「結婚したい」という女性のリアルな婚活ライフ。合コンで出会った人、デートした人、その時の感情や、こんな男に騙されやすい、どうしても比較してしまう過去の男などなど。どのように結婚に向けて『トリアージ(優先順位付け)』をしていくのか、ブログ形式ですべてノンフィクションで、赤裸々に綴っていきます♪

アンナ

勝手に人を分析(笑)自分は臆病、たられば女子

27歳/東京/会社員

たられば言ってたら、気づいたら、あっという間にアラサーに、、、!笑
理想ばっかり並べるのはもう卒業!
口先だけじゃなく今年は行動して素敵な旦那様(候補)見つけます!

これが出来れば結婚できる?3つのワガママ

  • アンナ
  • コメント(0)

こんばんはアンナです!

 

 

唐突ですがアンナは昔から、ワガママを言うのが苦手です。

 

自分のワガママを押し通すほど、人に嫌な思いをさせたくない!とか

ワガママ言うくらいだったら、自分でやっちゃおー。とか

思ってしまうのです。。

 

 

それが原因で、以前の彼たちにも「俺って、アンナから必要とされてる感じしないわ。。彼氏じゃなくてもいい気がするよ。」っと言われて振られたこと多々。。

 

 

そんなアンナとは対極的な、尊敬してる先輩が今年結婚→出産しました。

その尊敬している先輩は、いい意味で「ワガママ」なのです。

人生が謳歌しているワガママ女子な先輩

先輩がゲットした彼は、ベンチャー企業の有望株。30歳にしてナカメの一等地にマンションを借り、バリッバリ稼ぐビジネスマン。しかも、山崎育三郎似の高身長イケメン。

 

なのに、一途で真面目な男!!!!!!

そして、出産後はシンガポールへ転勤になるので家族3人で移住するのだそう、、、!!!

 

 

どうですか、この華麗なる人生の足取り、、!!!笑

この先輩とは、一緒に働いていて色んな恋愛ノウハウを教えてもらったのですが(笑)

先輩は、彼に対して、とんでもなくワガママだったのです。笑

具体的にこんなことやってたな〜ってことをまとめてみました!

①お金は極力、出してもらう!

2人は同棲してたのですが、家賃・光熱費全般すべて「彼持ち」

2人でゴハンを食べに行っても「ご馳走さま

欲しいものがあったら、「ね〜え、これ(欲しいものを見せて)私に似合うと思う??^ ^」とおねだりし、買ってもらう!笑

 

大切なのは、「彼に『出す』と決断させているところ」でした。決して「出してよ!」とは言わず、「どうする〜〜??」とやんわり質問。

更に出してもらったら「ありがとう」の感謝。

 

お金を出すことで、心のどこかで「これだけ出資してるのに、別れられない、、!!」と思わせるためだそうです。笑

②重いものを持つ、なにかを修理するなど、彼の方が得意なことを見つけてはすぐ頼る!

先輩とお休みの日にランチして、たまたまインテリアショップに寄ったアンナたち。

 

先輩は花瓶を探していて、いい感じの花瓶が!!

先輩「あー!これ理想!!

アンナだったら、ここで速攻買います。

 

がしかし先輩。写メを撮り、彼氏に送信。

 

先輩「重たいから、彼に仕事帰りに買ってきてもらおー

 

先輩曰く、「出来ないことや苦手なことは彼におまかせすること!その方が彼も頼られてる実感が出るし、、嬉しいと思うよ」とのこと、、。

③結婚のタイミングを、おねだりする!

30歳で絶対に結婚したかった先輩。

 

29歳の段階でエンジンをかけまくっていた先輩は、彼に結婚の「おねだり」をよくしていたそうです。笑笑

 

どうすんの??と圧をかけるのではなく「どうしよっか〜〜??結婚」のテンションで常におねだり。笑

 

「1年後にはウエディングドレス着てたいな??」とか具体的なことをかわいらしく言うのがミソだったらしいです。笑

 

 

 

こんな事を実践し、見事幸せな結婚を手に入れた先輩。

 

ワガママを言う事って難しいけど、「相手を喜ばすためのワガママ」は愛されるための手段なのかな??と勉強になったアンナなのでした。。!

 

できることからやってみようと思います。

 

Anna

 

Twitter: @koitori_anna

Follow me

 

(Visited 814 times, 1 visits today)

コメントする

内容を確認して「投稿する」を押してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TO TOP