自分磨き

乳酸菌は女子の心強い味方!お金も我慢もナシで体質改善できる理由

肌荒れしやすくなったり、痩せにくくなったり、なんだか疲れやすくなったり……。お肌やカラダのお悩みが年々増えていくアラサー世代。でも、絶望することなかれ。全女子の「いつまでもキレイでいたい!」を応援してくれる、“乳酸菌”という救世主が存在するからです。いざ、乳酸菌を味方に体質改善! エステや高価な化粧品など、“その場しのぎ”の美容対策とはおさらばできるかも!?

そもそも乳酸菌って?

「乳酸菌」という菌はいない!?

腸内で発酵を起こすことにより、腸内環境を良好に保っている善玉菌。その善玉菌の代表格が「乳酸菌」です。ただ、一言で「乳酸菌」と言っても、現在確認されている乳酸菌はなんと600種類……! そう、「乳酸菌」という菌はいません。「EC-12」「ラブレ菌」など、様々な性質のものが存在するのです。

腸内をキレイにする存在。

乳酸菌は大腸内で食べカスを分解し・発酵させる菌ですが、この発酵させる力こそがそのパワーこそが乳酸菌のスゴイところ。発酵の過程で、人間のカラダに必要なビタミン類やホルモン、酵素などが合成されているのです。また、腸内で腐敗物を生み出す悪玉菌を抑え込むことから、腸内をキレイにしてくれる存在だと言えます。

乳酸菌でどんな美容効果が期待できる?

美肌効果

 

便秘は美肌の大敵。お腹の中に何日も便を溜め込むと、悪玉菌が大量に増え、有害物質が発生。それが血液中から全身に到達してしまい、この毒素が肌のトラブルを引き起こしてしまうのです。そんな便秘を解決する力を持つのが乳酸菌。悪玉菌の繁殖が抑えられることで腸内の環境が整うと、腸の蠕動(ぜんどう)運動が促されます。すると、排便がスムーズに。便秘知らずの腸になれば、自律神経の働きや皮膚の血行を悪化させることなく、お肌のツヤや血色を維持することができるのです。

ダイエット効果

 

便秘はダイエットの大敵でもあります。便が溜まった分だけ、体重は増えますから。それ以外にも、便秘によって新陳代謝が悪化するという影響も。結果として、消費カロリーが減少し、脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。逆に、乳酸菌を味方に便秘を解消すれば、自然と新陳代謝がアップ。ダイエット効果が出やすくなると言えるでしょう。

免疫力アップ

 

病原菌などの感染を防止したり、疲労を回復させたり、細胞の新陳代謝を活発にして老化を防いだり。様々なものから、私たちのカラダを守っているのが免疫。この免疫のパワーアップには、腸がとても重要なのです。というのも、全身の免疫細胞のうち6070%もが腸に集中しているから。善玉菌を摂取することで腸内の働きが活性化されると、ウイルスや細菌への抵抗力が高まることが報告されています。アトピー等のアレルギーや花粉症などに効果的であり、インフルエンザなどの病気の予防にもつながるとか。また、ガン予防にも良いとされています。

どうやって乳酸菌を摂るのが良い?

ヨーグルトなどの乳製品で摂取する

「乳酸菌」と言えば、思いつくのはやっぱりヨーグルト。スーパーやコンビニには様々な種類・味の商品が販売されているため、飽きっぽい方にもおすすめです。摂取するのにベストなタイミングは、食中または食後。空腹時にヨーグルトを食べても、乳酸菌が胃酸で弱められてしまうからです。胃の中に食べ物がある状態なら、ヨーグルトが他の食品と絡み合い、ゆっくりと腸を進んでいくため、乳酸菌パワーが発揮されやすくなります。

乳酸菌のエサを意識して食べる

腸内環境を整えるためにできることは、乳酸菌の摂取だけではありません。乳酸菌のエサとなり、その働きをサポートしてくれるオリゴ糖や食物繊維を摂ることも大切。たとえば、バナナ、きな粉、はちみつ、玉ねぎ、さつまいもなど。普段使う砂糖をオリゴ糖に変えるのも良いでしょう。これらを意識的に摂取することで、腸内にいる善玉菌を増やしてあげることができるのです。

サプリメントを習慣にする

「乳製品の味がニガテ……」「ヨーグルトやチーズはお腹が痛くなる……」「家で食事をすることが少ない……」そんな方には、乳酸菌のサプリメントがおすすめ。味や場所などを気にすることなく、効率的に摂取できます。ドラッグストアなどで手軽に購入できるので、乳酸菌ライフを始めやすいと思います。

乳酸菌を味方にするためのポイントは?

毎日摂取しよう! 

乳酸菌を味方につけるには、とにかく毎日摂り続けることが重要。なぜなら、乳酸菌は腸内に定着しないから。わずか数日で排泄されてしまうのです。だからこそ、乳酸菌を味方につけると決めたなら、自分がムリせず続けられるタイミングを見つけましょう。朝ご飯の最後にサプリメントを摂る、お風呂上がりのアイスをヨーグルトに変える、晩酌の時にチーズを食べるなど、自分らしく生活に乳酸菌を取り入れてください。

自分に合う乳酸菌を見つけよう!

最初にお伝えしたとおり、乳酸菌には600種類もが存在し、一つひとつ性質が少しずつ異なります。そして、腸内の状態や環境も人それぞれ。そのため、菌とカラダには「合う」「合わない」があるとか。全ての乳酸菌が自分の腸内で活躍するとは限らないのです。だからこそ、乳酸菌を味方につけるためには、自分に合う乳酸菌を見極めることも大切。乳酸菌に関する習慣を一つ取り入れたら、2週間は続けてみましょう。そして、お腹や便の様子に良い変化が出てきていれば、ぜひ継続してください。もし変化が見られない場合は、別の摂取の仕方に変えてみると良いかもしれません。試行錯誤しながら、自分に合った摂取方法を見つけていきましょう。

まとめ

外も内も美しいカラダを無理なく目指すなら乳酸菌! 今回お伝えしたポイントを参考に、ぜひ乳酸菌を毎日の生活に取り入れてみてくださいね。

 

 

 

参考サイト:

(Visited 405 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こいとりライター

エリー
プロフィール:アメリカ生まれのコピーライター(でも、英語はニガテ)。アラサー女子ばかりのチームに所属し、賑やかな毎日を過ごす。華やかな女子チームでの飲み会は、もっぱらビール・日本酒が美味しい店。趣味は映画鑑賞で、中でも恋愛モノが好き。たいてい見終わる頃にはヒロインの相手役に惚れている、恋多き26歳。

PAGE TO TOP