恋の悩み相談

私には時間がない!いつまでも煮え切らない彼氏に結婚を決意させる方法

30歳を間近にし、頭に「結婚」の文字が浮かんでいる女性は多いでしょう。いつでも準備OKな女性とは違い、なかなか「結婚しよう」とプロポーズしない男性。「私との将来、どう思っているの?」なんて聞くわけにもいかないですよね。

 

しかし、このまま何年もズルズルと付き合っている時間がないのも事実。「いつまで待っていれば良いの?」「もう別れたほうが良いの?」そんな悩めるあなたに、彼の気持ちに迫り、そして結婚を決意させる方法をご紹介します!

 

男性の結婚への意識には、仕事が大きく関わる

男性が「結婚したい」と思うのは、どんな瞬間なのでしょうか? まずは一般的なパターンをいくつかご紹介します。

 

  • 仕事に自信が持てるようになったとき
  • 転勤が決まったとき
  • 結婚へ向けた目標の貯金金額に達したとき
  • 体調を崩したとき
  • 家に帰ったら彼女がご飯を用意してくれていたとき
  • 友人が結婚したとき

 

これらのパターンを見ると、男性の結婚への意識には「仕事」が大きく関わっていることがうかがえます。男性にとっての「結婚」は、「一生家族を養っていく」ということ。男性は今の彼女と「すぐに結婚したい」と思っていても、仕事や経済的な理由があって結婚に踏み切れないことがあると理解しましょう。

 

そんな男性の気持ちを理解するには、彼の「仕事に対する思い」や「将来のビジョン」をあなたも知っておくことが重要です。そこから彼の考えている結婚のタイミングが見えてくることもありますので、さりげなく仕事や将来の話をしてみても良いかもしれません。

 

また、彼に結婚を意識してもらうためには「仕事での活躍をサポートしてくれる存在」と認めてもらうことも大切です。彼の考えに触れるときは、聞き出すという意識ではなく、「応援したい」という姿勢を見せると良いでしょう。

 

彼が結婚したくなるように行動で示す

pixta_16544875_S
彼の仕事を応援する姿勢を見せても、なかなか結婚の話が進まない場合は、徹底的に「結婚したい女」を演じてみましょう。男性は、「体調を崩したとき」や「家に帰ったら彼女がご飯を用意してくれていたとき」など付き合っている女性から「家庭」を連想できたときに、結婚を強く意識し始める傾向があるとわかります。

 

そのため、彼が起きる前に朝ごはんを用意しておいたり、彼が風邪を引いたときに献身的に看病したりして、彼にあなたから「家庭」を連想させるように行動してみましょう。恋人であれば「ただ一緒にいて楽しい関係」で良いかもしれませんが、結婚となるとそういうわけにはいきません。彼にあなたが「妻になるイメージ」をしっかりと持ってもらえるよう、まずは積極的に家事をしたり、身の回りの環境を整えたりしましょう。

 

それでもだめなら…?いっそのこと、浮気もOK!

「いろいろ試してみたけど、彼にはまったく変化が見られない……」そんなときには、いっそのことほかの男性に目を向けてみるのも良いでしょう。なぜなら、彼はきっと、あなたがいつもそばにいることが「当たり前」になってしまっているからです。

 

いつもそばにいることが「普通」になってしまうことで、彼はわざわざ「結婚」という形式を取ることが面倒になっているのかもしれません。そこで、「私の存在は永遠じゃないのよ」という想いを伝えるために、まずは彼に“危機感”を与えることがポイント。

 

たとえば、「今日、○○さんと出かけてくるね」と言ってみてはいかがでしょうか。実際に彼以外の男性との予定を入れても、ウソでもどちらでも構いません。大事なのは「自分以外の男と会っている」というアピールをしてみること。

 

まずはそこから彼の反応をうかがってみましょう。普段はそんなことを言わないあなたに、彼は「自分以外の男性のところに行ってしまうのでは?」と焦ってくるかもしれません。彼の様子が少しでも変われば、素直に想いを伝えてみても良いでしょう。

 

反対に、それでも彼がまったく気にする素振りを見せないようなら、彼との結婚は少し考えたほうが良いかもしれません。たとえ彼と結婚できたとしても、彼は結婚後もあなたの存在を「当たり前」と思い続ける可能性があります。そういった部分を見極めるという意味でも、ほかの男性に目を向けることは有効なのです。

 

幸せな結婚へはあなたからの行動も必要

pixta_19003291_S
いかがでしたか? 女性は男性と違い出産というライフイベントも考えなければならないため、結婚に対する価値観が男性と異なるのは当然のこと。そのため、彼に早いところ結婚を意識させるには、まずはあなたが動いてみることが大切です。

 

彼の気持ちに触れることで、もしかしたら傷ついてしまうこともあるかもしれません。しかし、将来のあなたにとってそれは決してマイナスのことではないでしょう。幸せな未来を手に入れるためにも、ぜひ試してみてください。

 

参考サイト:

(Visited 1,950 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こいとりライター

たけし
その恋、可笑しくて、いとおしい。 セクシー不足の25歳。身長149cmの未発達ライター。「迷っている人の背中を押したい!」と、突然販売スタッフを卒業。現在は求人広告のコピーライターとして、第二の故郷・大阪の地で奮闘中。好きなタイプは、うす顔と適度なひねくれ者。クスッと笑えて、でもなぜだか心が温かくなる。そんなアラサー女子の恋を、キレイすぎない言葉でそっと応援します。

PAGE TO TOP