たられば恋愛道場

元カレがどうしても忘れられず、新たな恋ができない女を押さえ込み!

婚活女子の皆様、押忍!

 

柔道、ボクシングに加え極真空手をたしなむ、戦闘力がムダに高い恋トリライター・チョビベリーです。

 

好きだった人との思い出は忘れがたいもの。一緒に過ごした月日が長ければ長いほど二人で数多くのイベントを体験し、元カレにもらったプレゼントや一緒に作った陶芸作品などの思い出グッズも残っていることでしょう。

 

しかし、いつまでも過去を引きずっていては新しい恋ができません。いつまでも元カレを忘れられないアラサー執着女には、チョビベリーの押さえ込みで猛省していただくのであります!

 

さあ、今回の相談者はどなたでしょうかッ?

元カレが最高の人すぎて。すぐに比べちゃういます

 

本日の挑戦者は、東京都にお住まいのMさん(34歳)。

 

Mさん(34歳)「最後につきあった元カレがすごくいい男だったんです! その人とは4年と2カ月付き合ったんですけど、向こうに好きな人ができて別れちゃって……。でも付き合っていた間は私のことすごく大切にしてくれて優しくて、見た目も性格もカラダの相性も私にとって本当に最高の人だったんです。

 

いまでも彼が誕生日にプレゼントしてくれたピアスが捨てられないし、クリスマスにもらったクマのぬいぐるみも枕元に置いて一緒に寝ているんですよ。何度か忘れようとはしたんですけど、私と一番長く付き合ったのがその人で、何かあるとすぐに思い出しちゃって。元カレのスペックが最高すぎて、合コンや婚活パーティーに行っても「あの人よりいい人はいない」ってすぐに比べちゃうんです。そのせいでもう3年も恋人ができなくて困っています。だんだん結婚できるか不安になってきて。どうしたらいいでしょうか……。」

まずは復縁に懸ける。ムリならがんばって忘れる努力を

 

ハッキリいって、何の行動も起こさずにぐずぐずと中途半端に片思いを続けるのは一番よくありません。Mさんよ、そんなに元カレを最高の男と思うなら、まずは復縁できないかダメもとで行動してみてはいかがでしょうか? 本来ならば一度別れた時点で元カレのことは忘れるべきですが、いまだに思い続けているのであれば覚悟を決めてもう一度トライした方がいいと思いますもしそこでも振られたり、もうすでに元カレは結婚していたりといった場合はそこでキッパリとあきらめてください。

 

そして、いつまでも元カレを忘れられない原因をつくるアクセサリーやぬいぐるみは捨てるべきです。もしそれが誰にもらったとか関係なく、ドラえもんのジャイアンのように「オレのものはオレのもの!」と気にせず使えるのなら問題ありません。しかし、見るたびに元カレのことを思い出してしまうのであれば、持っていることにメリットはありません。いさぎよく捨てましょう。

 

ベストは元カレとやりとりしたSNS系のメッセージや二人で撮った写真もすべて消してしまうこと。「そこまでしなくても……」と思うかもしれませんが、スマホなどで何度も見返せる状況はよくありません。その存在によって元カレへの未練が消えないのであればきちんとケジメをつけてしまった方が得策です。

 

元カレからのプレゼントで、まだ使えるものや高価なもので「捨てるのはちょっと……」という場合は、オークションで売るなり友達にあげるのがオススメです。それすらまだできないという場合は、ダンボールに入れてクローゼットにしまうなど、とにかく元カレとの思い出を今すぐ目の届かないところに移動させること! 少しでも元カレのことを忘れる努力を心がけて行動するようにしてください!

男は地球上に35億!元カレよりいい男はいくらでもいる

 

これはちょっと失言かもしれませんが、Mさんの元カレレベルのいい男だっていっぱいいるはずです。今をときめく(?)ブルゾンちえみ女史のおっしゃる通り、この世に男は地球上に35億人もいるのです。もちろんMさんにとって相性のいい男性であることは大前提ですが、35億人いる男の中で、その元カレがMさんのナンバーワンだった可能性は限りなく低いのではないでしょうか?

思い出は美化されるもの

思い出は時間がたつほどイヤなことは忘れて、楽しかったことだけが美化されて残るもの。Mさんの元カレは確かに素晴らしい人だったかもしれませんが、新しく好きな人ができればその人が元カレよりもずーっとイイ男だったという可能性だってあります。もしかしたら「今のカレに比べたら、元カレはそこまで最高の人じゃなかったかも……」と固執していた自分をバカバカしく思う日がくるかもしれません。その機会を逃しているとしたら、過去ばかりに執着している今の自分はもったいないことをしていると思いませんか?

 

確かに現時点でMさんにとっては元カレが最高の人で忘れられないのかもしれませんが、あくまで今まで付き合ってきた中で最高の人ということ。Mさんが過去に何十人も付き合ってきた恋愛マスターであれば話はわかりますが、まずは「元カレが最高」という思い込みを捨てることが必要です。

積極的に異性と知り合う機会を増やすこと

 

ブルゾンちえみ女史は「男が寄ってくるまで待つ」というようなことをおっしゃっていますが、恋愛道場のチョビベリーはそんな甘いことは言いません! 最初は彼を忘れるためでもいいので、積極的に異性と知り合う機会を増やしましょう。

 

幸いなことに、Mさんの住む東京ならいくらでも出会う機会があります。Mさん自身もそういう場所へ何度か足を運んでいるようですが、このままいけばその元カレを忘れられずに独身の道を突っ走る可能性もゼロではありません。本気で結婚を望むのであれば、合コンでも婚活パーティーでも友達の集まりでも会社の飲み会でも、とにかく独身男性が多そうなイベントにはいままでよりも数多く参加するようにしましょう。

 

また、大事なのは男性を元カレと比べてしまうクセをやめること! 付き合ってから比べてしまうのはまだ気持ちはわかりますが、知り合ってすぐの相手と元カレと比べて「この人は私にそんなに優しくないな」というようにNGを出してしまうのは失礼な話です。Mさんが初対面の男性に「元カノのほうがレベル高かったな」と思われたらイヤですよね!? 人間は誰しも得意不得意やいいところ悪いところの両面があります。そこにいない元カレのことは考えず、目の前にいる男性のことをきちんと見てあげるようにしましょう。もっと真剣に一人一人と向き合うように意識することが大切ですよ。

 

以上、チョビベリーでした! 押忍!!

(Visited 461 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こいとりライター

チョビベリー
プロフィール:1982年生まれ。柔道・ボクシング・極真空手の経歴をもつ普通のOL。自身の恥をかきさらす意識ぬるい系ブログ『チョベリグ!』を更新していたところ、その地味に笑いをさそう文体が評判を呼び女子向け・アウトドア・恋愛系メディアでライターを始める。ランチは女どうしで群れずに一人で食べる派。友人への恋愛ダメ出しに力が入りすぎて怖がられぎみ。

PAGE TO TOP