自分が結婚するのが想像できない場合はどうすべき?原因と対処法

「周りの友達はどんどん結婚していっているのに、結婚する自分の姿が想像できない。」そんな風に感じる人もいることでしょう。 この記事では、結婚したいという気持ちはあるものの、自分の結婚を想像できない場合の原因と対処法について解説します。結婚が想像できない自分に焦りを感じている人は、参考にしてみてください。

この記事は約7分で読み終わります。

自分の結婚を想像できない理由とは

結婚はしたいと思っているのに自分の結婚を想像できない場合、以下のような理由が考えられます。当てはまる点がないか、チェックしてみてください。

好きな人ができるかわからない

現在、好きな人がいないし、これから好きな人ができるかわからないため、結婚する自分の姿が想像できない。そんな人もいるようです。

たとえば、元恋人のことが忘れられないという人は、これから好きな人ができるとはなかなか思えないでしょう。「結婚を考えるとすれば元恋人しかいないのに・・」とほかの人との結婚について考えられないかもしれません。

また、元々あまり人を好きにならない性格の人もいます。これまで好きな人ができたことがないので、これから先に結婚を考えるほど好きな人が現われるとは思えず、結婚について想像することができないのかもしれません。

これまでに彼氏や彼女がいたことはあるものの、結婚を考えるほど相手のことを好きになれなかったという人も同様です。

結婚することに良いイメージがない

結婚することについて良いイメージがないという人もいます。結婚した周囲の人たちが幸せそうではないのが原因なのかもしれません。

例えば、次のような人が周りにいると、結婚に魅力を感じにくいでしょう。

・夫の愚痴ばかり言っている友達
・浮気されて辛そうな友達
・新婚なのに家に帰るのが苦痛と言う同僚
・大恋愛で結婚したのにすぐに別居した先輩

このようなケースがいくつかあると、結婚したら楽しそうとは思えず、「同じようなことが起きたらどうしよう」という不安のほうが強くなるかもしれません。

誰かと一緒に生活することが想像できない

結婚すると、夫婦で一緒に暮らすことになります。ひとりの時間が必要な人にとって、誰かといつも一緒にいる生活は想像しにくいでしょう。

ときどき一緒に過ごす恋人は必要だと感じても、生活はひとりのほうが良いという人もいます。しかし、結婚すると、ひとりのときのように自由に生活することはできません。お金の使い方・時間の過ごし方などについてパートナーと話し合いながら決めていく必要があります。

そのため、自由に生きたいという人にとっては、結婚している自分をイメージするのが難しく感じるでしょう。

仕事を一生懸命やってきた

これまで仕事を一生懸命やってきた人にとって、結婚でキャリアを手放すことに不安を感じる人もいることでしょう。もちろん、結婚が必ずしもキャリアの妨げになるわけではありませんが、とくに女性はそのようなイメージをもつかもしれません。

なぜなら、結婚すると、女性は妊娠・出産について考えるからです。もちろん子どもを望まない女性もいます。しかし、子どもが欲しいと考えている人は、妊娠・出産することで長期間仕事を休むことになるため、キャリアを阻まれると感じてしまうのです。

「これまでの努力が結婚で水の泡になるのでは?」と考えると、結婚している自分を想像するのは難しく思えるかもしれません。

目次へ

結婚が想像できなくても結婚した人はたくさんいる

結婚なんて想像できないと感じていたのに、結婚した人はたくさんいます。どんなことがきっかけで結婚に至ったのか、いくつかの例をみていきましょう。

・相手からのアプローチを受けて

結婚については全然考えていなかったのに、相手からアプローチされたことがきっかけで結婚に至ったという人もいます。付き合ってみた相手がすごく良い人で、その人との生活が思い描けるようになったということなのでしょう。

現時点で恋人がいないと結婚している自分を想像できないとしても、恋人ができれば案外すんなりと結婚できる可能性はあります。

・一緒にいる時間が増えて自然と

結婚については想像できなかったけど、恋人と一緒に過ごす時間が増えたことで、一緒に暮らすのもありだと考えるようになる人もいるようです。

最初は週末のデートだけだったとしても、共通の趣味ができたりして一緒に過ごす時間が増えると、プライベートでも共に過ごす時間が増えます。そのうち、お互いの家にお泊まりしたり、一緒に住むようになったりして、自然と結婚を意識しはじめることは少なくありません。

・周囲の人から勧められ

自分は結婚について考えていなかったけれど、友達や仲の良い先輩などに勧められて結婚したという人もいます。結婚して夫婦で過ごす生活がどんなに良いのか、また家庭をもつことがどんなに素敵なことなのかといったことを説かれると、結婚を前向きに考えられるようになるものです。

また、交際している相手について、「こんなに良い人を逃したら、絶対後悔するよ」といった言葉をもらうと、結婚したほうが良いのかなと考えるようになるかもしれません。

目次へ

想像はできないけど結婚したいならすべき行動

もちろん、結婚することがすべてではありません。結婚しないという選択をして、幸せに生活している人もいます。

結婚が想像できるかできないかは、対象となる相手がいてこそ明確になることです。

「今は相手がいないけど結婚したい。」そう考えているなら、次のことを実践してみましょう。

出会いは求めるようにしておく

結婚したいという気持ちが少しでもあるなら、出会うための努力をしてみましょう。結婚を想像できないタイミングで、積極的に婚活をする気分にはならないとしても、異性と関わりをもつようにするということはできるのではないでしょうか。

異性がいる飲み会に参加するのも良いですし、サークルに入ることもできるでしょう。異性がいる趣味をみつけるのもおすすめです。

趣味をはじめるなら、ゴルフやテニスなどのスポーツや料理教室、英会話教室といったものに挑戦してみてはいかがでしょうか。このような趣味は男女ともに人気があるので、そこで素敵な出会いがあるかもしれません。

とにかく、結婚が想像できないから何もしないというのではなく、いつでも出会えるように準備しておきましょう。

加点方式で相手をみる

結婚を想像できる相手に出会えない場合、相手を加点方式でみるようにしてみてください。言い換えると、相手の良いところを探すということです。

私たちは出会った相手を無意識のうちに採点しています。人生の経験を積めば積むほど、相手のマイナス面が目についてしまいがちです。

良いなと思う相手がいても、「でも、年収が少ないな」とか、「もう少し身長が高いと良いのだけど・・・」と、減点方式で相手を見てしまうのです。

しかし、完璧な人はいません。良い出会いにつなげるために、これから出会う相手を加点方式でみるようにしましょう。「この人は堅実そう」だとか、「明るい人なので一緒にいると楽しそう」という風に良い点を探すのです。

加点方式にするだけで、結婚を想像できるような良い相手に出会うことができるかもしれません。

また、条件だけで相手を決めないことも大切です。結婚相手に求める条件が多すぎると、好みの相手に出会う可能性は低くなるでしょう。

いくつかの条件を挙げてみたら、そこから絶対に譲れないという条件だけに絞って相手を探すようにおすすめします。

ここまで良い出会いにつなげるためにできることを紹介してきましたが、思い切って婚活をしてみるのもひとつの方法です。

婚活してみると、すんなりと結婚を考えられる相手に巡り会うことができるかもしれません。

結婚相談所をお探しなら、エン婚活エージェントにご相談ください。

エン婚活エージェントは、オンライン型の結婚相談所です。登録や相談、相手とのコンタクトまでオンラインでできるので、いつでもどこでも婚活ができますよ。利用料金も低価格なので、気軽にはじめやすいのもおすすめポイントです。

まずはお気軽にご相談ください。

目次へ

まとめ

今は結婚を想像できないとしても、そのうち結婚を意識できる相手に出会うことは可能です。

いつでも出会えるように異性との関わりを保ちつつ、相手を加点方式でみることを意識すれば、理想の相手に出会うことができるかもしれません。

思い切って婚活をはじめてみるというのも、ひとつの手です。できることからはじめて、良い出会いにつなげてみてください。

 

資料請求

エン婚活エージェントはお客様満足度No.1!お客様に選ばれて「三冠」達成!

エン婚活エージェントはお客様満足度No.1!お客様に選ばれて「三冠」達成!

サービス無料体験

サービス体験でできること

エン婚活エージェントでは、安心して活動をはじめていただくために、
入会前の不安や悩みが解消できる様々な無料コンテンツをご用意しています。

求婚者チェッカー

求婚者チェッカー

あなたと結婚したい人が何人いるかわかります。

お試し検索

お試し検索

自分の希望条件に合った人が何人いるかわかります。

パーソナル活動プランニング

パーソナル活動プランニング

あなただけの婚活計画を作成します。

結婚価値観診断

結婚価値観診断

あなたの行動価値観を診断します。