自分磨き

集中力を高めダイエットしたい人に!朝食代わりのバターコーヒーとは

今、ビジネスパーソンを中心にバターコーヒーが流行しているのをご存じですか? 朝食代わりにバターコーヒーを飲むことで、集中力が格段に高まるほか、ダイエット効果にも期待が持てるといわれています。今回は、そんなバターコーヒーのおいしい飲み方をご紹介します。

 

 

バターコーヒーとは?

バターコーヒーというのは、実にシンプルですが奥の深い飲み物です。

 

バターコーヒーは、別名“完全無欠コーヒー”といわれ、オーガニックで作られたコーヒーに無塩バターを入れよくかき混ぜ、そのまま飲むというもの。バターは、通常売られているバターではなく、牧草だけを食べて育った乳牛から作られるグラスフェッドバターを使うのがポイントです。なお、グラスフェッドバターは輸入食材を扱う店や、通販で買うことができます。

 

なぜバターコーヒーがダイエットに効果的なの?

butter
では、なぜバターコーヒーがダイエットに効果があるといわれているのでしょう。
まず、コーヒーにバターを入れたものを飲むことで脂肪分を摂取しますが、脂肪は胃の中の滞留時間が長いので空腹感を感じさせない効果があります。また、炭水化物を摂らないことで、体内ではブドウ糖が不足する状態になります。それを補うために、体の中では体脂肪を分解させてケトン体を作り出し、血中のケトン体が標準を超えた“ケトーシス”という状態になります。

 

ケトーシスでは脂肪が分解されるほか、空腹を感じにくくなるともいわれているため、ダイエット効果に期待が持てます。さらに、グラスフェッドバターは通常のバターに比べ、必須栄養素の不飽和脂肪酸のリノール酸(n-6系脂肪酸)とリノレン酸(n-3系脂肪酸)の割合がよいという特徴があります。

 

バターコーヒーの作り方

Coffee bean on wood texture isolated on white background
ここで、バターコーヒーの作り方を詳しく見ていきましょう。

 

より本格的に作りたい人はこちら

オーガニックのコーヒー豆を中挽(ちゅうび)きにしたものをフレンチプレス方式で150cc淹(い)れます。金属のフィルターで淹れることで、コーヒーの油分まであますことなくいただくことができます。
そこに、グラスフェッドバターを大さじ1~2杯入れ、ミキサーなどでよく撹拌(かくはん)させます。空腹感が持たないと思う人は、さらにココナッツオイルを1杯程度加えてさらに撹拌させます。

 

もう少し簡単に作りたい人はこちら

フレンチプレスコーヒーメーカーがない、そこまで時間がないという人は、1杯分に分けられているドリップコーヒーで入れるか、オーガニックのインスタントコーヒーを使うとよいでしょう。
あとは先程と同様、グラスフェッドバターやココナッツオイルをよく撹拌させてください。

 

バターコーヒーダイエットで注意しておきたいこと

バターコーヒーを飲むときに注意しておきたいことのひとつが撹拌です。撹拌が足りないと、口の周りがベタベタするだけで効果があまり出ないということがあります。よく撹拌させることでバターがミセル化し、より飲みやすく腹持ちのよい状態になります。

 

また、グラスフェッドバターが手に入らなければ、代用品としてココナッツオイルのみでもよいでしょう。バターコーヒーダイエットを始める際は、その期間を設定して必要な栄養素は、昼食や夕食でしっかり摂るようにします。特に、ビタミンB群が不足しがちなので豚肉や大豆製品などを積極的に摂りましょう。

 

バターコーヒーで美しい体を手に入れる

バターコーヒーダイエットは、比較的手軽に出来て効果の高いダイエット法とされています。また、集中力が高まり、仕事の能率もアップするとか。朝のコーヒーにひと手間かけるだけというのも魅力的ですね。あなたも、早速バターコーヒーダイエットをはじめてみませんか。

 

 

働く女子はコチラもCheck!

 

 

 

 

参考サイト:

(Visited 194 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こいとりライター

宇野 未悠
プロフィール:ライター・ゲームシナリオライター/ゲームプランナー・作家。幼少期に両親からMSXを買ってもらったことから大のゲーム好きに。 女優、フリーター、歌手など紆余曲折を経て現職。恋愛はわりと奥手でいわゆる残念美人。男と女の機微を描くことに定評がある。直近のお仕事は夕刊フジ『男と女の事件簿』

PAGE TO TOP