専業主夫の希望は結婚相談所で叶う?世間のイメージはどう?

妻が働き夫が家庭を守る「専業主夫」。時代の変化にともない夫婦の働き方も様々に変化していますが、いざ専業主夫となると世間からどう思われるのか気になっている方もいるのではないでしょうか。そんな専業主夫希望の男性こそ活用したいのが、結婚相談所です。

この記事は約6分で読み終わります。

結婚相談所で専業主夫を希望!世間のイメージは?

まだそう多くはない夫が家庭を守る専業主夫という夫婦のスタイルは、世間一般ではどうとらえられているのでしょうか。どのような理由から「良い」「悪い」「どちらでもない」と考えられているか、結婚相談所を利用する前にまず知っておきましょう。

良いイメージ

従来の「夫が外で働き、家を妻が守る」という夫婦の形を変えるのはなかなか難しいことです。そんな中、専業主夫をやっているということは、その困難を乗り越えたという良いイメージがあります。

専業主夫は、「夫である」「妻である」ということにとらわれず、「得意な方が得意な仕事をやっている」という状態です。妻の方が収入が多いのであれば、夫が家庭を守った方が効率的ですし、夫の方が家事が得意ならば、夫が家事をするというスタイルを選ぶことは不自然ではありません。それぞれが得意な方を担当して一緒に生活することは、夫婦関係を良好に保つことにもつながります。この点も良いイメージにつながっているようです。

悪いイメージ

逆に、専業主夫の悪いイメージは「働く意思がない」「妻を働かせている」といったものです。これらは、夫婦は「夫が働くもの」という考え方が根底にあることが要因でしょう。海外では「夫は外で働くもの」という概念は薄れてきていますが、日本ではまだやっと「専業主夫」の存在が知られるようになった段階に過ぎないからです。

また、慣習的に「妻が家庭を守る」という考え方も根強いため、専業主夫だと、従来は妻がやってきた近所の人やママ友との付き合いが難しそうというイメージも持たれています。専業主夫がまだ浸透していない環境では、子供の学校行事や保護者の集まりなどで最初は奇異な目で見られるかもしれません。

どちらでもない

専業主夫について特に良いとも悪いとも感じていない人もいます。働き方や夫婦の形は様々になっていますから、家計を維持することができれば、専業主夫でも専業主婦でも問題ないという考えでしょう。良し悪しという観点よりも「世間体にとらわれない自由な考え方をした夫婦」というイメージもあるようです。

目次へ

専業主夫のメリット・デメリット

では、夫が家庭を守るという専業主夫には、実際のところどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。ただ単に「家事の方が向いているから」という理由で専業主夫を選ぶことがないように、メリット・デメリットの両方を知っておきましょう。

メリット

専業主夫になった場合、もちろんですが自宅での家事が仕事になるため、子どもとの時間を多く持つことができます。自分が外で会社員として働いていると子育てに参加する時間はわずかになってしまいますので、子どもが好きでしっかり子育てに参加したい方にとっては大きなメリットとなるでしょう。

そして、妻の仕事をしっかりと支えることができます。仕事を頑張りたい女性にとってこれほど心強いことはないでしょう。

また、現在は専業主夫で家事をやりながらも在宅で仕事をするという働き方も増えています。社会とのつながりも維持しながら時間の自由度を上げられるという点も、専業主夫になるメリットと言えるのではないでしょうか。

デメリット

やはり専業主夫については世間の認知度はまだ進んでいませんので、良くないイメージを持たれることも少なくありません。たとえば、家で家事をしていたとしても、世間からは「働かない人間」と悪いレッテルを貼られてしまうこともあるでしょう。社会の偏見がありますので、それを乗り越えていく必要があります。

また、一度専業主夫となったものの何らかの理由で再就職しようとした場合には、職歴に空白ができるため難しくなる可能性が高いという点もデメリットです。専業主夫はまだ社会的には認知されているとは限りません。たとえ空白期間に主夫業をしていたと言っても、再就職の際にリスクになる可能性が高いことはあらかじめ覚悟しておく必要があります。

目次へ

結婚相談所で叶う?専業主夫になるには

結婚相談所では、収入や勤務先などのスペックがマッチングの条件になりますが、専業主夫になりたい男性が、結婚相談所で相手を見つけることができるのでしょうか。仕事を辞めて専業主夫になりたいという希望は叶うのでしょうか。結婚相談所で出会い、専業主夫になるために押さえておきたいポイントをご紹介します。

専業主夫をOKしてくれる相手を探す

まずは、専業主夫を認めてくれる相手を探しましょう。専業主夫を希望している男性と出会いたいという女性は多くないのではと思われがちですが、よく探してみると意外と見つかります。

たとえば、どんな女性が専業主夫を受け入れるかというと、現在仕事でバリバリに活躍している女性です。仕事で活躍している女性は、結婚願望はあるものの、そのために仕事を辞めたり、自分のキャリアを中断したくないと考えているという方も多くいます。また、家事全般が苦手で、家事をするくらいなら仕事をした方が良いという女性もいるでしょう。

そういった女性たちは、男性が専業主夫を希望していても受け入れてくれる可能性が高いですし、むしろ専業主夫希望の夫を望んで婚活しているという例も見られます。

専業主夫としてやっていくためにはどうすれば

専業主夫になるなら、女性以上に家庭を守っていくことが必要条件です。仕事も家事もできないでは主夫失格になってしまいます。専業主夫としてやっていくためには、2つのポイントがあります。

1つ目は、家計の管理をきちんとできるようにしておくことです。現在は仕事をしているので、多少の出費は収入でカバーすることができますが、結婚して専業主夫になると、女性の収入で生活費の工面などを行っていく必要があります。2人の将来を見据えた上で、お金を細かくやりくりしなければなりません。家計簿をつける、将来の資産設計を立てるなど、家計の管理がきちんとできるように、今から訓練しておきましょう。

2つ目は、家事を完璧にできるようにしておくことです。一人暮らしができるから一通りの家事ができると思っていませんか。家事をきちんとやろうと思うと、かなり大変です。「料理が得意だから大丈夫」ではなく、料理から後片付けまできちんと行うこと、指摘されなくても家を綺麗にしておくなど、生活環境を整えることも大切な仕事になります。普段の生活できちんとできているかどうか、見直してみてください。

これらの2つがこなせるのであれば、専業主夫としてやっていくことができるでしょう。

専業主夫を認めてくれる相手を探すのにも結婚相談所は効率的です。エン婚活エージェントには、専任のコンシェルジュがついていますので、相談をしながら婚活ができます。「仕事を大事にしたいけれども、結婚はあきらめたくない」という女性に、「家事が得意で主夫になっても構わない」というあなたの魅力を伝えてくれるでしょう。

また、「気になる女性がいるけれど、専業主夫になりたいという希望を言い出せない」といった場合にも、伝え方などのアドバイスが受けられます。

目次へ

まとめ

エン婚活エージェントなら、専業主夫になりたいという希望をかなえやすくなります。エン婚活エージェントは、毎月6名以上希望条件にあう女性を紹介してくれるサービスです。仕事で活躍を続けたいと望んでいる女性や専業主夫との結婚を希望している女性など、価値観の合う相手を紹介してくれますので、希望の結婚への道が開けます。

 

資料請求

エン婚活エージェントはお客様満足度No.1!お客様に選ばれて「三冠」達成!

エン婚活エージェントはお客様満足度No.1!お客様に選ばれて「三冠」達成!

サービス無料体験

サービス体験でできること

エン婚活エージェントでは、安心して活動をはじめていただくために、
入会前の不安や悩みが解消できる様々な無料コンテンツをご用意しています。

求婚者チェッカー

求婚者チェッカー

あなたと結婚したい人が何人いるかわかります。

お試し検索

お試し検索

自分の希望条件に合った人が何人いるかわかります。

パーソナル活動プランニング

パーソナル活動プランニング

あなただけの婚活計画を作成します。

結婚価値観診断

結婚価値観診断

あなたの行動価値観を診断します。