「結婚したい」という女性のリアルな婚活ライフ。合コンで出会った人、デートした人、その時の感情や、こんな男に騙されやすい、どうしても比較してしまう過去の男などなど。どのように結婚に向けて『トリアージ(優先順位付け)』をしていくのか、ブログ形式ですべてノンフィクションで、赤裸々に綴っていきます♪

さつき

清楚系腹黒女×目指すは国際結婚

27歳/千葉の田舎/派遣+複業4つ

2年ほどの海外暮らし経験を踏まえ、日本と海外の恋愛事情を赤裸々(時々腹黒)に書きます。現在進行系で忘れられない人はいるけど、明るい未来に期待して婚活ブログ楽しみます♪

【体験談】付き合った経験からの年下男子を落とす方法

  • さつき
  • コメント(0)

こいとりガールズ(&ボーイズ)のみなさん、こんばんは!月曜日のさつきです!

 

12月に入りましたね!2017年も終わります・・・

 

みなさんは一年の終わりには、いつも何を感じますか?

やっぱり1月から起こった出来事を振り返り〜とかやりますか?

私はやります(笑)でも私の一年分の総振り返りは読者のみなさまには興味のない内容になりますので、慎みます(笑)

 

 

今日は、最近気づいた自分の一面について

気づいたというか、改めて思ったわけであります。

 

 

私、年下の男の子、好き。

 

ってことに。

 

 

共感してくださるアラサーこいとりガールズ募集中でございます。(笑)

 

日本に普通に生活してたら年下男子との関わりなんかめったにないかとは思うのですが、海外生活をしていると、関わりが非常に増えます。

まあみんなあれですよね、休学して海外来てたりするので。

以前長期滞在していた国でも出会った年下の男の子とは、いつの間にかすごく仲良くなり、最終的には付き合っていました。

 

私の精神年齢の問題なのか?!すぐに年下くんとは距離が縮まります。

 

私の経験則から述べる年下男子を落とす方法

それをふまえ、「私の経験則から述べる年下男子を落とす方法」の巻き。

(いや、ぶっちゃけ落とせた試しは数えられる程しかないんですけど!笑)

いやらしくない程度の天然女であれ

「この人年上のくせに抜けてる・・」な部分をチラ見せすると彼らは心を開きます。

人生経験の豊富さをアピールせよ

相手が純粋な男子であれば、ちょっとアドベンチャーな経験則を話してあげると目を輝かせて聞いてきます。

「年下なのにすごい!」発言を小出しにする

ちょっと敬ってあげるとかわいらしく調子に乗り始めます。

余裕を醸し出す

相手が言われて喜ぶことを照れも惜しげもなく言う。言いたいから言っただけなのに、向こうは「それ、年上の余裕ってやつですか・・たじたじ」と、し始めます。

躊躇なくわがままであれ

「ちょっとくらいわがまま言ってもいいでしょ?だって年上は敬わなきゃ」ばりに図々しいわがままを言ってみると、案外喜びます。

でも、うざくないやつ、かわいいわがままにしましょう。

 

 

上記の5か条をふまえて年下男子と接してみてください。

ちょっと距離が縮まったことに気づくはずです。

実践結果

ちなみに私が今年接して来た年下男子達との統計は、こんな感じ。

上記の5か条は、私が(無意識か意識的かは相手によりますが)使い分けてきたことです。

全然恋愛対象じゃない年下君との関係性

抜けてる事が相手にバレた時から、見下され始めました。周りの年上の人に接する態度と私に対しての態度の違いに、他の友だちが「お前さつきのこと見下してねぇ?」って聞いたら「はい、さつきさんのことは俺よりバカだと思ってます!」二カーって感じでした。ちくしょう。

 

でもかわいいから許す。

ちょっと、なんかきっかけがあれば、アリな年下君との関係性

なんでも話せる居心地の良い相手になっています。バカな面を見せればめっちゃつっこんでくれるし、真面目なモードで語ればついてきてくれる。

 

ふと電話したくなって電話すれば、1時間くらい平気でワイワイと話す。でもお互いの恋愛相談にだって乗っちゃう、とてもオープンな仲で落ち着いてます。

好きと言われれば好きになれるくらい魅力的な年下君との関係性

まず、見た目がタイプなんです〜(笑)

うんと年下だけど、気にしろと言われなければ気にしなくてもいいでしょ?って思うくらい。でもさすがに自分からはいけません!向こうが好意的な態度を示して来たら、乗らせていただきます。

 

現状、段階その1の「さつきさんって天然って言われるでしょ?」を経て、段階その4の「○○くんって○○だよね」は使いました。照れてました。

もう少し距離が縮まったらいいなって思います

総評

年下男子との関わり合いは、心の拠り所になり、自分に少しの優越感と余裕をもたらしてくれます。

 

 

がんばらなくて良いことが非常に楽!

 

無理に好かれようとしなくてよい。

向こうが好意を示して来たら、有り難く乗せてもらうのが一番。

 

年上や、年の近い殿方との恋愛にそろそろ疲れたなってとき、年下男子と一息つくのはいかがでしょう?

母性本能くすぐられるし、癒されますよ

どんなに会話が下手でも中身なくても満たされますよ・・この子アホねって優越感にひたれますよ

 

 

お試しあれ!!

 

See you in next week!

 

Satsuki

 

 

Twitter: @koitori_satsuki
Instagram: @koitoriblog_satsuki

 

お気軽にフォローしてください。

 

Check it out!

 

(Visited 304 times, 1 visits today)

コメントする

内容を確認して「投稿する」を押してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TO TOP