低収入でも結婚相談所に入会できる?成婚を目指すためには

収入が少ないと、そもそも結婚相談所が利用できないのでは、女性を紹介してもらえないのではと思っていませんか。結婚相談所にもよりますが、低収入だから入会できないというわけではありません。収入が少ない方が結婚相談所で成婚を目指すコツをご紹介します。

この記事は約6分で読み終わります。

結婚相談所ではいくらが低収入になるのか

収入があまり多くない場合でも結婚相談所は利用できるか、気になっている方もいるでしょう。一般的に低収入と言われるラインは年収300万円ですが、結婚相談所で具体的に低収入とされる年収額は、結婚相談所によって異なります。また、入会できたとしても、果たして女性の紹介から結婚にまでこぎつけることはできるのかという点についても合わせて確認しましょう。

結婚相談所によって異なる

低収入とされる金額は、結婚相談所によって異なります。1つの参考になるのが、結婚相談所の入会資格でしょう。高ステータスの会員が在籍していることを売りにしている結婚相談所では、入会の条件として年収〇〇万円以上という条件を定めており、入会にあたり収入証明書の提出が求められます。条件を満たさない場合はもちろんですが、条件ギリギリの場合でもその結婚相談所では低収入とみなされてしまうかもしれません。

しかし、高年収が入会条件とされている結婚相談所は一部に限られ、一般には定職についていれば入会できる結婚相談所が多い傾向です(収入証明書の提出は通常必要です)。ただし、アルバイトや派遣社員では登録できないという結婚相談所もあるので確認しておきましょう。

このように、特に高ステータス者に限定した結婚相談所を除けば、低収入だから結婚相談所が利用できないといったことは原則ありません。利用してみたい結婚相談所があるなら、まずは入会資格をチェックしてみることをおすすめします。

女性が男性に求める年収

結婚相談所サンマリエが実施した「『婚活の日』結婚と婚活に関するアンケート2018」によると、女性が結婚相手の男性に望む年収で最も多かった金額は、「400万円(23%)」でした。以降「500万円(19%)」「600万円(15%)」と続きますが、「300万円(2%)」という回答も見られました。これらの結果から、決して婚活している女性が必ずしも手の届かないような高収入の男性を求めているわけではないことがわかります。

国税庁の民間給与実態調査結果(2018年)によると、1年を通じて勤務した場合の給与の平均額は男性545万円でした。つまり、平均より少ない年収であっても女性の希望を満たしていることになります。収入が少なくても、成婚の可能性は十分にあるのです。

収入にこだわらない女性もいる

また、年収について「こだわらない(20%)」という回答が多かったのも注目しておきたいポイントです。言い換えれば、年収が少なくても構わないということになります。これは、低収入が気になっている男性にとっては朗報ではないでしょうか。

女性が男性に多くの収入を望んでいない理由の1つには、女性の社会進出が進んでおり、結婚しても共働きがしたいと望んでいる、共働きをしても構わないと考えている女性が多いことが挙げられます。結婚して専業主婦になりたいと考えている女性をのぞけば、男性の収入が低いことは大きな問題とならないのです。

また、収入は年齢やキャリアによって上がることも十分に考えられますので、現時点での収入にこだわる必要はないと考えている女性もいるようです。特に、20代・30代の男性ならまだ年収が十分に上がらないシステムの企業も多いことが背景にあります。現時点での年収が低いから紹介が受けられないのではと考えずに、安心して結婚相談所を利用しましょう。

もちろん、収入よりも相性を重視している女性や、低収入でも夢ややりがいを持って仕事をしている男性を好む女性も多いです。

目次へ

年収が低くても結婚相談所で成婚できる方法

低収入を気にしないという女性が増えてはいるものの、結婚相談所は設定しておいた条件から合う相手を選ぶ、というマッチングの仕組みを利用することもあり、やはり年収が低い方は不利になることがあります。とはいえ、年収を上げることは簡単ではありません。そこで、低収入が気になっている方が結婚相談所で成婚を目指すためにできること2つをご紹介します。

貯金をしっかりしておく

たとえ収入が少ない場合でも、貯金があれば堅実なイメージが生まれます。貯金は、お金の管理がきちんとできている証拠です。貯金が少ないと浪費癖など何か理由があるのではないかなど、マイナスイメージを持たれることがあります。低収入ならそもそも貯金は難しいかもしれません。しかし、収入が少なくても将来を想定して貯金をしているという事実があれば、かえって女性に好印象を与えることができるでしょう。

また、晴れて結婚が決まった場合には、式や新居の準備など、何かとお金がかかります。そのためにも、貯金はしっかりとしておくべきです。貯金なんてしていないという方は、今からでも遅くありませんので、計画的に貯金を始めましょう。

年収以外のアピールポイントを考える

女性は年収だけで男性を選ぶわけではありません。もちろん年収が高いと条件的に有利にはたらくこともあるかもしれませんが、それ以上に魅力に感じられることはたくさんあるはずです。

たとえば、容姿や内面の人間性は年収以外にも十分なアピールポイントになります。清潔感や立ち振る舞い、気遣いなど人間としての魅力を磨いておきましょう。特に第一印象は大切ですので、十分に注意を払うことで、人間性をアピールできます。結婚相談所の初回コンタクトでは、たとえ条件があっていも、実際に交際を始めるかどうかは初回の印象次第です。そこで自分の魅力を十分に伝えることができれば、たとえ年収が低くても成婚へのスタートラインに立てるのです。「一緒に生活すると楽しい、幸せになれそう」と女性に思わせることができればゴールもすぐそこです。

このほか、意外とアピールになるポイントは家事力です。結婚後共働きをする夫婦では、家事の分担は重要な問題になります。仕事で活躍している高収入の女性の場合は、相手の収入よりも家事を率先してこなしてくれ、スムーズに働ける環境を作ってくれることを重視する方もいます。ですので、家事ができることは女性にとって重要なことなのです。

ちなみに、エン婚活エージェントの男性の登録者は、収入401~600万円が42.9%を占めています。結婚相談所はスペックの高い男性だけが利用できるものと思いがちですが、ごく平均的な収入の方が登録して、成婚を実現しています。

なお、エン婚活エージェントは定職についていて安定した収入があれば入会できます。低収入だから入会や紹介は難しいのでは、と悩む必要はありません。また、婚活の進め方に不安があるときには、専任のコンシェルジュが活動をサポートしてくれます。

目次へ

まとめ

一般に、低収入だから婚活に結婚相談所に入会できないわけではありません。結婚の条件に年収を求める女性も一定数いますが、結婚相談所には、様々な結婚スタイルを求める女性が入会しています。結婚の条件に収入を求めていない女性と出会える可能性もありますので、収入が少ない人こそ利用がおすすめです。結婚相談所には真剣に結婚を考えている方が入会しているので、チャンスは広がるはずです。

エン婚活エージェントなら、成婚料無料・登録料9,800円・月会費12,000円と業界最安値で利用できますので、収入が少なく結婚相談所に支払う費用が気になる方にも安心です。また、無料体験もできますので、結婚相談所の利用をお考えならぜひご検討ください。

 

資料請求

エン婚活エージェントはお客様満足度No.1!お客様に選ばれて「三冠」達成!

エン婚活エージェントはお客様満足度No.1!お客様に選ばれて「三冠」達成!

サービス無料体験

サービス体験でできること

エン婚活エージェントでは、安心して活動をはじめていただくために、
入会前の不安や悩みが解消できる様々な無料コンテンツをご用意しています。

求婚者チェッカー

求婚者チェッカー

あなたと結婚したい人が何人いるかわかります。

お試し検索

お試し検索

自分の希望条件に合った人が何人いるかわかります。

パーソナル活動プランニング

パーソナル活動プランニング

あなただけの婚活計画を作成します。

結婚価値観診断

結婚価値観診断

あなたの行動価値観を診断します。