお局さまは、仕事を進める上でも確固たる自分の意見・やり方を持っています。それが有益なものであれば良いのですが、「自分が正しい」と思い込むあまりに議論が成立しないことも……。人の言うことについつい「でも」と返してしまう方は要注意!

【チェック4】自分に甘い

素直に自分の非を認める潔さが大切

「自分のミスを部下のせいにする」「他人の失敗は怒るのに、自分の失敗は許してもらおうとする」という風に、自分を棚に上げて責任を回避したがるのも、煙たがられるお局さまの特徴。人にも自分にも厳しければ尊敬されますが、他人にだけ厳しいのでは反感を買って当然です。

【チェック5】人の好き嫌いが激しい

人間の多様性を受け止めましょう

「自分に忠実な人には優しい」「嫌いな後輩には挨拶も返さない」など、相手によって態度をガラリと変える人は周囲の信頼を得られません。気の合わない人がいるのは仕方ないことですが、職場でそれを態度に出すのはなるべく避けたいもの。「世の中にはいろいろな人がいる」と、寛容な気持ちで受け止めて。

【チェック6】後輩とのグループ行動が好き

時にはおひとりさまを楽しんで

いつも後輩を連れているベテラン女性。一見すると慕われているようですが、周りからは「取り巻きをつくって権力をアピールしている」と思われているかも……。後輩が反対意見を出せない雰囲気や、グループ外の人を攻撃するようなことがあれば、それは職場の空気を悪くする「派閥」です。グループ行動はほどほどに。

【チェック7】他人のことがいつも気になる

プライベートへの口出しは最小限に

「職場内のことは何でも知っていないと気が済まない」というのもお局さまの特徴です。他人の洋服やお弁当のおかずといったどうでも良いことに過剰反応したり、みんなが話しているところに割り込んだりしていませんか? 干渉しすぎると、相手を支配したがっているように思われてしまいますよ。

【チェック8】人から注目されたい

他人が注目されているときは、脇役に徹するべし

少し意外な気もしますが、若い頃美人だった人や周りからチヤホヤされていた人は、お局さまになりやすい傾向があるようです。可愛い新人やデキる後輩が入ってきて「自分の立場が脅かされる」と感じることで、攻撃的になってしまうのです。他人が注目されているときは出しゃばらず、場の雰囲気に合わせましょう。

自分を客観視することが、お局さま化を避ける第一歩

 

さて、皆さんはいくつ該当しましたか? 5個以上当てはまってしまった方は要注意! 全く当てはまらなかったという方も、キャリアを重ねるうちにお局さま化してしまうかもしれません。一番怖いのは、気づかないうちに周りからの信頼を失ってしまうこと。今回ご紹介したお局さまの特徴を思い出しながら、客観的に自分をチェックするようにしてみてください。そうすればきっと、年を重ねても憧れの先輩でいられるはずです!

 

 

 

参考サイト:

(Visited 49 times, 3 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こいとりライター

おしり・ほのか
プロフィール:採用・求人まわりのコピーライターになって10年以上。自らもお局さま化しているのではないかとビクビクしている30代♀。酒と野球観戦にかまけているうちにオヤジ化も進んでおり、我が身の行く末が心配でしかたない今日この頃。男性とは恋の予感もなく飲み仲間になってしまうことが多いが、飲み仲間になれない男性とは恋愛ができないという困った体質。

PAGE TO TOP