「結婚したい」という女性のリアルな婚活ライフ。合コンで出会った人、デートした人、その時の感情や、こんな男に騙されやすい、どうしても比較してしまう過去の男などなど。どのように結婚に向けて『トリアージ(優先順位付け)』をしていくのか、ブログ形式ですべてノンフィクションで、赤裸々に綴っていきます♪

さつき

清楚系腹黒女×目指すは国際結婚

27歳/千葉の田舎/派遣+複業4つ

2年ほどの海外暮らし経験を踏まえ、日本と海外の恋愛事情を赤裸々(時々腹黒)に書きます。現在進行系で忘れられない人はいるけど、明るい未来に期待して婚活ブログ楽しみます♪

誕生日のサプライズする?しない?彼氏への期待は少ないほうが得?

  • さつき
  • コメント(0)

こいとりガールズ(&ボーイズ)のみなさん、こんばんは!月曜日のさつきです!

 

Merry Christmas!!

 

なんと今年のクリスマスは月曜日

さつきのブログ更新の日!

 

 

みなさん、どんなクリスマスをお過ごしですか?

 

アジア圏以外の国は、クリスマスは家族と過ごす日。恋人のためではないんですよね。私は今年、海外でのクリスマスなので、ハウスメイト達とワイワイ過ごす予定です(記事執筆時はまだ迎えていないので・・)

 

 

今年は月曜日、平日がクリスマス当日ですね・・恋人同士の方はクリスマスディナーを存分に楽しんでいるときでしょうか。

 

シングルの方は、存分に仕事して疲れ果てて家帰って寝ましょう!

ふて寝ましょう!うん、平日で良かった!

 

 

私が日本にいたとき、どんな風に独り身のクリスマスを過ごしていたか、もう覚えていません。

去年のクリスマスの記憶、ありません。(あ・・はることEVEに婚活パーティに行った!もう一年も前だなんて、信じられない。)

 

 

今日は、クリスマスにちなんで、恋人同士の『記念日』の価値観について書いてみたいと思います!

 

 

というのも、実は先日、私の親友に事件が起きたのです。

さっそくネタにさせてもらいます、S子、ありがとう!

 

 

私の親友S子の誕生日は12月の初旬です。

S子のことは過去の記事でも書いたのですが、今年の夏に彼氏ができました。

 

結婚も考えられる相手です。順調にお付き合いをしていて、まもなく同棲開始という段階。今年の夏から始まった付き合いなので、初めてやってくる誕生日というビッグイベントをS子はとても楽しみにしていました。

 

 

なぜならS子の彼氏はとても

 

社交的でアウトドアで、人を喜ばせるのが好きで、サプライズとか考えるのが好き(自称)

 

な人だからです!

 

 

彼の友だちの彼女へのサプライズを手伝ってあげた自分の武勇伝も語られたりしたそうです。

 

 

いいですよね?

とても、誇らしいし、頼もしいし、サプライズ好きに悪い人はいないですよね

 

 

S子はもちろん、きたる自分の誕生日にはどんなサプライズをしてくれるんだろうとワクワクしていました。

私がS子でもとても楽しみにする状況だと思います。

 

 

ところが・・・・結論から言いますと、S子が誕生日当日にしたことは仕事を終えてひとりでHERVESのミルクレープと紅茶のセットを食べ、(私と電話で話しながら)涙ながらに家路に着くという、なんとも・・なんとも悲しい誕生日の夜を過ごすことになったんです。

 

 

一体何が起こったのか?!

 

 

彼は誕生日をすっかり忘れていた?!

 

違います。

 

 

彼はS子を祝う気になれないほど落ち込んでいた?!

 

違います。

 

 

誕生日当日が平日だったので、お祝いをおサボりになった。

 

正解。

 

 

誕生日前日に、「明日は平日だからお祝い出来ない。」との連絡を受けたS子。その時は、サプライズを企んでいるに違いないと思ったそうですが、どうやら本気で言っている様子。

 

 

S子は悲しみと疑いと怒りの感情を抱えて当日を迎えました。

電話での「おめでとう」もなし。

 

 

付き合って初めての誕生日なのに・・平日でもディナーくらいできるじゃん?!

友だちの彼女への誕生日サプラサイズは計画してあげるのに、自分の彼女には放置プレイをかましてくるってどうゆうこと?!

 

 

悶々と一日を過ごしたS子。

 

私は海外にいながら、LINEで状況を聞いて信じられず一緒にぷんぷんとしていました。

 

 

さつき「きっと、家に帰ったら居るパターンだよ!サプライズしようとしてるに違いないよ!」

S子「だとしたらもう少し様子伺ったりしてこない?サプライズ下手くそすぎだろ。」

 

と、第三者の私のフォローむなしく、S子は彼が仕事後に家に来てくれることはないと決めかかっていました。

 

彼はS子宅から車で1時間ほどのところで働いていて、簡単に来れる距離ではないのは事実。

 

 

S子「今日仕事終わったらひとりでケーキ食べに行く事に決めた。」

さつき「お、おお・・・付き合うよ、電話するからさ。」

 

 

時刻は夜9時ごろ、S子は私とLINE通話をしながらミルクレープを注文して食べ始めました。

彼氏への不信感はこの時MAX・・(笑)

 

 

この時も彼からの連絡はなし・・

私の中では、「家に帰ったらいる」パターンをまだ信じていたのですが・・。

 

 

私とS子は、作戦会議をしました。

どうやって、今日の事件に対して彼に謝らせるかについて。

彼はなかなかプライドが高いらしく、本当に自分に落ち度がある時でも、なかなか「ごめんなさい」を言わない人だとS子は分析しています。

 

 

でも、今回に関してはどうしても彼から謝らせたいS子。

 

 

私がした提案は、「怒るな、悲しめ。」ということです。

よく、浮気された場合もっとも効果的な方法として、怒るより悲しんで相手の罪悪感をMAXにするということが書かれていますが、この場合もこの方法が通用するのではないかと思いました。

この後のLINEでは、悲しかったことを伝えてみる、とS子は言って家に帰ったのですが・・

 

彼、居たみたいです。(笑)

 

 

プレゼントだけ届けに来たようで数十分だけ話して帰っていったようです。

S子は、やはりこらえきれず、怒りの涙を流し、彼は初めて自分の過ちに気づき、その場では謝らずとも、帰宅後のLINEで「悲しい思いさせてごめんよ。」と言ってきたそうです。

 

 

なにはともあれ、S子にとってはあまりに悲しい誕生日当日となってしまったのですが・・ここでひとつ、私たちが出した結論があります。

 

 

期待しすぎたからこんなに悲しい。

 

 

ということです。

 

もう、勝手に期待して裏切られて悲しい思いしてるのは、勝手に期待した自分が悪いんです。

そんな結論を出せる私たちは、誰よりもオトナ。オトナな女です。

 

恋人に対して、期待はしない。

それが自分を一番傷つけずに穏やかにいられる方法。

 

 

みなさんの中にも、クリスマスデートが思うように盛り上がらなかった・・なんて状況に陥っている人はいませんか?

デートの前、期待しすぎていませんでしたか?

 

Don’t expect too much.

expect=期待

 

私の好きな単語上位に入るこの子。

私はこれからも、好きな人に期待をしません。

それは決して悲しいことではなく、自分を傷つけないための愛情表現の一種なのです。

と、いうことで、今後とも、S子と彼氏のことはネタにさせてもらいますので、みなさまも温かくお見守りくださいね

 

 

See you in next year!!xoxo

Satsuki

 

Twitter: @koitori_satsuki
Instagram: @koitoriblog_satsuki

 

お気軽にフォローしてください。

 

Check it out!

 

(Visited 206 times, 1 visits today)

コメントする

内容を確認して「投稿する」を押してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TO TOP