「結婚したい」という女性のリアルな婚活ライフ。合コンで出会った人、デートした人、その時の感情や、こんな男に騙されやすい、どうしても比較してしまう過去の男などなど。どのように結婚に向けて『トリアージ(優先順位付け)』をしていくのか、ブログ形式ですべてノンフィクションで、赤裸々に綴っていきます♪

さつき

清楚系腹黒女×目指すは国際結婚

27歳/千葉の田舎/派遣+複業4つ

2年ほどの海外暮らし経験を踏まえ、日本と海外の恋愛事情を赤裸々(時々腹黒)に書きます。現在進行系で忘れられない人はいるけど、明るい未来に期待して婚活ブログ楽しみます♪

【体験談】年下男子の恋愛好意をどう受け止める?

  • さつき
  • コメント(0)

こいとりガールズ(&ボーイズ)のみなさん、こんばんは!月曜日のさつきです!

 

HAPPY NEW YEAH!!!

 

年末年始はいかがでしたか?

ゆっくり家族時間を過ごせましたでしょうか?

 

 

私は、、、聞かないでください・・・大晦日までがっつり仕事でした

っていうても、この国の季節的にまったくお正月感とかないんですけどね(笑)

 

 

1月1日に更新予定の今日の記事では何を書こうかと考えました・・まったく年始とか関係ない内容になりますが、よいですか。

だって、お正月ネタって恋愛と絡めるの難しい!

 

好きな人と年越しって憧れですけどね、現状そのような経験はございません

 

ということで今日の記事では、二つ前の記事で書いた「年下男子レポート」第2弾いきたいと思います!

 

 

この度、私と、6歳下男子(Sくん)の間に進展が・・・あったんですよね、なんと

 

それは、クリスマスイブの夜でした!!

そして、Sくんと一緒に働く最後の日!(Sくんは先月いっぱいで辞めました。)

 

 

以前飲みに行ってから、「予定さえ合えばまた飲みたいね」とお互い話をしていたため、この日はSくん最後だし、次の日休みだし、仕事終わったら飲みいくか!という気分になったので、前日に私からお誘いしました

 

 

本当は、なにかの記事で「年下男子は自分から誘うべからず」というのを読んでいたので、少し考えたのですが、まあいいかと(笑)

 

私とSくんはとても仲良くなっていたし、気軽に誘える飲み友達とも言える、と私の中で解釈したのです(笑)

 

という流れで、当日は朝から晩まで精一杯働き、仕事を終えて職場近くのボトルショップでビールを購入!

 

それをそのまま持って近くの公園へ・・

 

 

 

そうなんです。

まず、遅くまで開いているお店が少ないので、私たちは前回同様、今回も公園飲みをすることにしました。

 

 

 

真っ暗な公園で隣に座って、星を眺めながら・・・飲んでいると、結構気持ちがオープンになるんですよね。

 

 

本当にSくんとはいろいろな話をするのですが、内容はやはりガキっぽいときもあります。(笑)

職場にいる男性の中で誰とだったら付き合える?!とか。中学生かって思います。(笑)

 

 

でも、今回話していてわかったことは、Sくんは自分に対してすごく自信がないということ。

マイナス思考な部分もあること。

いろいろ苦労して生きてきているということ。

 

 

私が、「私は、不平不満、悪口、泣き言を言うのは16歳でやめた。マイナスな発言とか感情は、持つだけで逆に疲れる」というような自分のポリシー的な話をしたときも、「それはすごいかっこいい」と言ったあとに、「でも逆に疲れないの?そういう人って我慢してそうで、心が疲れてそう」と言われて驚きました。

 

私は、マイナスの感情の方がエネルギーを消費するタイプなので、愚痴や悪口を封印することに対して疲れたことはないのですが・・

 

違う価値観ってやはり面白いな。と思いました。

 

 

 

それから、どんな流れだったのかは忘れたのですが、私は核心をつくことにしました。

そんな気分とノリだったので。(笑)

 

 

「Sくんと仲良くなれて本当によかったよ、出会えてよかった!」

 「俺も本当にそう思う!」

「私はSくんにはすごい癒されてるし、友達としてと、異性としての狭間で揺れてるよ今(笑)」

「え!?異性として見てくれてるの?!」

「うん、一緒にいたらすごい楽しいしLINEとかできるのも嬉しいし!Sくんはどう思ってるの?!」

「いやもう恥ずかしいなぁー!・・ほんとに魅力的だなと思っていて・・もごもご・・職場で周りにからかわれるのもまんざらじゃないし…けどさつきさんに申し訳ないってすごい思うんだよね、俺なんかとって…もごもご」

 

 

完全に私はこの状況を楽しんでいましたが、Sくんはひたすら照れて一切目を見ませんでした。

 

 

「え?なになに?全然目みないじゃん!(笑)」

「いや、ほんと恥ずかしいから。やめて。でも俺、めっちゃガキだから迷惑かけるなって思って考えてたんだ・・。もし付き合ったらね?迷惑かけるからどうしようって・・」

 

 

あら、付き合ったらとかの話?

軽くびっくりしてしまいました。

私自身はまったく考えていなかったのです。

 

 

しまった・・またこの恋愛パターン。

 

私はいつもいつも、恋愛が始まっても「付き合う付き合わない」の過程で引きます。

恋愛を始めるのは軽くてチャラいくせに、「付き合う」に関してだけは、重い。怖い、逃げたい。

付き合うことで生じるいろいろが面倒くさい。

 

 

そんな最低な自分に気づき、またいつもの言い分をはじめるのです。

 

「とりあえずは、付き合う付き合わないは置いといて、お互いが一緒にいて楽しかったり、なんか影響与えられることがあるなら、一緒にいれたら嬉しいなあって思うよ!」

「えー?それって友達以上恋人未満ってこと?」

 

う、、、

 

「いや?難しいね、でも、付き合うことが全てじゃないって思うからさ!」

「やっぱ大人の世界だなぁー・・」

 

Sくんは納得したのかしてないのか、これを「大人の世界」という箱に収めてくれて私は救われました。

 

でも、お互いが特別な感情があるということが伝わった気はします。

また飲みに行ったり昼間にデートをする予定なので、自分の感情と向き合っていつもの恋愛パターンから抜けるべきなのか、考えようと思います!!!

 

 

 

2018年のこいとりブログは、こんな感じで始まります!(笑)

 

 

果たして今年はどんなネタが舞い込んでくるのか…!!

今年もどうぞよろしくお願いします

 

See you soon!

Satsuki

 

Twitter: @koitori_satsuki

Instagram: @koitoriblog_satsuki

 

お気軽にフォローしてください。

 

Check it out!

 

(Visited 471 times, 1 visits today)

コメントする

内容を確認して「投稿する」を押してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TO TOP