これはひどい!結婚相談所でよくあるトラブルや対処法をご紹介

生涯のパートナーと出会うために決意をして、入会した結婚相談所。 それなのに幸せになれるどころか、反対にトラブルに巻き込まれてしまった、というケースがあります。 おおごとな事件ではなくとも、本人にとっては些細なトラブルは避けたいものですよね。 こちらでは、結婚相談所を活用していて起こってしまったトラブルを、まとめてご紹介します。また、そういったトラブルから避けるために、気をつけるべき結婚相談所の特徴も合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事は約12分で読み終わります。

結婚相談所でよくあるトラブルって?

結婚相談所に登録をする際には、トラブルに見舞われないよう十分に注意が必要です。

結婚相談所ので起こるトラブルには、いったいどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

どの結婚相談所を利用したらいいのか悩んでいる方は「【徹底比較】プロが教えるおすすめの結婚相談所と失敗しない選び方」を参考にして下さい。

サービスに関するトラブル

結婚相談所に関するサービストラブルで非常に多いのが、紹介される相手が希望条件と合致しないというものです。

例えば、年収が希望額に満たない相手を紹介される、子どもが欲しいという理由で30代前半までの人を希望しても、40代の人を紹介される、などといったケースです。

また、入会前のサービス紹介が過剰で、実際に受けられると思っていたサービスが受けられないというケースもあるといいます。

高い初期費用を支払って入会したにもかかわらず、ひどい場合には、全く紹介がなく登録した意味がないというトラブルまで発生しているのです。

費用に関するトラブル

費用に関するトラブルで比較的多いのが、成婚料に関してです。

成婚の定義があいまいなため、納得のいかない成婚料の支払いを求められるといったケースが発生しているようです。

理想的な相手と出会えたことを理由に、結婚相談所を退会しようとすると、法外な成婚料を請求されるといった事例まであります。

また、「出会いの確率が高まるからと、高額なプランへの変更を要求」「契約更新が無断で行われ、その際の更新料の請求」といったこともあるようです。

紹介に関するトラブル

紹介に関するトラブルとして多く挙げられるのが、お見合いまでたどりつけないというもの。これは、結婚相談所の入会前では、おそらくイメージがわかないことかもしれません。

例えば「紹介者数に関して、最低でも月に5人紹介します。」と提示があったとして、仮定しましょう。実際にコンシェルジュの方からお相手の紹介が、その月に5名ありました。

仮にあなたが、紹介された方の中からお会いしてみたい方がいると、結婚相談所ではお見合いという形式でアプローチするわけですが、これをお断りされるケースもあるのです。

なので、紹介としてプロフィール写真等は送られてはくるけど、実際にお会い(お見合い)するまではたどりつけないといったような事態が起こっていることも少なくないのです。

ただしこれは、結婚相談所で起きるトラブルとしても多く取り上げられ、結婚相談所へ入会したとしても、お見合いできる確率は少ないものとなっているのが事実です。

また、ひどいケースでは、紹介されるはずの人数が会員条件として提示されていたものと違うといったものもあります。

入会前には、「月に〇人以上は、ご紹介します」と会員条件として提示していたにもかかわらず、実際に入会してみると、紹介者として受けたその数が、それに満たさない人数だったということも頻繁に見受けられるケースです。

会員に関するトラブル

次に挙げるのが、会員に関するトラブルです。

非常に多く寄せられるトラブルに、プロフィール写真と本人が違いすぎたといったもの。
しかしこれには、仕方がないとしなければいけない場合もあります。

なぜなら結婚相談所のプロフィール写真となると、男性・女性ともにご自身の良い角度や映りなど、最大限の良さを引き出し、カメラマンによって撮影されたお写真が多いでしょうから、当日もそのお写真のままの方が現れるとは、限らないかもしれません…。

また実際に会った際に写真だけでなく、プロフィールの内容に記載されていることと、事実が違うといったトラブルもあるようです。

喫煙しないとの記載があったにも関わらず、たばこを吸う人だった、未来に起こる想定外のケースとしては、一人暮らしとの記載はあったが「結婚したら親と同居になる」と言われたことなどが、これにあたります。

ご両親との同居を望んではいない方にとっては、トラブルとして捉えてもしょうがないのではないでしょうか。

信頼できる結婚相談所であれば身元を保証するための審査がいくつも存在し、プロフィールはありのままを、紹介するのが通常です。

しかしあまりルールを設けていない結婚相談所の場合、マイナスととらえられる相手の情報を偽って、良いところしか紹介しないといったケースも存在します。

また、お見合いの当日に「お相手の方と会えなかった」「来なかった」という例も比較的多いのです。

「会えなかった」「来なかった」とは、どうゆうことなのか。
その日になって、行くのが億劫になったという人が大半ですが、先ほどご紹介したプロフィールの写真と本人との違いに気づかずに、「会えなかった」という事実も中にはあるようです。

このように、結婚相談所でのお見合いに関して、想像もしないような出来事がたくさん起こっています。

サポートに関するトラブル

生涯を共にするパートナー選びの場として結婚相談所を選んだのですから、本人には言いづらいような欠点になるようなところも、改善できる点や性格などで直すべきところはアドバイスをするのもコンシェルジュの役割です。

それなのに、入会したにも関わらず、サポートとよべるようなことを受けられなかったと嘆く会員も少なくありません。

また、コンシェルジュひとりに対してサポートする会員数の数が、うん十人となっている結婚相談所もあり、これでは全ての会員にサポートがいきとどかないのも無理はありません。

そういったトラブルに巻き込まれないためにも、入会前にはきちんとコンシェルジュの方と面談を重ねたいものですが、この入会検討時にもまたトラブルが潜んでいるようです。

結婚相談所へ入会しようか迷っていた、けれど信頼できそうな深い経験をもつコンシェルジュの方が担当になり相談に応じてくれたから、入会を決めたユーザー。

それなのに入会したあとは、若くて印象は良いが経験の浅い担当の方に代わってしまって頼りないのでがっかりしてしまったといったトラブルです。

退会に関するトラブル

最後に、トラブルとして挙げるのは退会に関するトラブルです。

結婚相談所に登録したけれど、思ったようなサービスやサポートを受けられなかったり、お見合いまでなかなか発展しない、お見合いしても思ったような相手ではなかった・・・

といった場合に、退会したくなるのも無理はありませんよね。

また、ネガティブな理由ではなく結婚相談所に登録をして活動もしていたけれど、結婚相談所以外で素敵な方とのご縁に結ばれたといった方もいることでしょう。

そのような場合に、結婚相談所を退会しようと意思を示しても、「なかなか退会させてもらえない」「他で出会いがあったとしても、その人と今後どうなるかわからないなどと説得される」といったトラブルが起きています。

また悪質なケースでは、退会料などと称して違約金を請求する事例まであるようです。
入会時にはそのような記載や発言がなかったのだとすれば、これには困ったものですよね
そうなると、費用の問題で結婚相談所とユーザーとのあいだで、揉める原因ともなってしまいます。

目次へ

圧倒的低価格で1年以内の成婚を実現する結婚相談所、エン婚活エージェントとは?

結婚相談所でトラブルに遭った時の対処法

結婚相談所でトラブルに巻き込まれた場合は、どのように対処すれば良いのでしょうか。

クーリングオフ

特定商取引法という法律では、消費者を守るためのルールを定めており、一定の条件を満たしていればクーリングオフ制度を適用し、契約を解除することができます。どのような条件があるのか確認してみましょう。
結婚相談所との契約は、その中でも「特定継続役務提供契約」という契約に分類されます。注意すべきは、「特定継続役務提供契約」の全てが規制対象になっているわけではないという点です。

その対象は、契約期間が2カ月以上であること、そして契約金額が5万円以上であることが条件になっています。
またクーリングオフが適用される期間は、契約書面を受け取った日から8日間。その期間内であれば、理由がなくても支払った金額が全額返金され、契約を白紙にすることができます。
ただし、契約締結の際にクーリングオフの説明がなく、書面での契約がなかった場合はクーリングオフの期間が計算されないため、8日間を過ぎたとしてもクーリングオフが適用されます。
また「結婚相談所から脅された」もしくは「虚偽の内容で契約をさせられた」といったケースについても、契約から8日間を過ぎたとしてもクーリングオフが適用されます。

相談窓口

実際にクーリングオフをしたいと思った場合は、国民生活センターや消費生活センターへ相談することをおすすめします。その際は、被害状況について説明できるように準備をしておくとスムーズです。
大まかな流れは以下の通りです。特に本人や契約時の事実確認が念入りに行われます。

1.本人が国民生活センターまたは消費生活センターへ電話をする
2.質問に応じて個人の情報を伝える
3.契約を取り交わした状況の聞き取りが行われる
4.契約書類等の確認が行われる

「望まない契約をさせられた」「契約の内容に虚偽があった」などの事例が発生した際には、迷わず迅速に国民生活センターや消費生活センターへ相談することをおすすめします。

目次へ

圧倒的低価格で1年以内の成婚を実現する結婚相談所、エン婚活エージェントとは?

質のいい結婚相談所を選ぶには?

クーリングオフという制度があるとはいえ、トラブルに見舞われないようにすることが大事です。

不安のない信頼できる結婚相談所を選ぶためにはどのようなことに気を付けると良いのでしょうか。

自分に合ったサービスであるかを判断できる相談所なのか

結婚相談所は、高額であればあるほどサービスが良質であるとは限りません。注目すべきポイントは、紹介できる人数が充分であるかどうか、また成婚実績が十分かどうかという点です。

これらは各社のホームページ等で確認できるため、事前に調べておくことをおすすめします。
また結婚相談所のスタッフの人たちと相性はどうか、サービスは自分に合っているかという点も重要。それらは実際に利用してみないと実感できない部分であるため注意が必要です。
利用する人の生活スタイルによっては、サポートが行われるものか、オンラインで活用できるのかどうかという点も大切です。

上記の要素から考えると、オンライン型のエン婚活エージェントはすべての条件を満たしているためおすすめです。エン婚活エージェントで必要な費用は、登録料9,800円(税込10,780円)と月会費13,000円(税込14,300円)のみ、業界最安値となっています。これは他社と比較して1/10の価格です。
料金の詳細などはこちらから

しかし、そのサービスレベルは対面サポートがないだけで他社と変わらず、非常にコストパフォーマンスの高い結婚相談所であるといえます。

エン婚活エージェントなら、最低活動期間も退会違約金も設定されていないため、婚活初心者でも安心して利用することができます。

連盟や協会に加入しているか

結婚相談所でのトラブルを避けるための一つの基準になるのが、検討している結婚相談所が以下のような協会や連盟に加入しているかどうかという点です。協会や連盟に加入するためには様々なルールがあるため、結婚相談所を選ぶ際の目安にすることができます。

• 日本仲人連盟
• 日本ブライダル連盟
• 日本結婚相談所連盟
• 日本結婚相談協会

その他にも、婚活事業を行っている事業者間でお互いに会員紹介を行えるコネクトシップに加入しているかどうかを確認すること。
また、経済産業省が作成した「結婚相手紹介サービス業に関するガイドライン」や、審査基準を満たした事業者に発行される「マル適マーク認証」を取得しているかも、結婚相談所を見極める基準として注目するとよいでしょう。

エン婚活エージェントは、「マル適マーク認証」を取得しているので安心してご利用いただくことができます。料金もお手頃です。まずは、無料体験からはじめていただくこともできますよ。

個人情報保護方針の記載があるか

忘れてはならないのが、検討している結婚相談所が個人情報の取り扱いに関して規定があるかどうかです。個人情報保護法に従っている結婚相談所であれば、個人情報の取り扱いについての記載がHPやパンフレットで確認することができます。
個人情報を規定に沿って管理している企業であるかは、事前に調べておく方がよいでしょう。

目次へ

圧倒的低価格で1年以内の成婚を実現する結婚相談所、エン婚活エージェントとは?

こんな結婚相談所は避けるべき!

結婚相談所で起こるトラブルについてご紹介してきましたので、ご自身で「これはいやだな」と感じる結婚相談所の定義ができたのではないでしょうか。

ここでは、トラブルから未然に防ぐための避けるべき結婚相談所をご紹介します。

強みのない結婚相談所

具体的な特徴をもたない結婚相談所は避けたほうが良いでしょう。

ここでいう具体的なとは、ご自身が希望とするお相手と出会えそうな結婚相談所に的をしぼってということです。

いくら成婚率が高いと唱っている結婚相談所であっても、若い層の方から50代以降の方まで登録者数の幅が広いので、率が高いのかもしれません。

例えば、30代の方との出会いを希望しているのであれば、その世代を専門にした結婚相談所や、ハイクラスの方を希望するのであれば、ハイクラスの方だけの出会いを紹介している結婚相談所までさまざまですのです。

その結婚相談所により、強みをもつ分野は異なりますので具体的な的をしぼって選択することをおすすめします。

不明瞭な点がたくさんある

お見合いまで至らなかったケースはしょうがないとしても、出会いがなかったから退会したいのに、その退会費用を請求されてしまっては」困ったもので。す

費用の面は、一番明朗にしておかなくてはならないポイントであり、解約時に関わる費用は入会前にしっかりと確認をとりましょう。

担当者から説明を受けても、疑問や不安に感じたところは気をつかわず何度も相談を重ねましょう。

また、大切な個人情報についての扱いも確認しておきたいところです。

目次へ

圧倒的低価格で1年以内の成婚を実現する結婚相談所、エン婚活エージェントとは?

まとめ

国民生活センターへ結婚相談所に寄せられていた苦情を、いまから10年前までと比較すると減少傾向にはあるようですが、結婚相談所に関するトラブルは後を絶ちません。

多くの結婚相談所は規定のルールの中で運営をしていますが、残念ながら悪質であるといわざるを得ない業者も存在するのが実情です。

トラブルを避けるため、結婚相談所を探す際には事前に詳細な部分まで情報を確認し、信頼できる結婚相談所であるかどうかを、しっかりと見極めましょう。

契約の際にクーリングオフに関する説明があるかどうかや、協会や連盟に加入しているかどうか、個人情報の取り扱いに関して規定を定めているかどうか、といったポイントを確認することが、良い結婚相談所を選択する上で大切です。

万が一、自身が選んだ結婚相談所が悪質であると判断される場合には、迷わず国民生活センターや消費生活センターへ相談し、適切な対応をとるようにしてください。

 

資料請求

エン婚活エージェントはお客様満足度No.1!お客様に選ばれて「三冠」達成!

エン婚活エージェントはお客様満足度No.1!お客様に選ばれて「三冠」達成!

サービス無料体験

サービス体験でできること

エン婚活エージェントでは、安心して活動をはじめていただくために、
入会前の不安や悩みが解消できる様々な無料コンテンツをご用意しています。

求婚者チェッカー

求婚者チェッカー

あなたと結婚したい人が何人いるかわかります。

お試し検索

お試し検索

自分の希望条件に合った人が何人いるかわかります。

パーソナル活動プランニング

パーソナル活動プランニング

あなただけの婚活計画を作成します。

結婚価値観診断

結婚価値観診断

あなたの行動価値観を診断します。