婚活デートが憂鬱…行きたくないときの対処法や断り方を解説!

婚活のデートの予定が入っているけど行きたくないという場合、どうやって断るべきかと悩みますよね。断りにくいので無理して行くべきか、それともドタキャンするかと迷っている方もいるのではないでしょうか? ここでは婚活デートに行きたくないときの対処法と、相手を傷つけない上手な断り方を紹介します。婚活デートが憂鬱になっている方は参考にしてみてください。

この記事は約7分で読み終わります。

婚活デートに行きたくない理由

デートに行きたくないのには、必ずといって良いほど理由があります。婚活デートに行くのが憂鬱なのなら、その理由をはっきりさせましょう。そうすれば対策を考えることができます。

疲れていて休みたい

本当は仕事や忙しい毎日の息抜きをしたいということもあるでしょう。貴重な休日を誰かと一緒に過ごすよりも、1人で過ごすほうが良いと感じると、婚活デートに行くのが憂鬱になるかもしれません。

疲れている状況で無理して婚活デートに行っても楽しくないでしょうし、相手にも気を遣わせてしまう可能性があります。そんな場合は、思いきって休むのもひとつの方法です。

自分を良く見せることが憂鬱

婚活デートでは、相手に良い印象を与えたいと思うものです。失礼なことを言わないようにとか、つまらない人と思われないようにと考えて、頑張り過ぎるとストレスになります。

よく知らない相手を気遣うのはかなりのパワーを使うので、デート後はヘトヘトになることもあるでしょう。そのため、婚活デートについて、うれしい気持ちよりも憂鬱な気持ちのほうが大きいということもあるかもしれません。

相手への印象を気にしたり、良いデートにしなければなどと気負ってしまったりすると、デートそのものを楽しめないものです。

本当は相手に興味がない

本当に気になる相手だと、どんなに疲れていても会いたいと思うことでしょう。婚活デートに前向きになれないのだとすれば、相手に興味がないのが原因とも考えられます。

休日を使ってわざわざ会いたいと思えない、あまり話したいと思えないような相手だと、デートに行きたくないと感じることがあるでしょう。

目次へ

婚活デートに行く前の憂鬱を解消する方法

婚活デートの予定があるけれど行きたくない。気持ちが進まない。そんな場合、どうすると良いのでしょうか?

行きたくないときの憂鬱な気持ちを解消する方法を紹介します。

共通の話題を探しておく

よく相手のことを知らないけど、なんとなく会うことになったという場合、どんなデートになるのかイメージがわきづらくて憂鬱になるものです。

なので、デート前に相手についての情報をある程度集めて、共通の話題を準備しておきましょう。LINEなどで直接やり取りをしても良いですし、相手のことを知っている友達などに情報を聞くこともできます。

そうすれば、デート場所を決めるきっかけにもなりますし、当日の話題に困らなくて済むでしょう。

自分の行きたいところをデート場所に選ぶ

婚活デートに行くのが憂鬱なら、デートが楽しくなるように工夫してみましょう。前から気になっていたお店など、自分の行きたいところをデート場所に選んでみてはいかがでしょうか?

デートをすることだけが目的だと行きたくないと感じたとしても、行きたいところに出掛けるのなら楽しみになるかもしれません。

行き先に、婚活とは別の楽しみやご褒美を入れるのがコツです。美味しいお店で食事をするのも良いですし、話題の映画を観るなど計画するのも良いでしょう。

構えず気楽に考える

会う相手がよく知らない人だと緊張しますよね。良い印象を残さないといけない、盛り上げないといけないという気持ちが強いと疲れてしまいます。

なので、婚活デートだとしても、気負わずに臨んでみましょう。利害のない友達に会いに行くくらいの軽い気持ちで出掛けるのがおすすめです。

そうすると、憂鬱な気持ちが軽減して、相手と過ごす時間そのものを楽しめるかもしれません。

気になっていた相手であれば、余計に力が入って気疲れすることもあるでしょう。でも、行かなければチャンスを逃してしまうので、行きたくなくてもなるべく行くべきです。

きっぱりと断る

どうしても気分が乗らない場合は、きっぱりと断るのもひとつの方法です。憂鬱な気持ちのまま、無理をしてデートに行っても楽しめるとは限りません。

婚活デートを上手に断って、休みを取ると良いでしょう。少し休憩して、次の出会いに備えることができます。

目次へ

どうしても行きたくないときの断り方は?

婚活デートの約束をしたものの、どうしても行きたくない場合、どのように断るかと悩みますよね。投げやりにならず、上手な断り方を知っておくことが大切です。

ドタキャンは相手を傷つけ、自分の評価も下げてしまうことになります。大人のマナーとしてもできるだけ避けたいものです。

行きたくないと思ったら、その時点でデートの相手に連絡しておくと良いでしょう。相手に嫌な思いをさせず、かつ自分の評判を落とさない断り方を紹介しますので参考にしてみてください。

1.正直に理由を伝える

「まだお互いのことをよく知らなくて不安になった」など、正直に理由を伝えましょう。相手のことを今後も大事にしたい場合は、これが最適です。

次回につなげたい場合は、お詫びの言葉と一緒に次の予定の提案を添えて連絡すると良いでしょう。そうすれば、相手も今回だけがダメなのか、それとも次があるのかを判断することができます。

ただ単に断るだけだと、相手もまたデートに誘って良いのかどうかがわからず、うやむやになってしまうかもしれません。縁を切りたくない相手であれば、デートの予定を立て直したいという意思を伝えることも大切です。

2.体調不良などを理由に断る

体調不良を理由に断るのもひとつの方法です。体調不良が続いているのでデートを延期したいと伝えると、相手もそんなに悪い気がしないでしょう。「今回たまたま都合が悪くなったのだな。また時間をあけて誘おう」と考えてくれるはずです。

ほかにも、仕事で大事な予定が入って…などと断ることもできます。この場合も、緊急性は高いものの一時的な理由なので、次回があると相手に思ってもらえやすくなるでしょう。

3.「ほかに良いお相手が見つかった」と断る

次につなげなくても良い場合は、「真剣にお付き合いしたい方が見つかったので…」と断るのがおすすめです。そうすれば、予定を立て直す必要がないと相手も線を引くことができます。

まだ真剣交際をしていない段階なら理由として十分に通るので、もう会う必要がない相手であれば、ほかの言い訳をするよりもこの理由がベストでしょう。

目次へ

婚活が上手くいかない場合は結婚相談所を使うのもあり

婚活が上手くいかない場合は、結婚相談所を利用してみてはいかがでしょうか。

いろんな結婚相談所がありますが、エン婚活エージェントなら専任のコンシェルジュによる手厚いサポートがあるので安心です。

婚活デートに関して、デートが決まったものの行きたくないとか、気持ちが憂鬱といったことも相談できますよ。もちろん、理想の相手に出会えないとか、デート中にどう振る舞えば良いのかわからないといったことも相談可能です。

エン婚活エージェントは、オンラインの結婚相談所です。いつでもどこでもオンラインで相談できるので気軽に利用できます。成婚率も業界トップクラスなので、婚活が上手くいかないとお悩みの方はご相談ください。

目次へ

まとめ

よく知らない相手との婚活デートは、わくわくするよりも緊張などで憂鬱な気持ちになることが少なくありません。行きたくないと感じる場合は、この記事で紹介した方法で対処してみてください。

デート前に共通の話題を探しておく、自分の行きたいところをデート場所に選ぶ、構えずに気楽に考えるといったことを実践すると、気軽にデートに臨む助けになるでしょう。

それでもどうしても行きたくない場合は、無理して行くのではなく断るのがおすすめです。ドタキャンは相手に迷惑をかけるので、行かないと決めたらすぐに連絡をしましょう。断るときもこの記事で紹介した方法を参考にしてみてください。

 

資料請求

エン婚活エージェントはお客様満足度No.1!お客様に選ばれて「三冠」達成!

エン婚活エージェントはお客様満足度No.1!お客様に選ばれて「三冠」達成!

サービス無料体験

サービス体験でできること

エン婚活エージェントでは、安心して活動をはじめていただくために、
入会前の不安や悩みが解消できる様々な無料コンテンツをご用意しています。

求婚者チェッカー

求婚者チェッカー

あなたと結婚したい人が何人いるかわかります。

お試し検索

お試し検索

自分の希望条件に合った人が何人いるかわかります。

パーソナル活動プランニング

パーソナル活動プランニング

あなただけの婚活計画を作成します。

結婚価値観診断

結婚価値観診断

あなたの行動価値観を診断します。