胸キュン

一人暮らしの女性にオススメ!飼いやすい人気のペットをご紹介

仕事を全力で頑張る“働く女子”たちの中には、生活に癒しを求め、「ペットを飼いたい」と考える人も多いのではないでしょうか。ただ、飼いたいと思ってはいても「ちゃんと面倒を見てあげられるか心配」……なんて方もいるかもしれません。何を隠そう、実は筆者自身も一人暮らしでペットを飼った経験があります。実体験から言えるのは、「一人暮らしの女性でも、ペットを飼いたいというキモチは諦めなくて良い」ということ。世話をするうえでの責任と知識さえあれば、新しい家族として一人暮らしの家にペットを迎えることは十分可能です。そこで今回は、一人暮らしの女性に人気のペットの中から、「飼いやすさ」という観点でオススメの動物をご紹介します。

一人暮らしにオススメのペットの条件とは?

 

とは言っても、実際ペットを飼うとなるといろいろクリアしなければいけない問題も出てきます。たとえば、大型犬なら毎日の散歩は必須。でも、「夜遅くまで働いて、帰ってくる頃にはクタクタ……」という人であれば、帰宅後や仕事前に毎日散歩に行くのは難しいかもしれません。自分の生活リズムも考慮したうえで、パートナーとなるペットを選ぶことも大切なのです。1人暮らしの女性であれば、具体的に以下に紹介する3つのポイントを押さえてペットを選ぶことをオススメします。

① お留守番ができる

仕事をしている女性であれば、平日の昼間は家を空けてしまうことが多くなると思います。その間は、ペットは一人で待っていなければなりません。中には常に人が傍にいて世話をしてあげないとストレスを感じてしまい、体調を崩してしまう子もいます。そのため、「お留守番ができること」は重要なのです。

② 手間がかからない

「たとえば13時間の散歩が必要」「温度に敏感で、専用の暖房設備が必須」など、世話に手間がかかりすぎてしまう動物は、一人暮らしの女性のペットとしてはオススメできません。「癒しを求めて一緒に住むことを決めたのに、一緒に生活することが逆にストレス……」となってしまっては、ペットにとっても自分にとっても悲しい結果に。お互いムリすることなく、生活を共にできるような子を迎えることをオススメします。

③ 鳴き声がうるさくない

一人暮らしの方だと、マンションやアパートに住んでいる方も多いのではないでしょうか。集合住宅だと、どうしても隣の部屋の物音は気になってしまうもの。鳴き声のうるさい動物だと、近隣の人から苦情が寄せられることもあるかもしれません。「自分の家族」として迎え入れる上では、近隣の人への配慮も必要です。

オススメペット1:気まぐれなところすら愛らしい、猫

 

もともと単独行動を好む猫は、比較的お留守番も得意な動物。一人でいるときも気ままに時間を楽しむことができるため、日中飼い主が家を空けていてもストレスを感じにくい性格です。鳴き声もそこまで大きくないため、マンションやアパートでも安心なのがいいところ。中でも特にオススメなのは、「エキゾチック」と「ブリティッシュ」という種類の猫たち。おっとりとした性格なので、「家具や壁で爪を研いだり、いたずらをしたりして、家がボロボロに」なんて心配も少なめです。

オススメペット2:実は寂しがりやじゃない、ウサギ

 

「寂しいと死んじゃう」というフレーズでおなじみのうさぎですが、実はもともと群れではなく、単独行動を好む動物。そのため、一人でのお留守番も得意です。鳴き声もとても小さく、隣の人に聞こえるなんてことはまずありません。また、とても綺麗好きなためトイレもきちんとおぼえます。ゲージの掃除がラクなのもいいところです。一方で人になつきやすく、向こうから近くに駆け寄ってきたり、ひざの上に抱っこされたまま寝てしまったり、なんて可愛い一面も。「癒し」を求める女子にピッタリの動物です。

オススメペット3:しゃべり相手にもなってくれる、インコ

 

多めにエサを入れておけば、1泊程度なら旅行で家を空けても大丈夫ですし、鳴き声もそこまで大きくないという、まさに手間のかからないペット。また、人間の言葉をマネする性質があり、毎日話しかければどんどんおしゃべりが増えていくのは、他の動物にはない特徴です。特にオススメなのは、セキセイインコ、オカメインコ、コザクラインコ、ボタンインコといった小型インコ。中でもコザクラインコは「ラブバード」と言われるほど人になつきやすく、慣れてくるとずっと肩に乗っていてくれるような愛らしさで、人気を集めています。

オススメペット4:じわじわ人気上昇中、ハリネズミ

 

今人気急上昇中のペットといえば、ハリネズミ。最近ではハリネヅミの育成ブログが人気を集めたり、写真集を出したりする子まで登場。「あんなにハリで体が覆われているのに、触れ合えるの?」と思う方もいるかも知れませんが、慣れてくるとトゲを寝かしてくれるため、素手で抱っこして可愛がることもできます。他の動物に比べ表情がゆたかで、「怒っている」「喜んでいる」といった感情を表情から読み取れるのも魅力のひとつです。人気上昇に伴い、最近ではペットショップでもよく顔を見かけるようになりました。

大切なのは、家族としての責任を持つこと

 

ここで紹介した動物達は、いずれも人懐っこい子ばかり。その分、たくさん一緒に時間をすごし、愛情を注いであげることが大切です。「一度家族に迎えたら、生涯面倒を見る」という責任を持つことは重要。ぜひじっくり考えて、それでも決心が変わらなければ、温かくお家に迎えてあげてください。

(Visited 106 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こいとりライター

いくら
プロフィール:求人広告のコピーライター。3度の飯より寝ることが好き。休みの日には、ベッドに寝転がりながらマンガを読むのが至福のときである。合コンで「得意料理は肉じゃがです」というために、現在料理教室で特訓中。

PAGE TO TOP