自分磨き

うっ、臭い……人前でブーツが脱げない人のためにとっておきの3つの対策

女子ならお気に入りのブーツが一足はあるはず。脚長効果があるだけでなく、寒い季節には防寒にもなるので、デートのときにはできれば毎回でも履きたいものです。

 

でも、彼と食事に行った場所がお座敷席で、足のニオイが気になりすぎてデートに集中できなかった……。ということはありませんか? せっかくのデートもこれでは台無し。ということで、冬に必須となるブーツのニオイ対策をご紹介します。

 

まず足のニオイの原因を知りましょう

「足のニオイが気になるけれど、なんで臭うのかわからない……」これでは、対策ができないのでまず足が臭くなる原因を知りましょう。

 

足が臭くなる理由は、ズバリ雑菌(皮膚常在菌)です。皮膚常在菌とは、皮膚にもともと住んでいる雑菌の総称で、主に表皮ブドウ球菌やコリネバクテリウム属のバクテリアなどを指しますが、古い皮脂や角質を栄養として、皮膚の表面を酸性にする働きがあり、外からの悪性の細菌から肌を守ってくれる身体にとって必要不可欠なものです。

 

ところが、この皮膚常在菌がなんらかの形で増えすぎた結果、古い皮脂や角質を分解したときにできるイソ吉草酸という物質が増加してしまいます。このイソ吉草酸こそが、納豆のような臭いニオイの正体です。

 

足の汗対策を

fotolia_108933331_subscription_xxl

 

ブーツを履き続けると、冬でも足がムレて汗をかきます。この汗こそが足のニオイの原因です。根本を解決するための対策をしましょう。

 

まず、足に制汗剤などを使って、汗を抑えるとよいでしょう。また、家ではできるだけ素足になって、指の股などに汗がたまるのを防ぎます。爪は100円ショップやドラッグストアで購入した爪ブラシでていねいにあらい、爪と指の間に垢がたまらないようにしましょう。

 

また、ブーツを履くときの靴下やストッキングにもひと工夫を。靴下は綿100%素材を避け、綿+シルク(絹)や綿+ウールといった綿と天然繊維の混紡を選ぶようにします。ストッキングを、日に2~3回は履き替えることで、ブーツの中のムレを防ぐことができます。

 

靴はローテーションで履きましょう

お気に入りだからといって同じブーツを毎日履いていると、雑菌に住み着いてくださいと言っているような状態になってしまいます。

 

そこで、ブーツはローテーションし、中を乾かす時間を設けましょう。また、靴の中に10円玉を入れると、銅イオンの殺菌効果で消臭効果が期待できるほか、インソールを使っても充分ニオイのもとを抑えられます。

 

それでもだめなら丸洗い

布でできているスニーカーならともかく、靴を洗うなんて……。と思うかもしれませんが、実は、革の靴でも洗えるものは意外と多いものです。
ポイントは、8%に薄めたボディソープを使い、スポンジで撫でるようにこすること。その後、流水ですすいで念入りにタオルドライをして、靴を吊り下げた状態でよく乾かしておきます。市販のブーツ洗い用洗剤をつかうのもおすすめです。
なお、ヌバックやスエード、ハラコなどの起毛素材は専門店へのご相談をおすすめします。

 

女子なら臭っちゃダメですよ

fotolia_125904286_subscription_xxl

 

いががでしたか? ブーツや靴のニオイは彼に嫌がられてしまい、減点ポイントにもなってしまいます。ニオイ対策を今から始めて、ブーツを履いていても臭わない女子を目指しましょう。

 

参考サイト:

(Visited 204 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こいとりライター

宇野 未悠
プロフィール:ライター・ゲームシナリオライター/ゲームプランナー・作家。幼少期に両親からMSXを買ってもらったことから大のゲーム好きに。 女優、フリーター、歌手など紆余曲折を経て現職。恋愛はわりと奥手でいわゆる残念美人。男と女の機微を描くことに定評がある。直近のお仕事は夕刊フジ『男と女の事件簿』

PAGE TO TOP