田舎暮らしの婚活は厳しい!ピッタリな結婚相談所

田舎暮らしでなかなか結婚ができず、結婚相談所も近くになくて困っている。・・・そんな男性は少なくないようです。そこで今回は、田舎で婚活を成功させるポイントについてまとめてみました。また、田舎でも利用できる結婚相談所の情報もお伝えしますので、参考にしてみてください。

この記事は約7分で読み終わります。

田舎で婚活が難しいのはどうして?

田舎で婚活が難しいのは、どうしてなのでしょうか?まずは、田舎での婚活を難しくしている原因をみていきましょう。

未婚の若者が少ない

田舎では早婚の傾向が強いため、30代になるころには周りに独身者がほとんどいないということもあり得るのです。

また、適齢期の若者は、就職などの都合で都会に出て行くことが多いため、田舎にいる未婚の若者が少ないという状況が生じてしまいます。

そもそも、都市部と比べると田舎は人口規模が小さいので、婚活している若者の絶対数も少なく、婚活するには厳しい環境です。

そのため、20代前半で婚期を逃してしまうと、30代、40代になっても結婚のチャンスが巡ってこないということがしばしばみられます。

出会いの場所が少ない

都市部では婚活パーティーが様々な場所で行われていて、頻度も高いために参加することも容易ですが、田舎では婚活パーティーの開催数も少ないです。

婚活パーティーの開催が少ないということは、出会いの場所も少ないということ。地元の婚活パーティーに何回か参加すると、顔見知りが増えてくるということもあります。

顔見知りが増えてくるというのは悪いことではありませんが、新たな出会いを探しているときには、その婚活パーティーに物足りなさを感じることがあるでしょう。

都市部や他県での婚活パーティーに参加できる方は、新たな出会いをそこで見つけることができるかもしれませんが、そうでない人は婚活が難しくなっていきます。

地元の婚活パーティーに何回も参加していると、知り合いに会ったりすることもあり、少し気まずい空気になってしまうこともあるかもしれません。

積極的になれない

横のつながりが強い田舎では、その地域に住んでいる住民の情報がこと細かに共有されていることがあります。

そのため、婚活をしようと思っても、「○○さんちの長男が婚活をしているらしい」といった噂話がされるのが嫌だと感じ、田舎で婚活することを躊躇することもあるようです。

人に知られずに婚活をしたいと考えている男性にとっては、田舎特有の環境は、積極的に婚活をしにくい状況といえるでしょう。

都市部で婚活パーティーに参加したとしても、田舎暮らしの男性は、なかなか積極的になれないという問題もあります。

田舎で生計を立てていると、都市部に比べて収入が低いとか、土地柄で敬遠されてしまうのではないかと考えて、積極的に婚活することを難しく感じる人も少なくありません。

目次へ

結婚相手に出会うために見直そう

田舎で婚活するのは簡単ではありませんが、結婚相手に出会うために自分が出来ることを見直すと、婚活を成功させやすくなります。

結婚相手に出会うために見直すべき3つのポイントをご紹介していきます。

居住エリアを見直す

住んでいる近くで結婚相手を探そうとすると、婚活している若者の数自体が少ないため、出会いの機会も少なくなります。

出会いの機会が少ないと感じているのであれば、まずは相手の居住地域の条件を広げてみるようにしましょう。

近隣の都道府県に住んでいる人も視野に入れて婚活をすると、出会える人の数が爆発的に増えるのでおすすめです。

ときおり、都市部では「○○県限定」の婚活イベントが行われることがあります。そうしたイベントがあるときには、そこに出かけていって婚活してみるのも良いかもしれません。

結婚相手の居住エリアを広げて、都会に住んでいる地方出身者も視野に入れるようにすることで、将来の結婚相手に出会う確率を上げていくことができます。

年齢を見直す

地方の結婚の特徴のひとつに、歳の差結婚が多いということがあります。その事実を踏まえて、一回り年上や、一回り年下、またはそれ以上の年歳の差がある異性でも候補に含めるようにしましょう。

同年代で結婚相手を探しているものの、なかなか良い相手に巡り合えないという方は、年齢を見直してみてください。

10歳くらい年歳が離れている人も対象に含めて婚活をしていくと、年齢が離れているだけで、他の条件は全部満たしているという人にも会えるかもしれません。

婚活の対象となる年齢を広げれば広げるほど、出会いの機会も増えることになりますので、積極的に行動してみましょう。

収入条件を見直す

地方の収入の水準は、都市部の収入の水準と比べて低くなります。そのため、都市部で婚活しているときと同じ収入条件で相手を探していると、条件に適う人を探すのは難しくなるものです。

結婚して相手が住んでいる田舎に行くということが決まっているのであれば、その土地の収入の水準を把握しておくと、収入条件を見直すうえで役立つでしょう。

夫婦で一定の収入を維持したいと思う場合は、共働きも考えなければいけませんので、それを前提に婚活を進めていく必要があります。

場合によっては、女性のほうが収入は多いこともありますので、女性がメインで働き男性が家事をするといった「男女逆転婚」を視野に入れてみることもできるでしょう。

目次へ

出会いの場を広げよう!オンラインの結婚相談所も

田舎で生活をしているために、婚活が思うように進まないと感じているのであれば、いままで以上に婚活にパワーと時間を注ぐ必要があります。待っているだけでは結婚相手は現れませんので、出会いの場を広げるために積極的な行動を取りましょう。

積極的に出会いの場を増やす

広報誌などには、自治体が主催している婚活パーティーの情報が載っていることがありますので、マメにチェックしておくようにしましょう。

自治体が主催する婚活パーティーは民間企業が主催するものよりも低価格なことが多いので、積極的に活用してください。

地元で婚活パーティーに参加したけれども、ほとんど顔見知りになってしまったという場合は、少し離れた地方都市まで足を延ばす行動力も大切になってきます。

メンバーが固定化されてしまってきている婚活パーティーに参加しても、時間とお金が無駄になるだけです。

それよりは、地元の婚活パーティーに参加するためにかけていた費用を、地方都市の婚活イベントに出かけていく費用に回したほうが、費用対効果は高くなるでしょう。

同郷の友人や知人に紹介してもらう

本当に結婚したいと思っているのであれば、周りの目を気にしている場合ではありません。周囲の人に婚活中ということを話しておいて「良い人がいれば紹介して欲しい」とお願いしておきましょう。

同郷の友人や知人の中には、あなたと同じように結婚相手を探している人を知っているかもしれません。

紹介で会ってくれる相手というのは、あなたが田舎に住んでいるということを知ったうえで会ってくれる人です。つまり、その人は田舎暮らしに一定の理解がある人ということになります。

田舎という一つのハードルを越えて会ってくれる相手は、都市部の婚活イベントで出会う相手よりもうまくいく確率が高くなるのは言うまでもありません。

同郷の友人や知人の人脈もフル活用して婚活をしていきましょう。

オンライン結婚相談所を活用しよう

婚活をできるだけ早く終わらせたいのであれば、婚活イベントに参加したり、同郷の友人や知人に紹介してもらったりするのと同時に、オンライン結婚相談所を活用しましょう。

オンライン結婚相談所であれば、結婚相談所の実店舗に直接出向く必要がありませんので、田舎に住んでいてもすぐに利用が可能です。

オンライン結婚相談所のエン婚活エージェントでは、ネット上で専任コンシェルジュに相談できるなど、ユーザーに寄り添ったサービスを提供しています。

エン婚活エージェントには、結婚を真剣に考えるお客様だけが利用していて、独身証明書の提出が義務付けられていますので、安心してご利用いただけます。

いままで結婚相談所を利用したことがない方でも、安心して一歩を踏み出せるように全額返金保証(条件アリ)がありますので、まずはお気軽にご相談ください。

目次へ

まとめ

田舎での婚活は厳しいというのが実情ですが、それでも婚活の仕方を見直すことで婚活を成功させることは可能です。相手の居住エリアや年齢を広げるだけでも、出会いのチャンスを大きく広げることができるでしょう。

オンライン結婚相談所なら、田舎に住んでいても利用できますので、婚活を効率良く行いたいという方は、利用することを検討してみてください。

 

資料請求

エン婚活エージェントはお客様満足度No.1!お客様に選ばれて「三冠」達成!

エン婚活エージェントはお客様満足度No.1!お客様に選ばれて「三冠」達成!

サービス無料体験

サービス体験でできること

エン婚活エージェントでは、安心して活動をはじめていただくために、
入会前の不安や悩みが解消できる様々な無料コンテンツをご用意しています。

求婚者チェッカー

求婚者チェッカー

あなたと結婚したい人が何人いるかわかります。

お試し検索

お試し検索

自分の希望条件に合った人が何人いるかわかります。

パーソナル活動プランニング

パーソナル活動プランニング

あなただけの婚活計画を作成します。

結婚価値観診断

結婚価値観診断

あなたの行動価値観を診断します。