中高年が結婚相談所を使うのはどうなの?成功のためのコツ3選

中高年は、結婚相談所を利用したところで結婚は難しいとあきらめるのは間違っています。中高年こそ結婚を望むなら本気で結婚したい人が集まる結婚相談所を利用すべき層です。中高年が結婚相談所で婚活に成功するためのコツを3つご紹介します。

この記事は約6分で読み終わります。

中高年こそ結婚相談所を利用すべき

かつては、中高年になると結婚は難しいというイメージがありましたが、現在では晩婚化の影響もあり、中高年になってからはじめて結婚することも珍しくありません。

中高年は、ちょうど仕事が軌道に乗りお金にも余裕が出てきた年代で、生活基盤が落ち着いた段階で真剣に結婚を考えるようになった人も多いです。一方、早くに結婚していても離婚して、再び新しい恋愛や結婚を望む人も増えています。

中高年になると自然な出会いの機会は限られるため、注目されているのが結婚相談所です。結婚相談所の会員のボリュームゾーンは30代ですが、40~60代の中高年の利用者が増えつつあります。

結婚相談所を利用するとき「中高年だとなかなか相手が見つからないのでは……?」いう不安があるかもしれません。実際、紹介条件で年齢差に一定の制限をしている会員もいますが、このように真剣に結婚を考えている中高年の入会も進んでいるため、出会いのチャンスは数多くあります。

もちろん、会員の希望条件はさまざまですので、同年代に限定せずに自分にあった相手と出会える可能性もあります。ですので、結婚を真剣に考える中高年こそ、結婚相談所を利用すべきなのです。

中高年だからといって、結婚相談所への入会をためらう必要はありません。積極的に活用しましょう。

目次へ

中高年が婚活に成功するためのコツ

結婚を真剣に考えている中高年は増えているものの、婚活ではやはり年齢が若い方が有利となる点は多く、また結婚に対する考え方の差から、自然と同年代でお相手を探すことが多くなるでしょう。そのような中、中高年が婚活に成功するためのコツが3つあります。

初婚かどうかにこだわらない

中高年の方でも特に初婚の方の場合、相手も初婚であることを望んでしまうかもしれません。しかし、初婚であることを条件にして婚活すると、該当者が限られるためせっかくの良い出会いのチャンスを逃してしまうことがあります。中高年の婚活中の方は、離婚歴のある人も多いからです。

離婚歴があるというと、結婚生活において「何か問題があったのでは」と考えてしまうでしょう。しかし、たとえ問題があって離婚したとしても、すでにそれが解消しているのであれば、次の結婚の障害にはなりません。また、離婚において、ご本人に全く原因がない場合も少なくないというのが現実です。

そのため、相手の過去や経歴を気にするのではなく、現在そしてこれからどうありたいかをよく見てみることが大切です。むしろ、過去の失敗から、次は失敗しないようにより慎重に相手を探している方もいますので、初婚かどうかにこだわることはあまりおすすめできません。

加点方式で相手を見る

相手を判断するときに、欠点だけを探そうとするのは良くありません。減点方式ではなく、立ち戻ってゼロの状態から良いところを探す加点方式で見るようにしましょう。そうすれば相手の良い部分がだんだんわかってきます。

また、理想を高く持ちすぎていると、実際に出会う人とのギャップが大きくなりすぎます。そのため、相手の良いところが見えずにせっかくのチャンスを無駄にしてしまいます。

結婚に妥協したくないと考えるのは大切ですが、常に減点方式だと条件を満たす人があらわれず、結婚は遠のいてしまいます。どうしても妥協できない点はのぞいて、良いところを見る加点方式で相手に接しましょう。

自分磨きのために努力する

相手に望むばかりでなく、自分も相手から選ばれるように努力する必要があります。「素敵な人だ」と思われるように、見た目も内面も自分磨きを怠らないようにしましょう。

自分磨きと言っても、特別に「○○をしなければならない」というわけではありません。普段の立ち振る舞いや言葉づかいといった日常のちょっとしたことでも十分です。結婚後の生活のための料理スキルを磨いたり、豊かな心のために芸術に多く触れたりといったことも、自分磨きにつながります。

また、外見を若く見せることにこだわる方もいますが、必要以上に若く見せる必要はありません。何よりも清潔感、そして自分に合った服装やメイクを楽しむ姿勢を忘れないようにしてください。

自分磨きを行っている人は、やはりオーラや溢れ出る自信が違います。お相手にも魅力的だと思ってもらいやすくなるでしょう。

目次へ

中高年におすすめな結婚相談所の選び方

結婚相談所はどこも同じではありません。それぞれサービスや紹介の仕組み、サポート体制はさまざまな特色があり、会員の層も異なります。そこで、特に中高年におすすめな結婚相談所を選ぶ際のチェックポイントをご紹介します。

同世代の利用者が多い結婚相談所を探す

人生経験が豊富な中高年の場合、やはり年齢が離れているよりも、近い方が意気投合しやすいです。そのため、同世代の利用者が多い結婚相談所がおすすめです。

せっかく結婚相談所に入会しても、年代が違う会員ばかりだとなかなか紹介や交際にまで結びつきません。また、年代が違えば、結婚に関する真剣さにも差があるでしょう。高額な費用と時間をかけても良い出会いがなく、無駄になってしまいます。

会員数や利用者数の多い結婚相談所なら、同年代の会員も多いため、同じように結婚相手を真剣に探している会員と出会える可能性が高くなります。結婚相談所を探す際には、まず会員数や年齢層をチェックしてみましょう。

サポート体制が整っているところを探す

また、結婚相談所の雰囲気や担当者との相性も大事です。結婚相談所のサポート体制は、その相談所次第で大きく異なります。

結婚相談所によっては紹介のみで実際の活動は自分自身で行わなければならないところもありますし、成婚に至るまで、きめ細やかなサポートが受けられるところもあります。

本気で結婚したいと考えているならば、サポート体制が整った結婚相談所を選びましょう。ただ結婚相談所に入会しただけで待っていても、良い出会いは訪れません。
中高年の婚活には、エン婚活エージェントがおすすめです。

エン婚活エージェントは、紹介可能会員は30,166名(2020年5月現在)、独身証明書の提示が必須で、結婚を真剣に考えている会員が登録しています。また、40代以上の会員数も多く、同年代の方と出会えるチャンスも豊富です。

さらに、専任のコンシェルジュがつき、徹底的なサポートが受けられます。

コンシェルジュには、婚活の進め方やコンタクトのフィードバックはもちろん、「デートの服装をどうしたら良いかわからない」といった些細な相談も可能です。かつての離婚原因や現在の状況など、気になるものの相手の方に直接聞きにくいような問題も、コンシェルジュが間に入り確認してもらうことができます。

そして、面談などを通じて客観的な視点からあなたの良さを発見し、アピールにつなげていくことができます。これらは、専任コンシェルジュがつくエン婚活エージェントならではのメリットです。

また、エン婚活エージェントではコンシェルジュのサポートと合わせて会員向けに婚活向けの動画講座なども用意されていますので、自分磨きや苦手の克服もできます。婚活がはじめてという方も安心して取り組めるでしょう。

目次へ

まとめ

中高年は結婚を真剣に考えているからこそ、婚活には会員数が多く、サポート体制の整っている結婚相談所の利用がおすすめです。
近年では40代以上で結婚を希望している入会者も増えています。ぜひ結婚相談所を活用して成婚を目指しましょう。

 

資料請求

エン婚活エージェントはお客様満足度No.1!お客様に選ばれて「三冠」達成!

エン婚活エージェントはお客様満足度No.1!お客様に選ばれて「三冠」達成!

サービス無料体験

サービス体験でできること

エン婚活エージェントでは、安心して活動をはじめていただくために、
入会前の不安や悩みが解消できる様々な無料コンテンツをご用意しています。

求婚者チェッカー

求婚者チェッカー

あなたと結婚したい人が何人いるかわかります。

お試し検索

お試し検索

自分の希望条件に合った人が何人いるかわかります。

パーソナル活動プランニング

パーソナル活動プランニング

あなただけの婚活計画を作成します。

結婚価値観診断

結婚価値観診断

あなたの行動価値観を診断します。