恋の悩み相談

連絡がこない彼へのイライラ・モヤモヤから脱出する方法とは?

最近ではSNSが普及したこともあり、メールなどのインターネット上でのコミュニケーションがより身近になりました。何だかんだ言っても、女性の多くはメールが大好き。テンポよくメールで会話するのは、女性にとってごく当たり前の日常です。女性にとってのメールは、「コミュニケーションツール」のひとつなのです。

 

一方、男性にとってメールは「連絡手段」にすぎません。つまり、連絡すべき用事がないとメールをしないわけです。だからこそ、カップルの間でも「彼氏から連絡がこない」という問題が発生します。こちらから送ったメールが他愛もない内容だとしても、既読スルー・未読スルーされると「お前は人から話しかけられてるのに無視すんのかよ!」とイラッとするもの。つい彼に対しての不満が募ってしまいますよね。そこで、今回はそんなイライラ・モヤモヤを溜め込んでいる女性たちが、心穏やかになれる方法を考えてみましょう。

連絡をしない彼の心理とは?

 

イライラ・モヤモヤを解消するためには、まず相手の心の内を知ることが大切。なかなか連絡をしない彼は、どんなことを考えているのでしょうか。まず、大前提として知っておきたいのが「男性は女性と比べてメールや電話での日常的なコミュニケーションに価値を感じていない」ということ。

 

もちろん、「好きな女性とコミュニケーションをとりたい」という気持ちはあるようですが、日常的にコミュニケーションを重ねるよりも「会った時に話せばいい」という気持ちが勝ってしまうのです。では、なぜ「会った時に話せばいい」という思考になるのでしょうか。理由を挙げてみましょう。

1】特に連絡することがない

女性側としては、些細なことでもいいから連絡がほしいと思いますが、男性はそうではありません。男性にとってメールは連絡ツール。「わざわざ連絡する用事」がないと、連絡を取る必要がないと考えてしまうのです。わざわざ連絡をするのですから、「今日こんなことがあったよ」などの些細なことでメールはしません。例えば、「明日の待ち合わせは15時に渋谷駅で」というような連絡事項でなければ、彼女でもメールを送らないのです。

2】面倒くさい

メールでのコミュニケーションをそれほど重要だと思っていない男性は、日常的な連絡自体を面倒だと感じている可能性があります。だからこそ、重要な用件がない限り自分から連絡することはないのです。そもそも、恋愛の優先順位が低い男性もおり、そういう人ほどメールを面倒くさいと感じます。女性からすると「メールなんて5秒で送れるのに!」と感じますが、5秒すらこのタイプの男性にとっては面倒くさいのです。

3】仕事など、他のことで忙しい

よく言われる男性の特徴に、「複数の物事を同時進行できない」というものがあります。そんな男性は、生活の中で1つが忙しくなると「彼女に連絡をしなければならない」ということ自体、脳内からすっぽり抜け落ちてしまうのです。例えば、仕事が忙しくなってくると23週間平気で連絡を取らなくなることも。とはいえ、決して彼女を嫌いになったわけではありません。単純に頭が回らないのです。

4】自分が連絡しなくても彼女から連絡がくると思っている

彼から連絡がこないため、日常的にあなたから連絡をしていませんか。その場合、「わざわざこっちから連絡しなくても向こうから連絡がくるだろう」と思っている可能性があります。基本的にメールでのコミュニケーションを男性は取りませんから、「どうせ連絡がくる」=「放置しても大丈夫」という思考になるのです。

彼から連絡がこない時の不安解消法

 

男性が連絡をしない時の心理が分かりました。とはいえ、分かっていてもイライラしてしまうものです。しかし、そのイライラを直接彼にぶつけるのはNG。喧嘩に発展するのは目に見えています。そんな時に試して欲しい方法を考えてみました。

1】特に連絡することがない、と思っている彼には……

自分からバンバン連絡をするのではなく、まずは「なぜ連絡がほしいのか」を説明してみましょう。「自分ばかりが連絡し続けるのは不安」、「◯◯君のことなら些細な事でも知りたいし、教えてくれたら嬉しい」など何でも構いません。

 

こうしてきちんと伝えることで、「彼女がそう言うなら……」と連絡をくれるようになる可能性が充分にあります。はじめは彼もどれくらいの内容で連絡をしたらいいのか分からないかもしれませんから、お手本を見せるように自分から連絡してみるのもいいかもしれませんね。しかし、急に彼の性格や考え方が変わるわけではありませんから、頻度は控えめにしてみてください。

2】面倒くさい、と思っている彼には……

このタイプの彼には、ちょっと注意が必要です。「彼から連絡がこないなら、私から連絡を取ろう」と、頻繁に連絡することで、彼の負担になってしまう可能性が高いからです。それが続けば、彼の気持ちが冷めてしまうという事態にもなりかねません。「連絡がほしい」と伝えることで、連絡をしてくれる可能性もありますが、より一層「面倒くさい」と思ってしまう引き金になることも。

 

このタイプの場合は、難しいですが価値観の違いと捉えて頻繁に連絡を取ることを諦めたほうが良いかもしれません。「彼から連絡がこない」とイライラ・モヤモヤするのではなく、他に楽しいことを考える方向の努力をしてみましょう。

3】仕事など他のことが忙しい彼には……

1つのことに集中した時、恋愛のことがすっぽり抜け落ちる。これは、女性にとって信じられない出来事です。でも、これは男女の考え方の違い。強制的に変えることはとても難しいのです。そんな時には、「彼女と連絡を取る」という行動自体をこっそりルール化してしまいましょう。「ルール化します」と宣言するのではなく、「こっそり」というのがポイントです。宣言してしまうと「連絡を取る」という行動が義務に変換されてしまいます。

 

そうなると、男性にとって負担であることには変わりありません。例えば、何となく毎日寝る前にメールを送ることが習慣的ルールになってしまえば、男性にとっても負担ではありません。「朝起きたら朝食を食べる」と同じ感覚です。どんなに忙しくても、朝食を摂る習慣がある人であれば必ず朝食を食べますから。時間はかかりますが、確実に連絡してもらえる方法です。

4】「連絡が来る」と思っている彼には……

「自分から連絡しなくてもどうせ連絡が来る」と思われているなら、まずはピタッと連絡を止めてみましょう。典型的な方法ですが、実は効果大の方法です。毎日連絡があったのに、いきなり連絡がこなくなるのは相手が誰であれ気になるものです。

 

例えば、毎日来ていた迷惑メールがある日突然ピタリと来なくなったらどう思うでしょうか。多くの人が「あの迷惑メール、やっと諦めたんだ」と思うはず。迷惑メールでさえピタリと止んだ瞬間、そのメールのことを考えてしまうもの。彼女とあれば、考えないわけはないのです。とはいえ、フェードアウトされてしまってはかないませんから、1週間を目安にしてみましょう。

「連絡がこない」を気にしたら、負け

男性と女性では、そもそも脳の構造が違うと言われています。極論を言ってしまえば、全く別の生き物なのです。だからこそ理解できないことばかりですし、理解しようとしても難しいもの。極論を言えば、「深海生物が考えていることを理解しなさい」と言われているのと同じような状況です。つまり、連絡がこないことを気に病んで、イライラ・モヤモヤしているだけ時間の無駄。それならば、自分のために時間を使ってみませんか? 時間を使うなら、彼のことを考えなくてすむように、できるだけ没頭できることがベター。例えば、こんなものはいかがでしょうか。

  • 録画していたドラマやアニメ、バラエティ番組を消化する。
  • 筋トレをして心身ともに鍛える。
  • 長風呂をして一心不乱にキレイを磨く。
  • いつもより少し長めにジョギングをしてみる。
  • 収入もスキルもアップするように残業する。
  • 愉快な仲間たちと浴びるようにお酒を飲んでみる。
  • コツコツ無心でムダ毛処理をする。
  • ドップリ感情移入できる長編ゲームにチャレンジする。
  • 興味のある雑誌や漫画を片っ端から買って読み漁る。

彼からの連絡に振り回されない日々を

 

大好きな彼ができると、女性はどうしても彼中心になりがち。しかしデキるアラサー女子たるもの、自立しておきたいものです。それに男女の違いは想像以上に大きいはず。「連絡がこないってことは私のことあんまり好きじゃないんだ」、「会いたがらないのはもう気持ちが覚めたってこと?」と、自分の物差しで彼の気持ちを想像しても徒労に終わってしまいます。それよりも、前向きな気持ちで自分の時間を楽しんでみませんか。自分で自分を幸せにしてあげられる、自立した女性なら彼も惚れ直しれくれるかもしれませんよ。

 

 

 

 

 

 

参考サイト:

(Visited 2,966 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こいとりライター

たかはしあずさ
会社員としてコピーライティングを中心に広告制作に携わり、フリーライターへ。現在は音楽やアニメなどのエンタメ系記事のライティングを中心に、インタビューや広告設計も行なう。音楽をこよなく愛し、自らバンドを組んでFUNKSOULを歌い倒す日々。タワマンに住んで、ジャニーズ系イケメンと暮らすのが夢。

PAGE TO TOP