自分磨き

働く女性必見!カンタン靴磨き・シューケアテクニックまとめ!

「カワイイ靴があると思わず買っちゃう!」「オシャレのポイントって、靴で決まると思う」そんな働き女子でも、定期的に靴のケアをしている人というと、意外と少ないのではないでしょうか? 筆者も“気が向いた時に防水スプレーをかける”といった程度のお手入れしかできていません。最近では、ZARAなどで売っているカワイイ靴を「ワンシーズン履ければいいや」という気持ちで購入することも増えてきました。

 

でも、お気に入りの靴ならワンシーズンと言わず、23年と大事に履き続けたいもの……! そこで、毎日頑張る働き女子にオススメな、カンタン靴磨き・シューケアの方法を調べてきました! 玄関にあるだけでちょっとテンションが上がるようなシューケアアイテムも一緒にご紹介します!

毎日できる、カンタンケアを覚えよう

 

つかれてクタクタで帰ってきたら、手のかかるケアなんてとてもできません。でも、これくらいだったらできるかも……?

同じ靴を毎日はかない

どんなに足をキレイにしていても、やはり人間、気付かないうちに汗をかいています。靴が吸い込んだ汗は、一晩では乾ききりません。また、汗や雨などを吸い込んだ靴は伸びて、型崩れの原因にもなってしまいます。毎日同じ靴を履くのではなく、何足かをローテーションするようにしましょう。

家に帰ったら、汚れを落とす

毛の柔らかいブラシや布で、靴についたホコリや靴底の小石をサッと取りましょう。

1ヶ月に1回、スペシャルケアをしてあげよう

スムースレザーの靴……クレンジングをして、靴用クリームを塗ってあげよう

靴用のクレンジング剤で、溜まった汚れや汗をオフ! クレンジングをした後は、クリームをつけて靴にうすく伸ばします。クリームの量は、片足につきお米23粒くらいで大丈夫。仕上げに、柔らかめのブラシなどで磨けばツヤツヤに!

エナメルの靴……ガラスクリーナーで、表面をキレイに拭いてあげよう

布などにクリーナーをすこし取って、靴全体を拭き上げます。表面についた汚れがキレイに落とせれば、まるで新品のようにピカピカに!

キャンパス地のスニーカー……お湯に濡らして、ブラシでゴシゴシ

お湯に洗濯用洗剤やスニーカー用洗剤を入れて溶かし、ブラシでゴシゴシ洗いましょう。洗剤が落ちるまですすいだら、日陰で乾かします。

ネットで買えるカワイイシューケアアイテムを活用しよう

 

思わず使いたくなっちゃうような、シューケアアイテムを探してきました!

エナジードリンクみたいな防水スプレー『Crep Protect (クレップ プロテクト)


強そうな見た目ですが、レザーにもスニーカーにも使えるのがポイントです。

スニーカー愛好家が大絶賛のクリーナー!『JASON MARKK(ジェイソンマーク)』

 

こちらもレザー、スエードなど色々な素材に使えるのが嬉しいところ。汚れがキレイに落ちるので、真っ白なスニーカーだって気にせずガシガシ履けます。見た目もカワイイので、プレゼントでもらったら嬉しいですね。

【裏技】身の回りのものも、シューケアグッズに変身!

ブラシは、歯ブラシで代用!

靴表面のホコリや靴底の汚れを落とすなら、歯ブラシで充分です。

クリームを塗る時は、着古したTシャツを!

直接靴にクリームを塗るとシミになってしまいます。そこで、もう着ないTシャツを小さく切って再利用。クリームは一度布につけてから、靴に塗ってあげましょう。

使い古したストッキングで、靴の汚れを落とせる!

クリームを塗った後は、電線したストッキングで靴をみがくとツヤツヤになります。

「靴とキチンと向き合う生活」って、贅沢かも

予定のない休日には、ゆっくり時間をとって自分の靴をケアしてあげる……それだけでも、日々の暮らしがグンと丁寧なものになりそうです。すこし敷居の高い靴磨きも、やり方が分かればカンタン。日頃からケアをしていれば、大事なデートや商談などいざという時にも役立つかもしれません。お気に入りの靴を大事に履くために、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

参考サイト:

(Visited 200 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こいとりライター

忍者アワー
プロフィール:平成生まれのコピーライター5年生。高校・大学という青春を山の中の女子校ですごす。汗と涙と血のにじむ部活時代で培った「後輩力」に定評アリ。反比例するように低めの「女子力」をみがくために、絶賛社会勉強中。

PAGE TO TOP