恋の悩み相談

恋愛ベタを卒業!好きな人が振り向いてくれない女子へのアドバイス

「う~ん、あの人のことが好きなのに、どうして理想と違う人ばっかりに好かれちゃうんだろう」

 

こんな悩みを持つ人は意外と多いもの。好きな人になかなか好かれず、自分にとってどうでもいい人にばかり好かれてしまい、自分に自身を失っている人もいるのでは? では、どうして好きな人になかなか振り向いて貰えないのでしょうか。

 

今回は、そんな女子のために、好きな人に好かれるための心の持ちようをお伝えします。

好きな人に好かれない女子の特徴は?

 

好きな人に好かれない、そういう悩みを抱える女子にはいくつか特徴があります。あなたはいくつ当てはまるでしょうか?

過度に緊張しすぎてついおかしな態度を取ってしまう

好きな人の前でついついそっけない態度を取ってしまう、また、緊張しすぎてうまく喋れずにいるなど、不自然な行動に出てしまうことはありませんか。

 

それは、あまりに好き過ぎてぎこちなくなってしまうからなのです。相手に嫌われたくないから、好きという気持ちにフタをしようとしているけれど、どうしても気持ちがダダ漏れになってしまうため、押さえ込もうと必死になるうちいつしか行動がギクシャクしてしまうことに。

 

そして、あまり意識していない人には自然体に振る舞えるため、意識していない人から好かれてしまうという悪循環を生んでしまいます。

自己嫌悪や罪悪感が強い

また、「自分なんか好かれるはずがない」と思っている、もしくは「誰からも愛される資格などない」といった自己嫌悪や罪悪感が強いと、どうしても相手からの感情を素直に受け取れなくなっていまいます。それは、自己嫌悪も罪悪感も、自分自身を否定する感情だからです。

 

自分を否定する感情が強い人を、愛せる人はほとんどいないといっていいでしょう。結果的に、好きな人に好かれないどころか、誰にも好かれない結果になってしまいます。

 

また、あなた自身が自分の欠点を補おうとして、自分にないよさを持つ人を好きになる傾向があるならこれもまた要注意です。欠点を補うということは、無意識のうちに自己嫌悪感を刺激していることにつながります。

 

そうなると、知らず知らずのうちに自分を追い込むことになってしまうのです。自分を追い込んでしまうのは、あまりよくありません。

人は結局同じレベルの人を引き寄せることに気がつかないと悪循環に

あなたに好意を寄せている人は、自分と同じレベルの人が多いものなのです。ところが、これを受け入れられずに「あり得ないんだけど」と切り捨てるとどうなるでしょうか。

 

自分と同じレベルの人を切り捨てるということは、自分自身のなにかを切り捨てることとほぼイコールです。すると、好きな人に嫌われたくないという意識が働いてしまい、いざ好きな人と真正面から向き合えなくなってしまいます。

では、どうしたら好きな人に好かれる自分になるのか

 

好きな人に好かれたいと思いすぎたり、自分に自信がなさすぎたりすることが、好きな人に好かれない結果につながってしまいます。では、どうしたら好きな人に好かれる自分になるのでしょうか。

好きな気持ちを小出しにすること

相手に自分の気持ちを悟られたくない、もし、他の人を好きだったら恥ずかしい思いをしてしまうかも。そんな気持ちが、自分の行動にブレーキを掛けているとするならとてももったいないこと。

 

好きな気持ちは、表に出してはじめて相手に伝わるものです。ですが、いきなり告白って行動は、大人の恋愛ならできれば避けたいもの。そこで、好きな気持ちを少しずつ出していく方法がおすすめです。

 

具体的には、相手と話をするときは目を見る。共感する。これさえできれば、相手になんとなく自分のことを考えてもらうきっかけを作ることができますよ。

自分を好きになること

次に大切なのは自分を好きになることです。ありのままの自分を認め、行動することで、少しずつ自分自身を好きになることができるでしょう。

 

自己嫌悪や罪悪感が強いと、実は恋愛以前の問題が転がっていることが多々あります。自分を認められないままに生きていると、人にイヤなことをされたり失礼な行動を取られたりしても、反撃できずにダメージを受けてしまうことがあるのです。

 

また、そんなことが長く続くと、いつしか心身に強い影響が出てしまうことも。

 

そのような心の状態で、いい恋愛はできません。好きな人に好かれたいのなら、自分のことを好きになるのが近道です。

いつか好きな人と付き合えるというスタンスで

「今の好きな人と付き合いたい、あの人が振り向いてくれなきゃ自分がダメになっちゃう」こんな思いを抱える女子はちょっと冷静に自分の感情を見直してみてください。

 

すごく一途な思いで、羨ましい感じもしますが、傍から見るとちょっぴり重たいですよね。この重たさで相手に迫ったらどうなるか考えてみてください。

 

ちょっと逃げ出したいかもと思うでしょう。

 

まして、相手が自分のことをそれほど好きじゃないとしたら……困りますよね。

 

まっすぐな思いで人を好きになるのはとても素晴らしいことですが、あまり思い詰めすぎると萎縮しっぱなしになってしまいます。ましてや、これが最後の恋愛だ……なんて肩に力がパンパンに入りすぎると、なにもかもがぎこちなく、会話の取り掛かりすらつかめない状態になるかもしれません。

 

今、好きな人と付き合えなくても構わない、いつか私が好きになった人が自分のことを好きになってくれればいい。こんな肩の力が抜けた感じが、イマドキの恋愛にはちょうどいいくらいです。

 

思い詰めていると感じる人は、もう少しだけ気楽になりましょう。

仮に好きな人じゃなかったとしても……

 

最後に、告白されたときはそんなでもなかったけれど、付き合いだしてから相手のことをすっごく好きになったということは実はよくある話です。

 

好きな人になかなか振り向いて貰えなくてちょっぴり恋に疲れたなと思ったときは、自分のことを好きだと言ってくれる人と付き合うのも、恋がうまくいくひとつの方法というのを頭の片隅に入れておいてくださいね。

 

 

 


参考:

(Visited 628 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こいとりライター

宇野 未悠
プロフィール:ライター・ゲームシナリオライター/ゲームプランナー・作家。幼少期に両親からMSXを買ってもらったことから大のゲーム好きに。 女優、フリーター、歌手など紆余曲折を経て現職。恋愛はわりと奥手でいわゆる残念美人。男と女の機微を描くことに定評がある。直近のお仕事は夕刊フジ『男と女の事件簿』

PAGE TO TOP